廃校を利用した完全人工光型植物工場が新設。LED光源を利用した葉野菜の生産、特例子会社として障がい者の雇用推進

廃校になった鳥取市青谷町の旧日置谷小学校を活用した障害者雇用を推進するLED光源を採用した完全人工光型植物工場に乗り出す。進出したのはソフトウェア開発などを行う株式会社インフォメーション・ディベロプメントが設立した子会社「愛ファクトリー株式会社」であり、LED光源を利用して葉物野菜を栽培を行う


同施設は、鳥取県と鳥取市から合わせて4300万円の助成を受ける見込みで、1月20日、企業進出に関して調印式が行われた。植物工場は、元小学校の1階を利用し、鳥取市の企業が作ったLED光源を使って、ルッコラなどの野菜を栽培する。


施設では15人程度の採用を予定しており、地域の障害者もともに働ける環境を促進する計画。順調に育てば、2月中旬ごろに野菜が収穫され、鳥取市内に出荷される予定である。以下、プレスリリースを掲載しておく。

愛ファクトリー株式会社の企業進出に係る協定書の調印式について

株式会社インフォメーション・ディベロプメント(本社:東京都)が、地域の障がい者等を雇用し、葉物野菜(ベビーリーフ)等の生産加工を行う子会社を鳥取市青谷町に設立し、これを支援する鳥取県及び鳥取市との間で協定書の調印式を行います。


1.日時
平成26年1月20日(月)午前10時30分から午前11時15分まで

2.場所
鳥取県知事公邸 第一応接室(鳥取市東町一丁目133)

3.出 席 者
株式会社インフォメーション・ディベロプメント、代表取締役社長 舩越(ふなこし) 真樹(まさき)
愛ファクトリー株式会社、代表取締役社長 木村(きむら) 由美子(ゆみこ)
鳥取市 市長、竹内 功
鳥取県 知事、平井 伸治

4.企業概要
(1)名   称 株式会社インフォメーション・ディベロプメント
(2)本社所在地 東京都千代田区二番町7−5 二番町平和ビル
(3)代 表 者 代表取締役社長 舩越(ふなこし) 真樹(まさき)
(4)資 本 金 5億9,234万円
(5)従業員数 1,557名
(6)事業内容 システム運営管理、ソフトウェア開発など

5 立地計画概要
(1)名  称  愛ファクトリー株式会社
(2)会社設立 平成26年1月20日
(3)開設場所 鳥取市青谷町奥崎388
(4)事業内容 葉物野菜等の栽培加工
・LEDにより葉物野菜等を栽培、カット・混合して製品化
・特例子会社として、地域の障がい者の雇用を促進
(5)雇用計画 10〜15人程度
(6)操業開始 平成26年1月下旬


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  2. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  3. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  4. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  5. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  6. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  7. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  8. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  9. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  10. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 富士通など、フィンランドに完全人工光型植物工場を活用する農作物の生産・販売を行う新会社を設立
     富士通株式会社と株式会社富士通九州システムズ(FJQS)は、Robbe's Little Gard…
  2. 米国ワシントンDCでも都市型農業法案による支援も。屋上ファームや水耕栽培など幅広い生産方式が出現
     米国のワシントンDCエリアも都市型農業が盛んな地域の一つである。現地のファーマーズ・マーケットでは…
  3. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
    2008年7月12日に、植物工場ビジネスに関して(株)フェアリーエンジェル、代表取締役の江本謙次氏を…
  4. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
ページ上部へ戻る