廃校を利用した完全人工光型植物工場が新設。LED光源を利用した葉野菜の生産、特例子会社として障がい者の雇用推進

廃校になった鳥取市青谷町の旧日置谷小学校を活用した障害者雇用を推進するLED光源を採用した完全人工光型植物工場に乗り出す。進出したのはソフトウェア開発などを行う株式会社インフォメーション・ディベロプメントが設立した子会社「愛ファクトリー株式会社」であり、LED光源を利用して葉物野菜を栽培を行う


同施設は、鳥取県と鳥取市から合わせて4300万円の助成を受ける見込みで、1月20日、企業進出に関して調印式が行われた。植物工場は、元小学校の1階を利用し、鳥取市の企業が作ったLED光源を使って、ルッコラなどの野菜を栽培する。


施設では15人程度の採用を予定しており、地域の障害者もともに働ける環境を促進する計画。順調に育てば、2月中旬ごろに野菜が収穫され、鳥取市内に出荷される予定である。以下、プレスリリースを掲載しておく。

愛ファクトリー株式会社の企業進出に係る協定書の調印式について

株式会社インフォメーション・ディベロプメント(本社:東京都)が、地域の障がい者等を雇用し、葉物野菜(ベビーリーフ)等の生産加工を行う子会社を鳥取市青谷町に設立し、これを支援する鳥取県及び鳥取市との間で協定書の調印式を行います。


1.日時
平成26年1月20日(月)午前10時30分から午前11時15分まで

2.場所
鳥取県知事公邸 第一応接室(鳥取市東町一丁目133)

3.出 席 者
株式会社インフォメーション・ディベロプメント、代表取締役社長 舩越(ふなこし) 真樹(まさき)
愛ファクトリー株式会社、代表取締役社長 木村(きむら) 由美子(ゆみこ)
鳥取市 市長、竹内 功
鳥取県 知事、平井 伸治

4.企業概要
(1)名   称 株式会社インフォメーション・ディベロプメント
(2)本社所在地 東京都千代田区二番町7−5 二番町平和ビル
(3)代 表 者 代表取締役社長 舩越(ふなこし) 真樹(まさき)
(4)資 本 金 5億9,234万円
(5)従業員数 1,557名
(6)事業内容 システム運営管理、ソフトウェア開発など

5 立地計画概要
(1)名  称  愛ファクトリー株式会社
(2)会社設立 平成26年1月20日
(3)開設場所 鳥取市青谷町奥崎388
(4)事業内容 葉物野菜等の栽培加工
・LEDにより葉物野菜等を栽培、カット・混合して製品化
・特例子会社として、地域の障がい者の雇用を促進
(5)雇用計画 10〜15人程度
(6)操業開始 平成26年1月下旬


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  2. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  3. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  4. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  5. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  6. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  7. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  8. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  9. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  10. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. タキイ種苗、トマト黄化葉巻病耐病性の大玉トマト「桃太郎ピース」を発売
     タキイ種苗株式会社は、2014年の新品種として食味と秀品性にすぐれ、夏場のハウス栽培にて急速に発生…
  2. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
  3. 日本マイクロソフトの社員食堂が日本野菜ソムリエ協会認定、植物工場野菜の販売も
     日本マイクロソフト株式会社と、社員食堂「One Microsoft Café」を受託運営しているエ…
  4. シカゴの都市型農業、米国農務省による100万ドル以上の補助支援を受けて農地整備・人材育成へ
     シカゴ市は米国の連邦政府補助金として100万ドルをかけて、都市型農業の整備や人材育成、新規事業の支…
ページ上部へ戻る