KDDIによる日本全国3000地点の気象に関するデジタルデータの提供開始。気温や気圧、紫外線関連など7種類のデータを計測

KDDIは気象に関するデジタルデータの提供を始めた。ウェザーニューズや東京大学と連携し、研究教育目的であれば無料で利用できる。日本全国の3000地点でデータを収集。1カ月に集まる観測データ数は1億2000になり、気象に関するビッグデータをネット経由で入手し手軽に利用できる。

データはKDDIの携帯電話用の基地局に設置した設備で集める。気温や気圧、紫外線関連など7種類のデータを計測している。集めたデータは気象分野の研究機関以外での活用を促す。作物の育成との関連を調べる農業分野や、異常気象と病気の流行の関連性などの研究を想定している。以下では同社によるプレスリリースを掲載しておく。

気象観測情報「ソラテナ」のオンライン提供開始について
〜気象ビッグデータを研究教育に活用〜

KDDI株式会社(代表取締役社長: 田中孝司、以下 KDDI)、株式会社ウェザーニューズ(代表取締役社長: 草開千仁、以下 WNI)、および国立大学法人東京大学 (総長: 濱田純一、以下東京大学) は、2013年6月11日より、「Live E! プロジェクト」を通じて、「ソラテナ」、および「Live E! プロジェクト」システムが生成する気象デジタル情報 (以下、気象ビッグデータ) を研究教育目的に広く提供するオンラインサービスを開始します。


KDDI、WNI、東京大学は、気象観測情報に関するビッグデータのシステムアーキテクチャとその応用に関する共同研究活動を、2012年度より行っています。この共同研究活動は、地球環境に関係するセンサーデータの収集・共有・加工が可能なプラットフォームの提供によって、多様な利用を開拓することを目的として活動を行っている産学連携研究コンソーシアム「Live E! プロジェクト」と協調・連携を行い進められてきました。


このたび、「Live E! プロジェクト」のメンバーである株式会社ユビキタス (代表取締役社長: 三原寛司、以下ユビキタス社) の技術支援を得ながら、「ソラテナ」と「Live E! プロジェクト」が生成する気象ビッグデータを統合し、「Live E! プロジェクト」を通じて、気象ビッグデータを研究教育目的に広く提供するオンラインサービスを開始することになりました。


それに伴い、「ソラテナのデータの見える化デモシステム」を、http://soratena.live-e.org/ で公開します。提供する気象ビッグデータは、研究開発目的であれば、その利用法に制限は設けません。


KDDI、WNI、東京大学、「Live E! プロジェクト」、ならびにユビキタス社は、本気象ビッグデータが、大学や気象に関係する研究組織だけではなく、ビッグデータの研究開発を推進している研究組織や、高専・専門学校、高校・中学などにおいても、教育・研究のデータセットとして利活用されることを期待しています。

※ 詳細は同社によるプレスリリースをご参照下さいませ。

企業・関連団体からのプレスリリース・お知らせ等は随時、受け付けております@プレス募集サイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  2. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  3. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  4. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  5. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  6. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  7. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  8. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  9. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  10. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
  2. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
  3. 韓国ソウル市、規制緩和により垂直農場・植物工場プロジェクトを計画
     韓国ソウル市にて垂直農場プロジェクトが計画されている。ソウル市は4月13日、ソウル市特別市南西部に…
  4. 米国にて普及が進む教育向けの植物工場キット。都会の学校にて総合的な教育プログラムを提供
     米国オハイオ州のグランドビュー・ハイツ市の公立学区では教育向けの小型植物工場9台を導入した。導入し…
ページ上部へ戻る