KDDIによる日本全国3000地点の気象に関するデジタルデータの提供開始。気温や気圧、紫外線関連など7種類のデータを計測

KDDIは気象に関するデジタルデータの提供を始めた。ウェザーニューズや東京大学と連携し、研究教育目的であれば無料で利用できる。日本全国の3000地点でデータを収集。1カ月に集まる観測データ数は1億2000になり、気象に関するビッグデータをネット経由で入手し手軽に利用できる。

データはKDDIの携帯電話用の基地局に設置した設備で集める。気温や気圧、紫外線関連など7種類のデータを計測している。集めたデータは気象分野の研究機関以外での活用を促す。作物の育成との関連を調べる農業分野や、異常気象と病気の流行の関連性などの研究を想定している。以下では同社によるプレスリリースを掲載しておく。

気象観測情報「ソラテナ」のオンライン提供開始について
〜気象ビッグデータを研究教育に活用〜

KDDI株式会社(代表取締役社長: 田中孝司、以下 KDDI)、株式会社ウェザーニューズ(代表取締役社長: 草開千仁、以下 WNI)、および国立大学法人東京大学 (総長: 濱田純一、以下東京大学) は、2013年6月11日より、「Live E! プロジェクト」を通じて、「ソラテナ」、および「Live E! プロジェクト」システムが生成する気象デジタル情報 (以下、気象ビッグデータ) を研究教育目的に広く提供するオンラインサービスを開始します。


KDDI、WNI、東京大学は、気象観測情報に関するビッグデータのシステムアーキテクチャとその応用に関する共同研究活動を、2012年度より行っています。この共同研究活動は、地球環境に関係するセンサーデータの収集・共有・加工が可能なプラットフォームの提供によって、多様な利用を開拓することを目的として活動を行っている産学連携研究コンソーシアム「Live E! プロジェクト」と協調・連携を行い進められてきました。


このたび、「Live E! プロジェクト」のメンバーである株式会社ユビキタス (代表取締役社長: 三原寛司、以下ユビキタス社) の技術支援を得ながら、「ソラテナ」と「Live E! プロジェクト」が生成する気象ビッグデータを統合し、「Live E! プロジェクト」を通じて、気象ビッグデータを研究教育目的に広く提供するオンラインサービスを開始することになりました。


それに伴い、「ソラテナのデータの見える化デモシステム」を、http://soratena.live-e.org/ で公開します。提供する気象ビッグデータは、研究開発目的であれば、その利用法に制限は設けません。


KDDI、WNI、東京大学、「Live E! プロジェクト」、ならびにユビキタス社は、本気象ビッグデータが、大学や気象に関係する研究組織だけではなく、ビッグデータの研究開発を推進している研究組織や、高専・専門学校、高校・中学などにおいても、教育・研究のデータセットとして利活用されることを期待しています。

※ 詳細は同社によるプレスリリースをご参照下さいませ。

企業・関連団体からのプレスリリース・お知らせ等は随時、受け付けております@プレス募集サイトへ