KDDIによる日本全国3000地点の気象に関するデジタルデータの提供開始。気温や気圧、紫外線関連など7種類のデータを計測

KDDIは気象に関するデジタルデータの提供を始めた。ウェザーニューズや東京大学と連携し、研究教育目的であれば無料で利用できる。日本全国の3000地点でデータを収集。1カ月に集まる観測データ数は1億2000になり、気象に関するビッグデータをネット経由で入手し手軽に利用できる。

データはKDDIの携帯電話用の基地局に設置した設備で集める。気温や気圧、紫外線関連など7種類のデータを計測している。集めたデータは気象分野の研究機関以外での活用を促す。作物の育成との関連を調べる農業分野や、異常気象と病気の流行の関連性などの研究を想定している。以下では同社によるプレスリリースを掲載しておく。

気象観測情報「ソラテナ」のオンライン提供開始について
〜気象ビッグデータを研究教育に活用〜

KDDI株式会社(代表取締役社長: 田中孝司、以下 KDDI)、株式会社ウェザーニューズ(代表取締役社長: 草開千仁、以下 WNI)、および国立大学法人東京大学 (総長: 濱田純一、以下東京大学) は、2013年6月11日より、「Live E! プロジェクト」を通じて、「ソラテナ」、および「Live E! プロジェクト」システムが生成する気象デジタル情報 (以下、気象ビッグデータ) を研究教育目的に広く提供するオンラインサービスを開始します。


KDDI、WNI、東京大学は、気象観測情報に関するビッグデータのシステムアーキテクチャとその応用に関する共同研究活動を、2012年度より行っています。この共同研究活動は、地球環境に関係するセンサーデータの収集・共有・加工が可能なプラットフォームの提供によって、多様な利用を開拓することを目的として活動を行っている産学連携研究コンソーシアム「Live E! プロジェクト」と協調・連携を行い進められてきました。


このたび、「Live E! プロジェクト」のメンバーである株式会社ユビキタス (代表取締役社長: 三原寛司、以下ユビキタス社) の技術支援を得ながら、「ソラテナ」と「Live E! プロジェクト」が生成する気象ビッグデータを統合し、「Live E! プロジェクト」を通じて、気象ビッグデータを研究教育目的に広く提供するオンラインサービスを開始することになりました。


それに伴い、「ソラテナのデータの見える化デモシステム」を、http://soratena.live-e.org/ で公開します。提供する気象ビッグデータは、研究開発目的であれば、その利用法に制限は設けません。


KDDI、WNI、東京大学、「Live E! プロジェクト」、ならびにユビキタス社は、本気象ビッグデータが、大学や気象に関係する研究組織だけではなく、ビッグデータの研究開発を推進している研究組織や、高専・専門学校、高校・中学などにおいても、教育・研究のデータセットとして利活用されることを期待しています。

※ 詳細は同社によるプレスリリースをご参照下さいませ。

企業・関連団体からのプレスリリース・お知らせ等は随時、受け付けております@プレス募集サイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  2. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  3. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  4. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  5. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  6. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  7. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  8. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  9. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  10. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物工場向け環境制御システム開発のホーヘンドールンがメキシコにトレーニングセンター開設
     太陽光利用型植物工場・施設園芸の大手環境制御システム会社でオランダのHoogendoorn(ホーヘ…
  2. パナソニック、シンガポールにて人工光型植物工場を稼働。日本食レストラン大戸屋と提携
     パナソニック・ファクトリーソリューションズ・アジアパシフィック(PFSAP)(以下、パナソニック)…
  3. デアゴスティーニによる家庭用LED植物工場の第2弾。野菜・ハーブの水耕栽培キットを販売開始
     株式会社デアゴスティーニ・ジャパンは、LED光源を採用した家庭用・小型植物工場を簡単に楽しめる「L…
  4. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
ページ上部へ戻る