豊田通商/ベトナムで冷凍野菜の製造事業に参入、安全な冷凍野菜の調達先を増やす、日本・ベトナム国内を含めた東南アジア市場などへ展開

豊田通商は3月13日、ベトナムで冷凍野菜の製造事業に参入すると発表した。冷凍食品大手の京果食品(京都市)から現地子会社、ダラット・ジャパン・フードの株式30%をこのほど取得した。安全な冷凍野菜の調達先を増やす。日本に輸入するほか、ベトナムや他のアジア諸国、オーストラリアなどにも販路を広げる。


豊田通商は冷凍野菜の輸入業務を手がけているが、製造事業に直接参入して取扱高を増やす。ダラットの売上高を4年後に5億円程度に引き上げることを目指す。日本冷凍食品検査協会と提携し、食料の安全管理システムも導入する。(参考:2012/03/14日経産業新聞)

以下はプレスリリースより

豊田通商、ベトナムで冷凍野菜製造事業に参入
〜安心・安全な冷凍野菜原料の安定調達先を確保〜2012年3月13日


豊田通商株式会社(本社:名古屋市、社長:加留部 淳、以下:豊田通商)は、ベトナムの冷凍野菜製造会社であるDalat Japan Food Co., Ltd.(ダラット ジャパン フード、以下:DJF社)にグループで30%出資し、同国での冷凍野菜製造事業に参入いたします。


DJF社は、ベトナム中部高原地帯で栽培された野菜を原料にした、日本市場向けの冷凍野菜製造において、長年の実績を持っております。豊田通商は、ベトナムの冷凍野菜のトレーディングに加え、製造事業に参入することにより、日本市場向けの冷凍野菜原料の安定調達先を確保いたします。


また、食の安心・安全がますます重要度を高めている環境の中、豊田通商は、外部専門機関と業務提携し共同策定した、独自の食料安全管理システムをDJF社に導入し、更なる安心・安全の確保を追求いたします。


将来的には、日本市場向けのみならず、堅調な成長が見込まれているベトナム国内を含めた東南アジア市場などへ、DJF社が製造する高品質な冷凍野菜原料を拡販していくことを目指します。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  2. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  3. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  4. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  5. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  6. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  7. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  8. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  9. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  10. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
  2. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
  3. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
  4. 米国ワシントンDCでも都市型農業法案による支援も。屋上ファームや水耕栽培など幅広い生産方式が出現
     米国のワシントンDCエリアも都市型農業が盛んな地域の一つである。現地のファーマーズ・マーケットでは…
ページ上部へ戻る