J-ILA日本国際語学アカデミー、特定技能1号ビザ取得目的の一般コース設置認可を取得

UniLife(ユニライフ)のブランドで全国の学生マンションの企画開発・仲介斡旋・運営管理までをトータルで行う株式会社ジェイ・エス・ビーは、当社が運営する日本語学校『J-ILA(ジーラ)日本国際語学アカデミー 函館校・京都校・福岡校』にて、外国人留学生が日本での就業が認められる特定技能1号ビザ取得を目的とした一般コースの設置認可を取得した。

J-ILA日本国際語学アカデミー、特定技能1号ビザ取得目的の一般コース設置認可を取得
今回の認可では、日本でも特に人手不足といわれている、「介護」「ビルクリーニング」「飲食」「農業」「宿泊」といった業種を主に、2022年4月からの1年生募集を目指す。


日本語学校「J-ILA日本国際語学アカデミー」は、2013年10月に函館校・福岡校を、2016年4月に京都校を開校して以来、日本語や日本文化、日本での就労など留学生の目的にあったサポートを行い、確実な実績を積んできました。

2020年4月より、特定技能1号ビザの発行が開始され、当社でも日本での就職を目的とした留学生サポート行いたいと、その取得を目的とした「一般コース」の開設申請を行い、京都校2021年8月16日、函館校8月17日、福岡校8月19日に認可が下りました。


これまで提供してきた「進学コース」で就労ビザを取得するためには、卒業後別の学校へ進学する必要がありましたが、この度の「一般コース」開設により、日本語能力試験や技能試験を受験し、条件を満たすことで卒業後にすぐに就職が可能となりました。

また、昨年に特定技能就労者支援業務委託の認可を取得したグループ会社の株式会社OVOでは、日本企業に就職した外国人の生活支援業務も可能となっており、日本語教育から特定技能試験の受験、就職後の生活ケアといった充実したサポートをジェイ・エス・ビーグループで行うことができるようになりました。

なお、今回の認可では、日本でも特に人手不足といわれている、「介護」「ビルクリーニング」「飲食」「農業」「宿泊」といった業種を主に、2022年4月からの1年生募集を目指し、今後の日本で働く外国人留学生の未来と、日本の様々な業種における雇用のサポートに貢献してまいります。

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。