フードロス削減を目指す八百屋と神戸新聞販売店が提携。地元の朝採れ野菜の宅配サービス開始

規格外野菜のフードロス解決に取り組むタベモノガタリ株式会社では、神戸新聞・鈴蘭台南専売店と提携し、地元神戸産の新鮮な朝採れ野菜をお届けする新サービスを開始する。


■新聞社×八百屋のコラボ企画がスタート
八百屋のタケシタ屋が神戸新聞販売店とタッグを組み、タケシタ屋が厳選した地元神戸産の朝採れ野菜セット(税込2000円)を、神戸新聞鈴蘭台南専売店が毎週1回宅配する新しいサービスを8月20日(木)より開始します。

*地元神戸産の朝採れ野菜セット(税込2000円)
フードロス削減を目指す八百屋と神戸新聞販売店が提携。地元の朝採れ野菜の宅配サービス開始
すでにサービスを導入している神戸新聞の名谷中央専売店・西神専売店が管轄する地域の読者と合わせて、約1万5千世帯が対象となります。新聞と一緒に届く申込書に記入しFAX、もしくは電話1本で注文が可能になっており、今後さらなるサービスの拡大を目指しています。


■八百屋のタケシタ屋とは
「形はワルいが、味はイイ。」をコンセプトに掲げ、規格外野菜のフードロス解決に取り組む「八百屋のタケシタ屋」を兵庫県神戸市にて展開しています。

竹下屋の野菜は、全商品産地訪問して直接農家から仕入れる厳選地元野菜です。形や見た目にはこだわらず、味が良いかだけを唯一の規格としています。集荷・配送は全て自社便で行い、駅ナカや商業施設の広場などを活用して販売しています。


■会社概要
会社名:タベモノガタリ株式会社
設立:2019年2月
事業内容:農産物の流通・販売
本店サイト : https://www.yaoyanotakeshita.com
Facebook : https://www.facebook.com/tabemonogatari0326/
Instagaram : https://www.instagram.com/yaoyanotakeshita/?hl=ja

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。