廃校を活用した佐賀・農産物直売所「昭和の学校・元気村」が閉鎖。3教室で稼働した植物工場は継続・拡大を目指す

廃校を利用した地域活性化・植物工場導入事例詳細記事)として以前にもご紹介した、農産物直売所「昭和の学校・元気村」が10月30日で、閉校することになった。同施設は佐賀市富士町の旧富士南小の木造校舎を再利用した農産物直売所として利用され、新鮮な地元野菜を販売、「給食スタイル」の食事も提供し、県内外の観光客でにぎわったが、ここ数年は売り上げが伸び悩んでいた。地元住民や観光客からは「昔ながらの学校の雰囲気を味わえる施設だったのに」と惜しむ声が上がっている、という。
 
 
直売所は市から借りた旧校舎を改築し、2005年12月にオープンした。教室、廊下には児童の作文や習字を貼り、跳び箱や保健室の視力検査機なども展示。児童用の机や椅子を使ったレストランでは地元の食材で作った「給食スタイル」の食事ができ、県内外から観光バスが訪れるなど人気だった。特に福岡県からの客が多く、レストランは9月だけで約500人の予約があった
 
 
しかし、毎年冬場は客足が鈍り、「元気村」を運営するアルミス社は「赤字が増え、閉店せざるを得なくなった」と話す。唐津市からグループで訪れていた買い物客は閉店の知らせを聞き、「市価より安い新鮮野菜がそろっていた」「小学生に戻った気分で、食事を味わえる貴重な場所だったのに」と残念がっていた。
 
 
「元気村」では09年から教室に蛍光灯や反射傘を設け、プランターを重ねた棚でサニーレタスなど葉物野菜を水耕栽培してきた。現在は3教室で約1万株を栽培、1日平均約300株を収穫しており、今後は直売所跡を利用した根菜類の人工栽培など「植物工場」の拡大を目指す。直売所閉店後も、中庭はコミュニティー広場として住民に開放する。 <参考:佐賀新聞より>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  2. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  3. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  4. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  5. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  6. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  7. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  8. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  9. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  10. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     福島県・南相馬市の農業法人「南相馬復興アグリ株式会社」は2月9日、太陽利用型植物工場を建設し、トマ…
  2. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
  3. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
  4. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
ページ上部へ戻る