米国における工場生産(factory farm)の拡大/地方の小規模農家が窮地に<統計データをマップ上に整理したサイト>

大量生産を目的とした大規模な工場生産(ファクトリー・ファーム)によって、私たちは、牛肉や鶏肉、卵や牛乳といった日用食品を低価格で入手することが可能になった。もちろん、こうした大規模な工場生産にはリスクもあり、一部の施設では、不衛生な狭い所に動物が押し込められ、短期間で成長させるための成長ホルモン投与、病原菌の繁殖を抑えるための抗生物質の投与が行われていることもある。
 
 
特に地方の経済を下支えしている小規模農家も、工場生産した低コストの食材に販路を独占されており、自分たちも規模拡大するか、経営を諦めるしか選択肢はなく、非常に厳しい状況に直面している。しかし米国では、工場生産(ファクトリー・ファーム)が規模を拡大しており、2005年から20%も増加している。こうした現状をマップ上で確認できるサイトが、Factory Farm Map である。
 
米国における工場生産(factory farm)の拡大/地方の小規模農家が窮地に<統計データをマップ上に整理したサイト>

2007年の全ての日用食品(牛肉・豚肉・牛乳・卵・鶏肉など)における工場生産分布

 
Factory Farm Mapには、工場生産に関する様々な統計データ(州ごと)もあり、役立つ情報を提供してくれる。確かに不衛生な工場生産の場合、大腸菌やサルモネラ菌といった食中毒の危険性が高まるだけでなく、病原菌対策のため、多量に投与される抗生物質の乱用が、耐性菌の発生に一役買っていることは間違いない。ただし、適切な密度で、空調設備といった飼育環境が整った工場生産施設も含めて、全てのファクトリー・ファームが悪ということではない。小規模農家であっても、ニッチ市場を狙ったブランド食材の確立など、何かしらの経営努力が必要であるだろう。