三洋電機製リチウムイオン電池を備えた家庭用水耕栽培装置を開発<FUJIYA>深夜帯に充電するだけで必要な電力を確保できる

小型のミニ・家庭用植物工場(水耕栽培)が次々と開発・販売される中、電動バイクの製造・販売を手掛ける(株)FUJIYAは、これまでの電池研究を生かし、三洋電機製リチウムイオン電池を備えた家庭用水耕栽培装置を開発した。完全人工光型の植物工場は、最適な生育環境を保つため常に電力を供給する必要があるが、一般家庭では電気代がネック。このため充電式による独立電源を採用。電気代が大幅に安い深夜帯に充電するだけで必要な電力を確保でき、省エネが図られるようにした。停電で野菜がだめになる心配もない。
 
 
照明はサン電子工業のLED製品を活用してランニングコスト低減も図った。FUJIYAはもともと水耕裁培の設備設計に実績があり、従来の設計を基に屋内の限られたスペースに設置できるよう軽量化とコンパクト化に努めた。価格は6万円からを想定しており、近くネット中心に販売を開始する予定である。
 
 
商業用を想定したコンテナ式には、リチウムイオン電池などを搭載した植物工場があるが、家庭用にはあまり例がない。家庭で行う水耕栽培の場合、太陽光が入る窓辺で葉野菜や果実類(トマトやキュウリ、ゴーヤなど)を栽培することが多かったが、最近は蛍光灯やLEDを搭載した簡易的な植物工場を作って、楽しむ人々も少しずつは増えているようだ。

光源を長時間つけっぱなしにしている方にとっては、ありがたい栽培システムではあるものの、価格的には少しお高いので、企業が実験的に栽培するために購入する方が適しているのかもしれない。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  2. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  3. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  4. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  5. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  6. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  7. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  8. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  9. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  10. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  2. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     三菱化学株式会社は、株式会社ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の完全人工光型植物工場システムを…
  3. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
  4. アサガオから花の寿命を調節する遺伝子を発見、切り花の長期保存技術への応用も
     鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループは7月1日、アサ…
ページ上部へ戻る