静岡の小柳津清一商店、摘みたて茶葉の天ぷらも味わえる!春の『新茶摘み体験ツアー』の予約開始

 株式会社小柳津清一商店(おやいづせいいちしょうてん)は、2016年度に引き続き、大人から子供までどなたでもご参加いただける『新茶摘み体験ツアー』の2017年度の予約を2017年3月1日に受付開始しました。
お茶の本場、静岡県に本社を置く企業として、日本の伝統的な飲み物「お茶」の魅力を広く知っていただき、理解を深めていただくことで、親しみを持って召し上がっていただく取り組みとして、一般の方を対象とした期間限定の『新茶摘み体験ツアー』となります。
静岡の小柳津清一商店、摘みたて茶葉の天ぷらも味わえる!春の『新茶摘み体験ツアー』の予約開始
『新茶摘み体験ツアー』は新茶時期と呼ばれる4月20日から6月30日までの期間限定の、お茶の樹やお茶の葉に直接触れられる貴重な体験ツアーです。

静岡の人でも普段なかなか体験することのできないお茶摘みの体験や、摘みたての新鮮な茶葉を天ぷらにしていただく新茶の天ぷらの試食のほか、お茶袋詰・菓子製造工場の見学や、アンテナショップ『雅正庵』での抹茶スイーツのご購入、大人気のお茶の詰め放題など、楽しいひと時をお過ごしいただけます。

■『新茶摘み体験ツアー』詳細
(1) お茶摘み体験

この時期にしか体験することのできない、新芽を摘み取るお茶摘み体験を行っていただきます。摘みたての新茶の天ぷらの試食付きです。

(2) お茶袋詰・菓子製造工場見学
お茶を袋詰めする機械や、抹茶を使用したお菓子商品の製造工程をご覧いただきます。

(3) お買い物・お茶詰め放題
出来たての新茶や、抹茶スイーツのお買い物に加え、小柳津清一商店自慢の静岡県産くき茶の詰め放題をお楽しみください。

開催期間:2017年4月20日~6月30日
定休日 :日曜・祝日
開催時間:9:30~16:00(最終受付 15:00)
人数  :1グループ 5名~100名様まで
申込み :参加ご希望日の10日前まで
所要時間:約1時間(ご希望により調整可能)
開催地 :株式会社 小柳津清一商店 牧ヶ谷工場他
駐車場 :無料
参加費 :体験…500円(小学生以下 無料) お茶詰め放題…1回 500円
詳細資料:http://www.oyaizu.co.jp/assets/images/new-image/shinchatsumi.pdf

また、期間限定の『新茶摘み体験ツアー』の受付開始と同時に、通年の『工場見学・体験ツアー』の予約も現在受付中です。
『工場見学・体験ツアー』では、お茶の仕上工場の見学や保管用の冷凍庫の見学、お茶の種類の説明など、『新茶摘み体験ツアー』とは一味違う体験ツアーもご用意しており、2016年は最大で一度に120名を超える団体のお客様など、計800名を超えるお客様にお楽しみいただきました。

また、海外からはカナダ・フィンランド・韓国・台湾など、様々な国からお越しいただいたお客様にご利用いただくなど、国内外を問わず幅広いお客様にお楽しみいただいている人気のツアーです。
詳細資料: http://www.oyaizu.co.jp/assets/images/new-image/koujoukengaku.pdf

■株式会社 小柳津清一商店について
株式会社 小柳津清一商店は、静岡市で設立から約66年間、製茶問屋を営んでおります。2006年に、お茶を飲むだけでなく、お茶の美味しさ・楽しさ・素晴らしさを広くお伝えしたいという想いから、お茶とお菓子とカフェの店「雅正庵」をオープンいたしました。

カフェでは静岡のお茶と、お茶を使ったお菓子を販売し、お茶を使ったメニューやお茶に合うメニューを提供しております。現在の店舗は静岡中部に4店舗、商品はサービスエリアや駅キヨスクでもお取り扱いがございます。

株式会社 小柳津清一商店 ホームページ: http://www.oyaizu.co.jp/
雅正庵 ホームページ         : http://www.gasho-an.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  2. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  3. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  4. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  5. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  6. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  7. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  8. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  9. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  10. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
  2. 韓国ソウル市、規制緩和により垂直農場・植物工場プロジェクトを計画
     韓国ソウル市にて垂直農場プロジェクトが計画されている。ソウル市は4月13日、ソウル市特別市南西部に…
  3. LED植物工場、玉川大学サイテックファームが日産3200株の施設稼働
     西松建設グループと玉川大学は平成24年1月17日に産学連携協定を結び、フルLED光源を採用した完全…
  4. 英国における衛星・宇宙産業と農業技術の融合。新たな新技術・産業創出へ
     9月28日にNASAが火星表面にて水が流れていたという確かな証拠を発見したというニュースが報道され…
ページ上部へ戻る