マーケットエンタープライズ、中古農機具・農業機械の買取専門サービスを2月2日に開始

 ネット型リユース業の株式会社マーケットエンタープライズは、中古農機具・農業機械の買取専門サービスサイト「農機具高く売れるドットコム」を、2017年2月2日に開始する。電話受付時間(9:15~21:00、土日・祝日可)と、最短即日での出張買取が特長で、従来ハードルの高かった農機具・農業機械買取の取引を、簡単に手早く進めることができます。

「農機具高く売れるドットコム」
https://www.noukigu-takakuureru.com/

農家の戸数は年々減少を続けており、農林水産省の統計によると平成27年の戸数は平成12年に比べおよそ69%(※)になっています。農機具・農業機械は、経営規模の縮小・廃業で処分や休眠が必要な場合、一般製品と異なり「処分に費用がかかりそう」「そもそもどう処分したり買取りに出せばいいかわからない」などの要因から、扱いに苦慮することが多くあります。

また、農業の大規模化・農地集約化が進むなかで、農家の生産コスト低減・効率化は課題の一つ。これらの農機具・農業機械の売却・再活用はその解決策でもあります。特に日本製の中古農機具・農業機械は品質が高く海外から評価されており、新興国などで再活用される例もあります。
マーケットエンタープライズは本サービスにより、余剰・休眠中の農機具・農業機械を最適な場所で再活用させ、農業の活性化に寄与する方針です。

■サービス概要と特長
1.電話受付時間は9:15~21:00、Webは24時間365日対応
ネット型リユース業最大手の高品質なコールセンターが、農家の買取要望に応えます。電話による受付時間は9:15~21:00(土日・祝日可)、Webからは24時間365日対応。仕事を始める前や終わった後、休みの日などにも申し込み・問合せをすることができます。

2.全国対応
マーケットエンタープライズの全国8拠点からなる物流網により、最短で当日の出張買取を行うことで、農家の要望に迅速に応えます。

■取り扱い器具・機械例
トラクター/コンバイン/田植え機/耕うん機/除雪機/バインダー/ハーベスター/ポンプ/発電機/その他土木機械

■買取後について
マーケットエンタープライズは顧客から買い取った農機具・農業機械を提携陸送業者を通じて直接国内オークションに輸送、国内外の事業者に販売します。

(※)農林水産省「農家に関する統計」( http://www.maff.go.jp/j/tokei/sihyo/data/07.html )。当統計の「農家戸数」によると総農家数は平成12年の312万戸から平成27年には215.5万戸とおよそ69%に減少している。
* 農機具・農業機械の用途や性質上、買取前に一定の洗浄が必要になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  2. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  3. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  4. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  5. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  6. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  7. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  8. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  9. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  10. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  2. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
    イタリア・ミラノでは「地球に食料を、生命にエネルギーを(Feeding the Planet, En…
  3. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
  4. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
ページ上部へ戻る