クボタ、タイのコンバイン工場を拡張。ASEAN諸国のコンバイン事業の拡大に対応

 株式会社クボタは、タイの製造・販売子会社「Siam Kubota Corporation/SKC」のコンバイン工場を拡張し、生産能力の増強により、ASEAN諸国のコンバイン事業の拡大を目指す。

1.背景
・当社は、タイ国内の農業の近代化に伴う機械化ニーズの高まりを背景に、2009年にSKCにインディカ米収穫用のコンバイン工場を建設し、生産・販売を行ってまいりました。

・2011年からは、ASEAN諸国へのコンバイン輸出を開始し、主に高馬力・高耐久機を供給してまいりました。

・その後、輸出先の増加や各国の収穫機械化に伴い、生産販売台数も順調に推移し、今後、更なる増加が見込まれています。今後の成長著しいミャンマー、フィリピン、インドネシアなどASEAN諸国のコンバイン事業を生産面から支えるため、このたびSKCのコンバイン工場を拡張する事を決定しました。

・今回の生産能力の増強と合わせて、原価低減や生産性向上を進め、より競争力の高い工場づくりをめざし、ASEAN諸国の農業の機械化の更なる発展に貢献してまいります。
クボタ、タイのコンバイン工場を拡張。ASEAN諸国のコンバイン事業の拡大に対応
2.新工場概要
所在地:タイ国チョンブリ県アマタナコン工業団地
規模:建屋面積2.75万m2
投資金額:8.2億バーツ(29.9億円) @3.65円/バーツ
生産品目:コンバイン(普通型)
生産能力:コンバイン2万台/年
稼働時期:2017年10月

【SKCの概要】
会社名:Siam Kubota Corporation Co.,Ltd
設立:2010年8月
(ザ・サイアムクボタインダストリーCo.,LtdとサイアムクボタトラクターCo.,Ltdを統合して設立)
所在地:タイ国パトゥムタニ―県ナワナコン工業団地
代表者名:木村 浩人
規模:敷地面積7.88万m2、建屋面積2.9万m2(ナワナコン本社)
資本金:約27.4億バーツ
出資比率:クボタ60%・サイアムセメントグループ40%
事業内容:トラクタ、コンバイン、エンジン、耕うん機の製造・販売
生産能力:コンバイン1.3万台/年、トラクタ9.5万台/年、エンジン10万台/年、耕 うん機10万台/年
従業員数:約2,900人(2017年1月現在)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  2. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  3. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  4. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  5. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  6. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  7. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  8. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  9. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  10. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  2. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
  3. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     福島県・南相馬市の農業法人「南相馬復興アグリ株式会社」は2月9日、太陽利用型植物工場を建設し、トマ…
  4. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
ページ上部へ戻る