NATUFIAのキッチンガーデン。デザイン家電としての植物工場プラントを開発

 エストニアに本社を置くNATUFIA Labは、今年の1月にラスベガスで行われたCES(Consumer Electronics Show;民間機器技術のイベント)で、デザイン性に優れた家電としての植物工場商品「キッチンガーデン(自動調節式植物栽培装置)」を発表した。

価格は$14,000(140万円)と高額だが、多くの機能が搭載されている。
NATUFIA キッチンガーデン
キッチンガーデンの主な特徴
・温度、湿度、栄養、pHの自動調整ができる。
・30種類以上のハーブや野菜を栽培できる。
・32〜64の植物を同時に栽培可能であり、4人家族には十分な収穫量を得られる。
・苗床が付いている為、最適条件で発芽させることが可能。
・wi-fi、イーサネット、3Gの接続が可能。
・LED、ポンプ、ファンの各部分のセンサーで、リアルタイムに栽培環境の状況が確認可能。
NATUFIAのキッチンガーデン。デザイン家電としての植物工場プラントを開発
 NATUFIAキッチンガーデンは機能性が優れていることと同時に、冷蔵庫と同じような形をしており、見た目がスリムで美しい。特に、鉢のデザインにこだわっており、この装置で使用されているセラミックカップはロシア貴族が1720年代に使用していた物と同様の形だ。

栽培する際、種の購入はパソコンもしくは、キッチンガーデンに搭載されているタッチスクリーンから行うことができ、自宅の玄関で受け取ることができる。
・リーフレタス・・・€4.75(575円)/5カプセル
・トマト   ・・・€4.95(599円)/5カプセル (€1=¥121で計算)
NATUFIAのキッチンガーデン
種子は生物分解性カップの中に入った状態で届くので、キッチンガーデンに入れて、スイッチを押すだけですぐに栽培を開始できる。本商品の下に搭載されている16ガロン(61L)タンクでpH調整を行いながら水と養分が混ぜられる。その後、培養液は紫外線フィルターを通り、上部に運ばれ、四時間ごとに次の培地カップに滝のようにに流れるシステムである。

※ 写真・動画:NATUFIAホームページより引用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  2. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  3. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  4. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  5. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  6. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  7. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  8. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  9. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  10. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 日本マイクロソフトの社員食堂が日本野菜ソムリエ協会認定、植物工場野菜の販売も
     日本マイクロソフト株式会社と、社員食堂「One Microsoft Café」を受託運営しているエ…
  2. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
  3. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
  4. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
ページ上部へ戻る