イノテック、三社協力で外部電源を使わず農場の土壌データの収集と蓄積を実施

 イノテック株式会社と、株式会社ネクステック、株式会社岩崎が、株式会社岩崎の当別フィールドにおいて、株式会社ネクステックの無線LANアクセスポイント兼中継器「ポジモ(*1)」と、イノテック株式会社が国内販売する土壌センサー「EDYN(*2)」を使用した土壌データの収集・蓄積実験を外部電源を使用せずに実施する。
edyn6869
 土壌の水分やEC値と作物の質、収量には関連性があることがわかっている。しかし、土壌の状態の管理は経験や施肥の量によって推定されているにとどまり、実際の計測データを蓄積し分析することは近年のICT農業において始まったばかりだ。こういった流れの中で、圃場にセンサーやネットワークを導入するには、電源の手配や防水など農業者に多くの負担を要求することになっている。

 今回の実験では、外部電源を使用しない無線LAN装置と、外部電源を使用しない土壌センサーの組み合わせにより、2時間程度の作業で土壌のデータ測定を開始。これにより、外部電源を使用しない土壌計測システムが、いかに簡単に導入できるものかを裏付けている。

[各注釈について]
 ※1 ポジモ:
 屋外で外部電源無しで連続稼働する、無線中継機能を備えた無線LANアクセスポイント。工場、農場、建設現場、観光地、イベント、災害現場などでの利用実績がある。株式会社ネクステック製。
http://www.poggimo.info/
 ※2 EDYN:
 土壌のEC値、水分量、周囲温度、周囲湿度、光量を1つのセンサーで測定可能。同じくEDYNのウォーターバルブと組み合わせることで潅水のスケジュール管理や、水分が閾値を下回った場合の自動潅水が可能となる。
http://www.innotech.co.jp/edyn/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  2. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  3. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  4. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  5. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  6. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  7. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  8. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  9. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  10. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 1日1万株の国内最大級の植物工場 「柏の葉スマートシティ」にて本格稼働
     株式会社みらいと三井不動産株式会社は「柏の葉スマートシティ」において国内最大級の植物工場「柏の葉 …
  2. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
  3. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
  4. NYのジョンFケネディ空港にて、新たな都市型農業PJがスタート
     学校(Farm to School)やレストラン、消費者(Farm to Table)といった地産…
ページ上部へ戻る