エア・ウォーターが菓子の製造、販売を行うプレシアをグループ化

 エア・ウォーター株式会社が、2016年10月3日付けで、洋菓子、和菓子の企画製造、販売を行う株式会社プレシアホールディングスの株式全てを譲受けた。これにより「プレシア」が担う スイーツ事業を、同社の農業・食品事業の加工食品部門における新たな事業の柱としていく。

1.株式譲受けの経緯
 同社の農業・食品事業は、野菜栽培から食品加工、清涼飲料水製造、青果小売まで独自のバリューチェーンを形成し特長あるビジネスモデルを推進している。

 そのような中で、食品加工の一翼を担う連結子会社の「春雪さぶーる」では、既存のハム・ソーセージ・デリカ事業、冷凍食品事業に加え、2014年8月 より第三の事業の柱とすべくスイーツ事業に取り組んでいた。北海道小樽市にある「春雪さぶーる」の 小樽スイーツ工場では、各種冷凍ケーキを製造し、業務用食材ブランド「さぶーる」で全国展開している。

 こうしたなか、全国で事業展開する「プレシア」が 同社グループの一員になることは、これまで以上に変化する市場への対応を可能にする提案型の事業展開を図ることができると考えている。また、「プレシア」が強みとする市販用、「春雪さぶーる」が強みを持つ業務用の両市場に向け、開発・提案・営業・製造・物流面でより大きなシナジーを発揮することとなるだろう。

2.株式譲受け後の運営
 同社が株式を譲受けた後も、引続き、スイーツ事業について、藤木会長が代表取締役会長として経営を担う。特に、同社、農業・食品カンパニーの野菜栽培および 加工事業による新鮮な国産野菜とのコラボレーションによる健康志向の新スイーツ分野の立ち上げ、また、 更なる開発力の強化、生産効率並びに販売増に対応する新工場建設の検討、これらの計画立案ならびに推進について進めていく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  2. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  3. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  4. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  5. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  6. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  7. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  8. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  9. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  10. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
  2. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
  3. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
  4. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
ページ上部へ戻る