エア・ウォーターが菓子の製造、販売を行うプレシアをグループ化

 エア・ウォーター株式会社が、2016年10月3日付けで、洋菓子、和菓子の企画製造、販売を行う株式会社プレシアホールディングスの株式全てを譲受けた。これにより「プレシア」が担う スイーツ事業を、同社の農業・食品事業の加工食品部門における新たな事業の柱としていく。

1.株式譲受けの経緯
 同社の農業・食品事業は、野菜栽培から食品加工、清涼飲料水製造、青果小売まで独自のバリューチェーンを形成し特長あるビジネスモデルを推進している。

 そのような中で、食品加工の一翼を担う連結子会社の「春雪さぶーる」では、既存のハム・ソーセージ・デリカ事業、冷凍食品事業に加え、2014年8月 より第三の事業の柱とすべくスイーツ事業に取り組んでいた。北海道小樽市にある「春雪さぶーる」の 小樽スイーツ工場では、各種冷凍ケーキを製造し、業務用食材ブランド「さぶーる」で全国展開している。

 こうしたなか、全国で事業展開する「プレシア」が 同社グループの一員になることは、これまで以上に変化する市場への対応を可能にする提案型の事業展開を図ることができると考えている。また、「プレシア」が強みとする市販用、「春雪さぶーる」が強みを持つ業務用の両市場に向け、開発・提案・営業・製造・物流面でより大きなシナジーを発揮することとなるだろう。

2.株式譲受け後の運営
 同社が株式を譲受けた後も、引続き、スイーツ事業について、藤木会長が代表取締役会長として経営を担う。特に、同社、農業・食品カンパニーの野菜栽培および 加工事業による新鮮な国産野菜とのコラボレーションによる健康志向の新スイーツ分野の立ち上げ、また、 更なる開発力の強化、生産効率並びに販売増に対応する新工場建設の検討、これらの計画立案ならびに推進について進めていく。