エア・ウォーターが菓子の製造、販売を行うプレシアをグループ化

 エア・ウォーター株式会社が、2016年10月3日付けで、洋菓子、和菓子の企画製造、販売を行う株式会社プレシアホールディングスの株式全てを譲受けた。これにより「プレシア」が担う スイーツ事業を、同社の農業・食品事業の加工食品部門における新たな事業の柱としていく。

1.株式譲受けの経緯
 同社の農業・食品事業は、野菜栽培から食品加工、清涼飲料水製造、青果小売まで独自のバリューチェーンを形成し特長あるビジネスモデルを推進している。

 そのような中で、食品加工の一翼を担う連結子会社の「春雪さぶーる」では、既存のハム・ソーセージ・デリカ事業、冷凍食品事業に加え、2014年8月 より第三の事業の柱とすべくスイーツ事業に取り組んでいた。北海道小樽市にある「春雪さぶーる」の 小樽スイーツ工場では、各種冷凍ケーキを製造し、業務用食材ブランド「さぶーる」で全国展開している。

 こうしたなか、全国で事業展開する「プレシア」が 同社グループの一員になることは、これまで以上に変化する市場への対応を可能にする提案型の事業展開を図ることができると考えている。また、「プレシア」が強みとする市販用、「春雪さぶーる」が強みを持つ業務用の両市場に向け、開発・提案・営業・製造・物流面でより大きなシナジーを発揮することとなるだろう。

2.株式譲受け後の運営
 同社が株式を譲受けた後も、引続き、スイーツ事業について、藤木会長が代表取締役会長として経営を担う。特に、同社、農業・食品カンパニーの野菜栽培および 加工事業による新鮮な国産野菜とのコラボレーションによる健康志向の新スイーツ分野の立ち上げ、また、 更なる開発力の強化、生産効率並びに販売増に対応する新工場建設の検討、これらの計画立案ならびに推進について進めていく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  2. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  3. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  4. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  5. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  6. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  7. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  8. 植物工場ベンチャーBowery Farming社が750万ドルの資金調達に成功。地産地消型モデルの普及へ
     米国ニューヨークを拠点とするBowery Farming社は、完全人工光型植物工場による生産技術の…
  9. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  10. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
  2. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
  3. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  4. アサガオから花の寿命を調節する遺伝子を発見、切り花の長期保存技術への応用も
     鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループは7月1日、アサ…
ページ上部へ戻る