ヤンマーが田植機「YR-Dシリーズ」向けオプションに密苗キット「MNシリーズ」4型式を販売開始

 ヤンマー株式会社が、新型田植機「YR-Dシリーズ」のオプションとして、高密度に播種した苗を正確に植付ける密苗キット「MN-YR5」など4型式を12月1日より販売開始する。本キットの販売により、同社独自の新技術で稲作の省力・低コスト化を実現した「密苗」の提供が可能となる。

 同社の「密苗」は、通常育苗箱当たり乾籾で100~150gの播種量を250~300gと高密度に播種し、その苗から慣行同様に3~4本ずつかき取り移植を行うことで、苗箱数や資材費、作業時間を大幅に減らし、田植え作業の省力化とコスト削減を実現した。また、同社の「密苗」技術は農林水産省の「最新農業技術・品種2016」に選ばれている。

 密苗キット「MNシリーズ」は、苗の植付けを行う構造の一部を改良することにより、浮き苗・欠株の少ない高精度な植付けを実現している。7月1日に発売した乗用田植機「YR-Dシリーズ」は、この密苗キットに対応しており、本田植機に搭載の「感度アシスト機能」と併用することで、より高精度な植付けを行うことができる。

 同社は今後、「密苗」を本格的に普及させることで農作業にかかる負担やコストを軽減し、作業効率の改善と農家の収益アップを目指したソリューションを提案していく。

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。