みずほ情報総研によるルワンダ農業ベンチャーの設立。日本からの花卉や農産品の委託生産を受ける

 みずほ情報総研株式会社は、東アフリカ・ルワンダ共和国において、日本ブランドの農産物の生産・輸出入スキーム構築の実証事業と、事業を担うベンチャー企業の立ち上げを支援し、このたび現地にて農業ベンチャー「ブルーム・ヒルズ・ルワンダ(Bloom Hills Rwanda)」が設立した。なお、本実証事業は、トヨタ自動車株式会社と共同で実施したもの。
みずほ情報総研によるルワンダ農業ベンチャーの設立。日本からの花卉や農産品の委託生産を受ける
同社は、2012年よりサブサハラ・アフリカ地域における日本企業の進出機会に関する調査、実証研究を実施し、その事業構想を作成してきました。2013年からは、同地域における新規事業探索を目的としてトヨタ自動車と共同基礎調査を行い、ルワンダ共和国を対象国とした農業事業のフィージビリティスタディ、パートナー探索、政府交渉を実施しました。

2015年には、実証事業および事業実現の段階に移行可能であると判断し、みずほ情報総研が立ち上げた日本の農林水産業の海外進出を支援する事業「みずほグローバルアグリイノベーション」を活用した花卉の栽培実証を実施し、事業立ち上げが実現に至りました。

 事業を開始した現地農業ベンチャー「ブルーム・ヒルズ・ルワンダ」は、アフリカビジネスで著名な佐藤 芳之氏(ルワンダ・ナッツ・カンパニー会長、オーガニック・ソリューションズ・ルワンダ会長)が会長に、また、オーガニック・ソリューションズ・ルワンダのゼネラルマネージャーとしてルワンダにおける豊富なビジネス経験を有する原田 俊吾氏が社長に就任しました。

みずほ情報総研では設立にあたり、企業ネットワーク、栽培ノウハウなどを同社に提供し、各方面から支援しました。同社は今後、2016年度を目処に「みずほグローバルアグリイノベーション」のプラットフォームを通じ、リンドウの商用生産を目指した取り組みを進めるほか、日本企業からの生薬、花卉、その他農産品の委託生産を実施する計画です。

 なお、同事業は、みずほ情報総研、トヨタ自動車、ブルーム・ヒルズ・ルワンダのほか、リンドウの育種事業に取り組む岩手県八幡平市、リンドウの育種技術の開発を行う岩手大学が参画しています。併せて、ルワンダ共和国の農業省、投資開発局、ムサンゼ郡行政府の協力を得て進めています。

 ※参考資料・参考画像は添付の関連資料を参照

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  2. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  3. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  4. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  5. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  6. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  7. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  8. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  9. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  10. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 日本マイクロソフトの社員食堂が日本野菜ソムリエ協会認定、植物工場野菜の販売も
     日本マイクロソフト株式会社と、社員食堂「One Microsoft Café」を受託運営しているエ…
  2. タキイ種苗、機能性野菜「ファイトリッチ」シリ−ズのタネを発売
     タキイ種苗株式会社は、野菜の"機能性成分"を豊富に含み"おいしさ"を兼ね備えた『ファイトリッチ』シ…
  3. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
  4. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
ページ上部へ戻る