みずほ情報総研によるルワンダ農業ベンチャーの設立。日本からの花卉や農産品の委託生産を受ける

 みずほ情報総研株式会社は、東アフリカ・ルワンダ共和国において、日本ブランドの農産物の生産・輸出入スキーム構築の実証事業と、事業を担うベンチャー企業の立ち上げを支援し、このたび現地にて農業ベンチャー「ブルーム・ヒルズ・ルワンダ(Bloom Hills Rwanda)」が設立した。なお、本実証事業は、トヨタ自動車株式会社と共同で実施したもの。
みずほ情報総研によるルワンダ農業ベンチャーの設立。日本からの花卉や農産品の委託生産を受ける
同社は、2012年よりサブサハラ・アフリカ地域における日本企業の進出機会に関する調査、実証研究を実施し、その事業構想を作成してきました。2013年からは、同地域における新規事業探索を目的としてトヨタ自動車と共同基礎調査を行い、ルワンダ共和国を対象国とした農業事業のフィージビリティスタディ、パートナー探索、政府交渉を実施しました。

2015年には、実証事業および事業実現の段階に移行可能であると判断し、みずほ情報総研が立ち上げた日本の農林水産業の海外進出を支援する事業「みずほグローバルアグリイノベーション」を活用した花卉の栽培実証を実施し、事業立ち上げが実現に至りました。

 事業を開始した現地農業ベンチャー「ブルーム・ヒルズ・ルワンダ」は、アフリカビジネスで著名な佐藤 芳之氏(ルワンダ・ナッツ・カンパニー会長、オーガニック・ソリューションズ・ルワンダ会長)が会長に、また、オーガニック・ソリューションズ・ルワンダのゼネラルマネージャーとしてルワンダにおける豊富なビジネス経験を有する原田 俊吾氏が社長に就任しました。

みずほ情報総研では設立にあたり、企業ネットワーク、栽培ノウハウなどを同社に提供し、各方面から支援しました。同社は今後、2016年度を目処に「みずほグローバルアグリイノベーション」のプラットフォームを通じ、リンドウの商用生産を目指した取り組みを進めるほか、日本企業からの生薬、花卉、その他農産品の委託生産を実施する計画です。

 なお、同事業は、みずほ情報総研、トヨタ自動車、ブルーム・ヒルズ・ルワンダのほか、リンドウの育種事業に取り組む岩手県八幡平市、リンドウの育種技術の開発を行う岩手大学が参画しています。併せて、ルワンダ共和国の農業省、投資開発局、ムサンゼ郡行政府の協力を得て進めています。

 ※参考資料・参考画像は添付の関連資料を参照

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  2. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  3. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  4. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  5. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  6. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  7. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  8. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  9. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  10. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国NYの農業ビジネス最前線・市場ニーズに合わせた生産品目の切り替え(ガブリエルセン・ファーム)
     ニューヨーク州・ロングアイランド東部の町であるリバーヘッドにて花卉の生産を行うガブリエルセン・ファ…
  2. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
  3. スペインの植物工場エリア、養液栽培による安全性管理の重要性が浮上
     世界における植物工場(太陽光)の密集エリアはオランダだけではない。補光や環境制御システム等、ハイテ…
  4. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
ページ上部へ戻る