みずほ情報総研によるルワンダ農業ベンチャーの設立。日本からの花卉や農産品の委託生産を受ける

 みずほ情報総研株式会社は、東アフリカ・ルワンダ共和国において、日本ブランドの農産物の生産・輸出入スキーム構築の実証事業と、事業を担うベンチャー企業の立ち上げを支援し、このたび現地にて農業ベンチャー「ブルーム・ヒルズ・ルワンダ(Bloom Hills Rwanda)」が設立した。なお、本実証事業は、トヨタ自動車株式会社と共同で実施したもの。
みずほ情報総研によるルワンダ農業ベンチャーの設立。日本からの花卉や農産品の委託生産を受ける
同社は、2012年よりサブサハラ・アフリカ地域における日本企業の進出機会に関する調査、実証研究を実施し、その事業構想を作成してきました。2013年からは、同地域における新規事業探索を目的としてトヨタ自動車と共同基礎調査を行い、ルワンダ共和国を対象国とした農業事業のフィージビリティスタディ、パートナー探索、政府交渉を実施しました。

2015年には、実証事業および事業実現の段階に移行可能であると判断し、みずほ情報総研が立ち上げた日本の農林水産業の海外進出を支援する事業「みずほグローバルアグリイノベーション」を活用した花卉の栽培実証を実施し、事業立ち上げが実現に至りました。

 事業を開始した現地農業ベンチャー「ブルーム・ヒルズ・ルワンダ」は、アフリカビジネスで著名な佐藤 芳之氏(ルワンダ・ナッツ・カンパニー会長、オーガニック・ソリューションズ・ルワンダ会長)が会長に、また、オーガニック・ソリューションズ・ルワンダのゼネラルマネージャーとしてルワンダにおける豊富なビジネス経験を有する原田 俊吾氏が社長に就任しました。

みずほ情報総研では設立にあたり、企業ネットワーク、栽培ノウハウなどを同社に提供し、各方面から支援しました。同社は今後、2016年度を目処に「みずほグローバルアグリイノベーション」のプラットフォームを通じ、リンドウの商用生産を目指した取り組みを進めるほか、日本企業からの生薬、花卉、その他農産品の委託生産を実施する計画です。

 なお、同事業は、みずほ情報総研、トヨタ自動車、ブルーム・ヒルズ・ルワンダのほか、リンドウの育種事業に取り組む岩手県八幡平市、リンドウの育種技術の開発を行う岩手大学が参画しています。併せて、ルワンダ共和国の農業省、投資開発局、ムサンゼ郡行政府の協力を得て進めています。

 ※参考資料・参考画像は添付の関連資料を参照

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  2. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  3. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  4. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  5. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  6. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  7. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  8. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  9. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  10. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
  2. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工株式会社の植物工場システムが、イセタン クール ジャパンSDN.BHD.の運営するクアラル…
  3. 米国ワシントンDCでも都市型農業法案による支援も。屋上ファームや水耕栽培など幅広い生産方式が出現
     米国のワシントンDCエリアも都市型農業が盛んな地域の一つである。現地のファーマーズ・マーケットでは…
  4. 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入
    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりな…
ページ上部へ戻る