LED照明製造のHRD/低コスト設置、殺菌装置不要な植物工場用プラントを開発、将来はプラント販売も視野に

 発光ダイオード(LED)照明製造のHRD(鳥取市、原田宜明社長)は、低コストの植物工場用プラントを開発した。腐敗を防ぐため有用菌を加えた液肥と太陽光に近い波長のLED照明を組み合わせた設備で、高価な循環殺菌装置が不要になり、初期投資を大幅に抑制できるのが特徴。鳥取市の本社内にプラントを設置してレタスなどを生産。農業に参入し新たな事業の柱に育てるとともに、将来はプラント販売も視野に入れる。


iDEAL(アイディアル)方式」と呼ぶ低コストプラントは、大阪府内のメーカーの協力を得て開発。細かい温度や湿度の管理が必要な育苗をインキュベーション(ふ化器)タイプの市販のミニ野菜栽培システムで行い、育成段階に入った苗を低コストプラントで促成栽培する。

新プラントは発泡スチロール製などの容器に、植物の成長を促進する有用菌を加えた液肥を入れ、LEDの光が苗に当たるよう棚に並べるだけで済む。日産10キログラム程度のプラントの場合、育苗用のシステムを含めても200万〜300万円程度に抑えられる。


これに対し、無農薬・無菌状態で栽培する従来方式の植物工場は雑菌による液肥の腐敗などを防ぐため、栽培スペースを気密化する設備や、液肥を循環させる配管、殺菌装置などが不可欠。このため、初期投資が1000万円単位に膨らむという。


原田社長は「iDEAL方式では、苗を入れる容器や棚はホームセンターなどで調達できる。雑菌の繁殖抑制に有用菌の力を借りるという逆転の発想で、日産10キログラム程度のプラントなら従来方式に比べて初期投資を5分の1程度に抑えられる」と説明する。

また、従来のプラントは植物の成長に必要な青と赤の波長だけを出すLED照明が使われることが多いが、iDEAL方式では太陽光に近い波長を出し、発熱量の少ない新開発の「お陽(ひ)さまLED」を採用。「緑色の波長があると病気に強くなるという最新の研究成果があり、安定した収穫量が期待できる」(原田社長)という。


野菜生産は障害者雇用を目的とした関連会社「HRD iDEAL」が担当。すでにHRDの本社2階の空きスペースを活用し、約200平方メートルのプラントで試験的にレタスの栽培を開始。今夏をめどに約500平方メートルに拡大し、初年度は1日当たり100キログラムを地元飲食店などに出荷する。5年後をめどに周辺地域にもプラントを増設し、年間5億円の売り上げを目指す。(参考:2012/3/8 日本経済新聞より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  2. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  3. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  4. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  5. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  6. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  7. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  8. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  9. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  10. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 都市近接の低コスト型植物工場にてフレッシュハーブの生産へ(アグリサーチ)
     国内外の農業資材を活用した低コスト栽培を推進する有限会社アグリサーチ(福岡県中央区)が、完全人工光…
  2. 三菱樹脂、サラダほうれん草などの植物工場野菜「ヴェルデプラス」の本格販売開始
     三菱樹脂株式会社は、長浜工場(滋賀県長浜市)内に設置した太陽光利用型植物工場で収穫した野菜のブラン…
  3. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
  4. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
ページ上部へ戻る