LED照明製造のHRD/低コスト設置、殺菌装置不要な植物工場用プラントを開発、将来はプラント販売も視野に

 発光ダイオード(LED)照明製造のHRD(鳥取市、原田宜明社長)は、低コストの植物工場用プラントを開発した。腐敗を防ぐため有用菌を加えた液肥と太陽光に近い波長のLED照明を組み合わせた設備で、高価な循環殺菌装置が不要になり、初期投資を大幅に抑制できるのが特徴。鳥取市の本社内にプラントを設置してレタスなどを生産。農業に参入し新たな事業の柱に育てるとともに、将来はプラント販売も視野に入れる。


iDEAL(アイディアル)方式」と呼ぶ低コストプラントは、大阪府内のメーカーの協力を得て開発。細かい温度や湿度の管理が必要な育苗をインキュベーション(ふ化器)タイプの市販のミニ野菜栽培システムで行い、育成段階に入った苗を低コストプラントで促成栽培する。

新プラントは発泡スチロール製などの容器に、植物の成長を促進する有用菌を加えた液肥を入れ、LEDの光が苗に当たるよう棚に並べるだけで済む。日産10キログラム程度のプラントの場合、育苗用のシステムを含めても200万〜300万円程度に抑えられる。


これに対し、無農薬・無菌状態で栽培する従来方式の植物工場は雑菌による液肥の腐敗などを防ぐため、栽培スペースを気密化する設備や、液肥を循環させる配管、殺菌装置などが不可欠。このため、初期投資が1000万円単位に膨らむという。


原田社長は「iDEAL方式では、苗を入れる容器や棚はホームセンターなどで調達できる。雑菌の繁殖抑制に有用菌の力を借りるという逆転の発想で、日産10キログラム程度のプラントなら従来方式に比べて初期投資を5分の1程度に抑えられる」と説明する。

また、従来のプラントは植物の成長に必要な青と赤の波長だけを出すLED照明が使われることが多いが、iDEAL方式では太陽光に近い波長を出し、発熱量の少ない新開発の「お陽(ひ)さまLED」を採用。「緑色の波長があると病気に強くなるという最新の研究成果があり、安定した収穫量が期待できる」(原田社長)という。


野菜生産は障害者雇用を目的とした関連会社「HRD iDEAL」が担当。すでにHRDの本社2階の空きスペースを活用し、約200平方メートルのプラントで試験的にレタスの栽培を開始。今夏をめどに約500平方メートルに拡大し、初年度は1日当たり100キログラムを地元飲食店などに出荷する。5年後をめどに周辺地域にもプラントを増設し、年間5億円の売り上げを目指す。(参考:2012/3/8 日本経済新聞より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  2. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  3. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  4. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
  5. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  6. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  7. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  8. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  9. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  10. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. NYのジョンFケネディ空港にて、新たな都市型農業PJがスタート
     学校(Farm to School)やレストラン、消費者(Farm to Table)といった地産…
  2. 新日鉄住金エンジ、ローソンファーム秋田の植物工場に自社システム建築商品を納入
     新日鉄住金エンジニアリング株式会社の建築・鋼構造事業部のシステム建築商品「スタンパッケージ(R)」…
  3. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
  4. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
ページ上部へ戻る