LED照明製造のHRD/低コスト設置、殺菌装置不要な植物工場用プラントを開発、将来はプラント販売も視野に

 発光ダイオード(LED)照明製造のHRD(鳥取市、原田宜明社長)は、低コストの植物工場用プラントを開発した。腐敗を防ぐため有用菌を加えた液肥と太陽光に近い波長のLED照明を組み合わせた設備で、高価な循環殺菌装置が不要になり、初期投資を大幅に抑制できるのが特徴。鳥取市の本社内にプラントを設置してレタスなどを生産。農業に参入し新たな事業の柱に育てるとともに、将来はプラント販売も視野に入れる。


iDEAL(アイディアル)方式」と呼ぶ低コストプラントは、大阪府内のメーカーの協力を得て開発。細かい温度や湿度の管理が必要な育苗をインキュベーション(ふ化器)タイプの市販のミニ野菜栽培システムで行い、育成段階に入った苗を低コストプラントで促成栽培する。

新プラントは発泡スチロール製などの容器に、植物の成長を促進する有用菌を加えた液肥を入れ、LEDの光が苗に当たるよう棚に並べるだけで済む。日産10キログラム程度のプラントの場合、育苗用のシステムを含めても200万〜300万円程度に抑えられる。


これに対し、無農薬・無菌状態で栽培する従来方式の植物工場は雑菌による液肥の腐敗などを防ぐため、栽培スペースを気密化する設備や、液肥を循環させる配管、殺菌装置などが不可欠。このため、初期投資が1000万円単位に膨らむという。


原田社長は「iDEAL方式では、苗を入れる容器や棚はホームセンターなどで調達できる。雑菌の繁殖抑制に有用菌の力を借りるという逆転の発想で、日産10キログラム程度のプラントなら従来方式に比べて初期投資を5分の1程度に抑えられる」と説明する。

また、従来のプラントは植物の成長に必要な青と赤の波長だけを出すLED照明が使われることが多いが、iDEAL方式では太陽光に近い波長を出し、発熱量の少ない新開発の「お陽(ひ)さまLED」を採用。「緑色の波長があると病気に強くなるという最新の研究成果があり、安定した収穫量が期待できる」(原田社長)という。


野菜生産は障害者雇用を目的とした関連会社「HRD iDEAL」が担当。すでにHRDの本社2階の空きスペースを活用し、約200平方メートルのプラントで試験的にレタスの栽培を開始。今夏をめどに約500平方メートルに拡大し、初年度は1日当たり100キログラムを地元飲食店などに出荷する。5年後をめどに周辺地域にもプラントを増設し、年間5億円の売り上げを目指す。(参考:2012/3/8 日本経済新聞より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  2. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  3. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  4. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  5. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  6. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  7. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  8. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  9. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  10. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
  2. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
  3. JFEエンジニアリングなど、オランダ式の太陽光利用型植物工場にてトマト・ベビーリーフの生産へ
     プラント設計・施工大手のJFEエンジニアリングが北海道・苫小牧市の苫小牧東部工業基地(苫東)で建設…
  4. 静岡県が先端農業推進セミナーを9/7に開催。平成29年開設リサーチセンターの公募説明も
     静岡県では9月7日、健康長寿に貢献する「農・食・健連携」による産業の活性化をテーマに、県と共同研究…
ページ上部へ戻る