北海道フード・コンプレックスが総合特区に認定予定。強い農業づくり/食産業の高付加価値ビジネスを展開

規制緩和などで地域の競争力を高める国の国際戦略総合特区を巡り、道や北海道経済連合会などが提案していた「北海道フード・コンプレックス」(HFC)が12月22日にも認定を受ける予定。環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加を機に「強い農業づくり」が全国的な課題となるなか、食産業の付加価値を高めることで成長著しい東アジア市場の開拓を目指す内容が評価された。
 

<図:北海道経済連合会ウェブサイトより>

 
副大臣クラスで構成する特区のワーキンググループが19日開かれ、最終選考に残ったHFCの認定に異論は出なかった。これを受け、政府は22日にも正式決定する。国際戦略総合特区には全国から応募のあった11件のうち7件が最終選考に残り、HFCを含めた数件が認定される。大学・研究機関が集まる札幌・江別、畑作や酪農の一大拠点である帯広・十勝、水産物の加工研究が進む函館??。HFCは特色のある道内3地域が連携して相乗効果を生み出し、長年の課題である道内食産業の高付加価値化に取り組む。食産業の研究開発や輸出の拠点づくりを推し進め、拡大傾向にある東アジア市場の開拓に乗り出す。
 
 
東アジアの食品市場は2016年には175兆円に倍増する見通し。HFCは農水産物の生産から市場調査、製造、流通、輸出までのバリューチェーン(付加価値の連鎖)を構築。海外販路を拡大することで16年度までの5年間で、累計1300億円の売り上げ増加を目指す。
 
 
食材をそのまま輸出するのではなく、健康食品など付加価値の高い製品に加工することで、国際競争力を強めていく。HFCでは新商品の開発を後押しする「食品試作・実証プラットフォーム」の設立を計画するほか、輸出支援のネットワーク化も進める。特区申請では規制緩和などで約50件の特例措置を要望した。研究開発で海外からも優秀な人材を確保するため、外国人研究者の永住許可などの緩和を求めた。手続きなどが煩雑な機能性食品の表示制度の緩和にも取り組む。<参考:日経速報ニュースより>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  2. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  3. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  4. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  5. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  6. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  7. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  8. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  9. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  10. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
  2. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
  3. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
  4. スペインでも店舗併設型植物工場タイプのレストランがオープン
     スペインのバレンシアにてオープンしたレストラン「vuelve carolina」では、料理の素晴ら…
ページ上部へ戻る