北海道フード・コンプレックスが総合特区に認定予定。強い農業づくり/食産業の高付加価値ビジネスを展開

規制緩和などで地域の競争力を高める国の国際戦略総合特区を巡り、道や北海道経済連合会などが提案していた「北海道フード・コンプレックス」(HFC)が12月22日にも認定を受ける予定。環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加を機に「強い農業づくり」が全国的な課題となるなか、食産業の付加価値を高めることで成長著しい東アジア市場の開拓を目指す内容が評価された。
 

<図:北海道経済連合会ウェブサイトより>

 
副大臣クラスで構成する特区のワーキンググループが19日開かれ、最終選考に残ったHFCの認定に異論は出なかった。これを受け、政府は22日にも正式決定する。国際戦略総合特区には全国から応募のあった11件のうち7件が最終選考に残り、HFCを含めた数件が認定される。大学・研究機関が集まる札幌・江別、畑作や酪農の一大拠点である帯広・十勝、水産物の加工研究が進む函館??。HFCは特色のある道内3地域が連携して相乗効果を生み出し、長年の課題である道内食産業の高付加価値化に取り組む。食産業の研究開発や輸出の拠点づくりを推し進め、拡大傾向にある東アジア市場の開拓に乗り出す。
 
 
東アジアの食品市場は2016年には175兆円に倍増する見通し。HFCは農水産物の生産から市場調査、製造、流通、輸出までのバリューチェーン(付加価値の連鎖)を構築。海外販路を拡大することで16年度までの5年間で、累計1300億円の売り上げ増加を目指す。
 
 
食材をそのまま輸出するのではなく、健康食品など付加価値の高い製品に加工することで、国際競争力を強めていく。HFCでは新商品の開発を後押しする「食品試作・実証プラットフォーム」の設立を計画するほか、輸出支援のネットワーク化も進める。特区申請では規制緩和などで約50件の特例措置を要望した。研究開発で海外からも優秀な人材を確保するため、外国人研究者の永住許可などの緩和を求めた。手続きなどが煩雑な機能性食品の表示制度の緩和にも取り組む。<参考:日経速報ニュースより>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  2. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  3. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  4. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  5. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  6. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  7. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  8. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  9. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  10. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. NYのジョンFケネディ空港にて、新たな都市型農業PJがスタート
     学校(Farm to School)やレストラン、消費者(Farm to Table)といった地産…
  2. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  3. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
  4. いすゞ自動車、ミドリムシの開発ベンチャーのユーグレナ社と次世代バイオディーゼルの実用化へ
    いすゞ自動車は2014年6月25日、ミドリムシ(微細藻類ユーグレナ)を用いた製品を展開するバイオベン…
ページ上部へ戻る