コンビニ向け弁当を製造する「わらべや日洋」が農業法人を設立。高品質なホウレン草を中心に最新の生産技術を導入しながら大規模生産を計画

コンビニエンスストア向け弁当を製造する「わらべや日洋」は子会社である(株)日洋とともに、2011年3月1日付で新会社「フレボファーム」という農業法人を設立し、高品質タイプのほうれん草の生産などを行っていく。国内外で食の品質・安全に対する関心が高まっており、新会社を「農産事業の拡大に向けた基盤」として位置づける。
 
 
新会社は、わらべや日洋を中核とするフレボグループのグループ会社で、食材の調達を行う日洋が60%、わらべや日洋が30%を出資。このほかグループ外の2企業も出資する。わらべや日洋は、福島県石川町に20棟のハウスを所有。昨年6月から、ビタミンやミネラルの含有量が多く、味に「えぐみ」が少ないといった特性を持つ、高品質のほうれん草を、地元の農業生産法人で委託生産している<写真:フジサンケイビジネスアイより>。
 

 
新会社はこの事業を受け継ぐとともに、ニンジンやタマネギなど対象品目も拡大する。産地も群馬、茨城、岩手などに広げて石川町と同様の契約を地元農家との間で交わす。また、昨夏は猛暑が農産物の生産価格に大きな影響を及ぼしたが、新会社の設立を機に最新の生産技術を駆使する。「天候リスクをできるだけ回避して、一定価格に近づけていけるような態勢を構築していく」と意気込む。以下、プレスリリースを掲載しておく。
 

1.農業法人設立の目的
当社は、昨年6月より高品質のホウレンソウ生産事業を開始しており、福島県石川町においてハウス20棟を有し、地元農業生産法人への生産委託による通年生産を行っています。ホウレンソウ生産等、当社グループ内の農産事業を農業法人に集約・効率化し、今後の農産事業拡大の基盤とすべく、この度株式会社日洋とともに農業法人を設立することを決定しました。
 
2.農業法人の概要(予定)
(1)商号 株式会社フレボファーム
(2)本社所在地 東京都新宿区市谷本村町1番1号
(3)代表者 平田啓一
(4)事業内容 農産物の生産・加工・流通および販売
(5)資本金 50百万円
(6)設立年月日 2011年3月1日
(7)出資構成 株式会社日洋 60%
わらべや日洋株式会社 30%
有限会社御光福園芸 5%
株式会社栗原商店 5%
 
3.業績および業績見通しに与える影響
本件にともなう今期および来期の当社連結業績への影響は軽微です。

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  2. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  3. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  4. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  5. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  6. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  7. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  8. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  9. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  10. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
  2. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
  3. タキイ種苗、トマト黄化葉巻病耐病性の大玉トマト「桃太郎ピース」を発売
     タキイ種苗株式会社は、2014年の新品種として食味と秀品性にすぐれ、夏場のハウス栽培にて急速に発生…
  4. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
ページ上部へ戻る