永塚製作所、新たな家庭用農具ブランド「フィールドグッド」を設立。第1段は園芸スコップ・軍手を販売

 新潟県三条市に拠点を置く、金属雑貨製造の永塚製作所は、新たな家庭用農具ブランド「FIELD GOOD(フィールドグッド)」を立ち上げた。都市部住民やシニア層をターゲットに設定し、高級感やデザイン性、使い勝手の良さを追求した。第1弾として、園芸用スコップ3シリーズ9色を発売する。
庭やテラスでの家庭菜園の他、犬の散歩や子供の砂場遊びなど、さまざまなシチュエーションで楽しむことができる。
永塚製作所、新たな家庭用農具ブランド「フィールドグッド」を設立。第1段は園芸スコップ・軍手を販売永塚製作所、新たな家庭用農具ブランド「フィールドグッド」を設立。第1段は園芸スコップ・軍手を販売

「FIELD GOOD」を生み出した永塚製作所の工場は、燕三条地域にある。燕三条地域は緩やかに連なる弥彦山脈と、名峰・守門岳などの山々に囲まれ、中央には日本一長い信濃川が流れている。製作には、産業観光イベント「燕三条 工場の祭典」に関わっている長岡造形大の卒業生によるデザイン会社「スプレッド」(東京)とショッププロデュースなどを手掛ける「メソッド」(東京)が協力した。

スコップは、「土の中の鉱物」「大地に実る彩り」「木の上の花びら」の3通りのテーマ性を持たせ、金や銀、緑、茶、ピンクなどそれぞれ3色ずつ計9色を用意した。花びらのシリーズは、高齢者でも作業しやすいようアルミ製で45グラムに抑え、ほかはスチール製となっている。販売価格は900円~2500円。

公式ページ: http://field-good.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  2. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  3. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  4. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  5. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  6. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  7. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  8. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  9. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  10. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
  2. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
  3. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
  4. 米国ワシントンDCでも都市型農業法案による支援も。屋上ファームや水耕栽培など幅広い生産方式が出現
     米国のワシントンDCエリアも都市型農業が盛んな地域の一つである。現地のファーマーズ・マーケットでは…
ページ上部へ戻る