Amazon、多治見フルフィルメントセンターでヤギによる「エコ除草」を実施

 Amazonでは5月31日より、岐阜県にあるアマゾン多治見フルフィルメントセンター(多治見FC)で、農業生産法人有限会社 F R U S I C(フルージック)の協力のもと、同社が飼育するヤギ達が敷地内の草の一部を食べる「エコ除草」を実施する。
Amazon、多治見フルフィルメントセンターでヤギによる「エコ除草」を実施
Amazonでは、この取り組みを2013年から多治見FCで導入し、今年で4回目の実施となります。今回は去年生まれたばかりの3頭の新人子ヤギ(ガクト君・ダイゴ君・ニコちゃん)が、“エコ除草隊”に仲間入り。

約30~40頭のヤギ達がAmazonの社員証を着用しながら、施設に茂る雑草をむしゃむしゃと食み、敷地内の一部約3,750㎡を除草します。今回の「エコ除草」は、5月末から11月まで毎週火曜日9時〜15時に行う予定です。

本取り組みは社員の働きやすい環境づくりの一環でもあり、自然環境に配慮した施設の整備と同時に、社員に「癒し」を提供することも目的としています。Amazonでは、今後も環境に配慮した活動を推進する予定です。また、より利便性の高いサービスの向上に尽力していくため、Amazonの社員が働きやすい環境づくりに取り組んでまいります。