ワンダーファーム、六次産業モデルのレストラン・直売所がオープン。トマト植物工場との連携も

 (株)ワンダーファームは平成26年度より建設を進めていた『ワンダーファーム』施設の一部が完成し、2月24日より完成した直売所『森のマルシェ』と、レストラン『森のキッチン』の両施設をオープンする。
ワンダーファーム、六次産業モデルのレストラン・直売所がオープン。トマト植物工場との連携も
同社は(有)とまとランドいわき、東北エア・ウォーター(株)、「ふくしま地域産業6次化復興ファンド」からの出資、また福島県内の6つの金融機関からの融資を受け、昨年度よりワンダーファーム施設の建設を進めてきた。

 同施設は地域の農産物を中心に販売する直売所『森のマルシェ』(409m2)、地域食材を調理し提供するビュッフェスタイルのレストラン『森のキッチン』(616m2/136席)、トマト等農産物の加工を行う農産加工施設『森のあぐり工房』(647m2)を配置しています。

また、(有)とまとランドいわき、(株)JR とまとランドいわきファームが運営するトマト栽培ハウス・太陽光利用型植物工場(施設面積1.7ha / 年間生産量600t)と相互連携を図りながら、農産物の生産・加工・販売を一貫して行うことで、地産地消・6次産業化の推進と、農業をベースとした観光・体験機能の活用による地域の魅力度向上及びいわき市への観光交流人口の拡大を図って参ります。