ファームシップ、株式会社晃商と包括業務提携。実証実験用植物工場「名張シティファーム」が竣工

 植物工場事業を行う株式会社ファームシップは、焼肉レストラン「天壇」や温泉施設、パチンコ店を経営する株式会社晃商と、植物工場事業を通じて地元雇用や特産品づくりに貢献することを目指し、生産から販売までの包括的な業務提携契約を締結した。

晃商は植物工場事業に参入することを決定し、同社クラウド型植物工場運営管理プラットフォームシステム「FARMPORT®」を導入した実証実験用植物工場「名張シティファーム」の建設を、同社の温泉施設「名張の湯」(三重県名張市)の隣接地に計画し、今年7月に竣工いたしました。

名張シティファームでは、ファームシップの総合的な支援のもとで、植物工場事業の採算性の調査、栽培品目の拡充や植物にとって最適な光環境を実現するためのLED照射試験など、植物工場事業の採算性を大きく改善させるための様々な実証実験を行っています。
現在は、サニーレタスとフリルレタス、サンチュの3種類を主に生産しており、収穫された野菜は、同施設の隣の「とれたて名張交流館」で試験販売をしています。
ファームシップ、株式会社晃商と包括業務提携。実証実験用植物工場「名張シティファーム」が竣工

■株式会社ファームシップについて
2014年3月設立。代表取締役 北島正裕・安田瑞希。スタッフ数15名。植物工場事業、農産物流通事業、農業データサイエンス事業を日本国内外で展開しております。植物工場事業では、生産現場支援、管理者・作業者人材育成支援、販売支援など植物工場の収益化のための総合ソリューションを提供しております。

■株式会社晃商について
1970年10月設立。代表取締役社長 新井義淳。地域の方々との「縁」と「絆」を礎とし、「スーパードーム」をメインブランドとするパチンコ事業、「焼肉の名門 天壇」をブランドとするレストラン事業、温浴事業の3事業を全国に展開しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  2. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  3. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  4. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  5. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  6. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  7. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  8. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  9. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  10. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
  2. 1日1万株の国内最大級の植物工場 「柏の葉スマートシティ」にて本格稼働
     株式会社みらいと三井不動産株式会社は「柏の葉スマートシティ」において国内最大級の植物工場「柏の葉 …
  3. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  4. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
ページ上部へ戻る