サカタのタネなど、自宅で手軽にできる水耕・植物工場キットを全国書店にて販売

 サカタのタネ、水耕栽培メーカーの協和株式会社、株式会社主婦の友社は、園芸や野菜作りをまったくやったことがない人でもすぐに水耕栽培がスタートできるキット『カンタン!水耕栽培キット』を開発し、2015年9月2日から全国の書店で発売する。

同商品は専用容器、野菜の種子、液体肥料など水耕栽培に必要な道具がセットになっている点が特徴。コンセプトは「いつでも誰でもすぐ始められる!自宅で手軽に植物工場」。土がなくても始められ、ベランダや明るい窓辺などでほぼ1年中栽培でき、手や爪が汚れず、衛生的で管理しやすい水耕栽培が身近になります。園芸未経験者層を取り込むことで、市場の活性化を狙う。

サカタのタネなど、自宅で手軽にできる水耕・植物工場キットを全国書店にて販売

 開発にあたっては3社がそれぞれの強みを生かしました。水耕栽培容器のパイオニアでプロ用から一般用まで幅広く手がける協和株式会社が専用容器を開発したほか、種子は栽培期間が20~30日程度と短く、初心者でも成功しやすい当社の「スピーディベジタブル」シリーズの「ベビーサラダミックス」が使われています。

栽培の手引きは主婦の友社が分かりやすくまとめたほか、通常は園芸関連商品を扱わない書店での販売ルートで展開することで、園芸に興味はあっても園芸売場には足を運ばなかった層にアピールしていきます。

 栽培容器は縦25cm、横17.7cm、高さ5cm。栽培用の穴が5個、給水用のペットボトルを設置する穴が1つ開いています。水と適量の水耕栽培専用の液体肥料(「ハイポニカ」)が入ったペットボトルで自動給水します。栽培品目はリーフレタスやコマツナ、ミズナ、ハーブ類などの葉菜が特に向いています。簡易的な支柱が設置できるため、収穫少量ですが矮性タイプのミニトマトの栽培も可能です。同商品はB5変形判(260mm×188mm×58.5mm)で予定価格は1,600円。2015年9月2日から全国の書店で発売します。

■「カンタン!水耕栽培キット」のポイント
[1]水とペットボトルを用意すればすぐに始められる手軽さ
[2]リーフレタス系ならタネまきから30日程度で収穫できる(季節や栽培条件により変わります)
[3]庭がなくても日当たりのよいベランダや窓辺などでほぼ1年中、野菜が育てられる
[4]園芸ジャンルではめづらしい書店で買える栽培実践キット
[5]土と容器がセットになった商品は多いが、水耕栽培キットはまだほとんどない(当社調べ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  2. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  3. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  4. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  5. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  6. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  7. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  8. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  9. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  10. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
  2. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
  3. 三菱樹脂、中国・無錫市に太陽光利用型植物工場の販売拠点を設立
     三菱樹脂株式会社の子会社で、太陽光利用型植物工場を展開する三菱樹脂アグリドリーム株式会社は、中国・…
  4. いすゞ自動車、ミドリムシの開発ベンチャーのユーグレナ社と次世代バイオディーゼルの実用化へ
    いすゞ自動車は2014年6月25日、ミドリムシ(微細藻類ユーグレナ)を用いた製品を展開するバイオベン…
ページ上部へ戻る