サカタのタネなど、自宅で手軽にできる水耕・植物工場キットを全国書店にて販売

 サカタのタネ、水耕栽培メーカーの協和株式会社、株式会社主婦の友社は、園芸や野菜作りをまったくやったことがない人でもすぐに水耕栽培がスタートできるキット『カンタン!水耕栽培キット』を開発し、2015年9月2日から全国の書店で発売する。

同商品は専用容器、野菜の種子、液体肥料など水耕栽培に必要な道具がセットになっている点が特徴。コンセプトは「いつでも誰でもすぐ始められる!自宅で手軽に植物工場」。土がなくても始められ、ベランダや明るい窓辺などでほぼ1年中栽培でき、手や爪が汚れず、衛生的で管理しやすい水耕栽培が身近になります。園芸未経験者層を取り込むことで、市場の活性化を狙う。

サカタのタネなど、自宅で手軽にできる水耕・植物工場キットを全国書店にて販売

 開発にあたっては3社がそれぞれの強みを生かしました。水耕栽培容器のパイオニアでプロ用から一般用まで幅広く手がける協和株式会社が専用容器を開発したほか、種子は栽培期間が20~30日程度と短く、初心者でも成功しやすい当社の「スピーディベジタブル」シリーズの「ベビーサラダミックス」が使われています。

栽培の手引きは主婦の友社が分かりやすくまとめたほか、通常は園芸関連商品を扱わない書店での販売ルートで展開することで、園芸に興味はあっても園芸売場には足を運ばなかった層にアピールしていきます。

 栽培容器は縦25cm、横17.7cm、高さ5cm。栽培用の穴が5個、給水用のペットボトルを設置する穴が1つ開いています。水と適量の水耕栽培専用の液体肥料(「ハイポニカ」)が入ったペットボトルで自動給水します。栽培品目はリーフレタスやコマツナ、ミズナ、ハーブ類などの葉菜が特に向いています。簡易的な支柱が設置できるため、収穫少量ですが矮性タイプのミニトマトの栽培も可能です。同商品はB5変形判(260mm×188mm×58.5mm)で予定価格は1,600円。2015年9月2日から全国の書店で発売します。

■「カンタン!水耕栽培キット」のポイント
[1]水とペットボトルを用意すればすぐに始められる手軽さ
[2]リーフレタス系ならタネまきから30日程度で収穫できる(季節や栽培条件により変わります)
[3]庭がなくても日当たりのよいベランダや窓辺などでほぼ1年中、野菜が育てられる
[4]園芸ジャンルではめづらしい書店で買える栽培実践キット
[5]土と容器がセットになった商品は多いが、水耕栽培キットはまだほとんどない(当社調べ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  2. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  3. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  4. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  5. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  6. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  7. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  8. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  9. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  10. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
  2. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
  3. サカタのタネ・住友化学園芸など、レタスや薬味の栽培用キットを全国ファミマ店舗にて販売
     サカタのタネ、ファミリーマート、住友化学園芸の3社は、野菜や草花などガーデニング分野におけるオリジ…
  4. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
ページ上部へ戻る