フィリップス、欧州特許庁で第2位の特許出願人に

植物工場IT活用事例セミナー

 オランダに本社を置くロイヤル フィリップスは2月26日、同社の欧州特許庁(EPO)への特許出願数が世界第2位を記録したことを発表した。出願数は2013年度よりも26%多い2,317件の特許出願となっている。ランキングでは、第1位のサムスン(韓国)、第3位のシーメンス(独)、第4位のLG(韓国)、第5位のファーウェイ(中国)となっている。

同社では、フィリップス・エレクトロニクス・ジャパンが国内における植物工場や施設園芸向けのLED光源の販売を行っている。

 同社はオランダの特許出願人の中では群を抜いており,9%を上回るオランダの出願数の大幅な伸びに貢献している。このためオランダは、住民100万人あたりの欧州特許庁(EPO)特許出願数では第3位となっている。

同社ではさらに、欧州特許庁における10の主要技術分野のうちの2分野(医療技術、電気機械・器具・エネルギー)で出願数第1位となっている。
同社の知的財産・システム標準部門は、各事業に対して高度のIPソリューションを提供しており、その構成数は、特許権71,000件、商標権47,000件、意匠権92,000件、ドメイン名4,900件となっている。