八代目儀兵衛が日本米を世界に発信するサイトを開設、成田空港にはアンテナショップをオープン

 お米のトータルプロデュース事業を展開する京都の老舗米屋株式会社八代目儀兵衛が、「お米を中心とした和食」を世界へ発信すべく、新ブランド【gihey.com】を立ち上げ、成田国際空港第1ターミナルに体験型アンテナショップ「gihey」を11月17日オープンする。
okome167415
 八代目儀兵衛は、創業から10年「お米の価値観を変える」を事業コンセプトに掲げ、お米のギフトの販売やお米専門の飲食店展開など、様々なタッチポイントでお客様にお米の価値観が変わる体験を提供し続けてきた。成田国際空港の出店と同時に、新ブランド【gihey.com】を立ち上げ、世界中のひとりでも多くの方々に、日本のお米の美味しさを発信していく。【gihey.com】では3つの取り組みを軸とする。

【1】日本最高峰のお米「FIRST CLASS RICE」をプロデュース
 日本のお米を世界へ発信するため、日本最高峰のお米として「FIRST CLASS RICE」という新しいカテゴリーを立ち上げる。独自のブレディング技術で仕上げた究極のオリジナルブレンド米「翁霞(おきなかすみ)」や、日本全国の産地から「日本の美味しいお米」を広く公募し、日本最高峰のお米「FIRST CLASS RICE」として提供する。

【2】日本の良きモノを「gihey premium」としてリプロデュース
 「お米」を中心とした和食に欠かせない食品や日本の洗練された食器を、今の時代や生活様式に合わせてリプロデュースし、「gihey」店頭やインターネット通販で販売する。第1弾の商品展開として、「お出汁」と「お茶」をティーバッグタイプの缶入りの食品と「お茶碗」「土鍋炊飯釜」の食器、調理器具を販売。

【3】インバウンド観光客にも対応したお取り寄せサービス「gihey RICE ORDER」
 「gihey」成田国際空港店では、渡航前や日本滞在中でもインターネットからお取り置きができる成田国際空港ならではの新しいお米販売のサービスを2017年3月より開始する。

 体験型アンテナショップとしてオープンする「gihey」は、「土鍋の炊き立てご飯」を中心とした和食を提供する。成田国際空港という日本の玄関口の立地を活かし、国内外の方に向けてお米の美味しさを体感していもらう狙いがある。また、店舗はユニバーサルデザインで、和の空間を再現した。

■「gihey」店舗情報
【住所】〒282-0011
千葉県成田市三里塚字御料牧場1番地1成田国際空港 第一旅客ターミナルビル 中央ビル新館4階 NC416
【電話】0476-32-8188
【営業時間】8:00~20:00(L.O.)
【定休日】年中無休 ※ビルの定休日に準じて変更あり
【アクセス】京成・JR成田空港駅下車。第1旅客ターミナル4階へ徒歩5分
【HP】http://gihey.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  2. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  3. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  4. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  5. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  6. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  7. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  8. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  9. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  10. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
  2. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     福島県・南相馬市の農業法人「南相馬復興アグリ株式会社」は2月9日、太陽利用型植物工場を建設し、トマ…
  3. 1日1万株の国内最大級の植物工場 「柏の葉スマートシティ」にて本格稼働
     株式会社みらいと三井不動産株式会社は「柏の葉スマートシティ」において国内最大級の植物工場「柏の葉 …
  4. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
ページ上部へ戻る