増田採種場「マスダのケール」ブランドページを開設。健康志向をターゲットにケール需要拡大へ

株式会社増田採種場が、国内マーケットの成長が期待される「ケール」をより消費者に分かりやすく、魅力的に伝えるため「マスダのケール ブランドページ」を公開した。
増田採種場がマスダのケールのブランドページを公開
 増田採種場は、20年前からアブラナ科の野菜として栄養価の高い「ケール」の品種研究に取り組み、ジュース向けのジューシーグリーンやサラダなど生食できる柔らかなサラダケールを商品化。ピューレタイプや粉末タイプの青汁商品とともに、商品展開を進めてきました。

 国内でサラダケールの認知・需要拡大を目的に量販店様やカット・惣菜メーカーといった販売店舗の充実と、株式会社イートウォークの新健康層向けレストラン「Mr.FARMER」ほか、コールドプレスジュースやスムージーといったライフスタイルをリードする飲食店への展開、パッケージサラダを製造販売する株式会社サラダクラブの「ケールサラダ」などの商品採用の促進に努めてまいりました。

 その結果、高感度な消費者へ向けた国内マーケット形成が可能な時機と判断し、「ケールのブランディング」を推進することといたしました。

 その一環として、販売店、消費者、メディア関係者とイメージ共有をはかる新しいケールのスタイルを提案した「マスダのケール ブランドページ」を製作しました。ケールをもっと身近に感じて頂き、毎日の食生活の中に取りいれていただける野菜になってほしいという想いを持って、関係する企業皆様との連携を高め、健康や安全を求める消費者皆様に向けた付加価値の高いマーケット形成を、共に邁進させていただきたいと存じます。

 欧米のブームや食文化への関心の高い層は、ケールという名前を知っているが、食べた経験が少ない現状を受け、安全・安心・国産の「マスダのケール」のあるライフスタイルを提案します。おいしく、健康に楽しめる、あたらしいケールに出会うページです。

 ページ内では、増田採種場が開発した、苦味のない、おいしいケールを紹介。そして、これまでのケールでは難しかった、そのままサラダにして、生で食べるおいしさを、料理研究家の福田淳子氏のレシピでも紹介している。ケールのトレンドを掲載更新するなど、継続的な拡がりができるページになっている。

 ページで紹介していない、その他のレシピに関しては、iPhone、iPadアプリ「料理家やシェフが投稿するプロの料理レシピ集」レシピブックと連携し、無料で限定公開。また、レシピブックのyoutubeチャンネルの中で、ケールの料理レシピ動画も、無料で配信する。

URL : http://masudakale.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  2. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  3. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  4. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  5. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  6. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  7. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  8. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  9. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  10. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1) 台湾では植物工場ブーム?! 国内に60ヶ所以上…
  2. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
  3. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
  4. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
ページ上部へ戻る