増田採種場「マスダのケール」ブランドページを開設。健康志向をターゲットにケール需要拡大へ

株式会社増田採種場が、国内マーケットの成長が期待される「ケール」をより消費者に分かりやすく、魅力的に伝えるため「マスダのケール ブランドページ」を公開した。
増田採種場がマスダのケールのブランドページを公開
 増田採種場は、20年前からアブラナ科の野菜として栄養価の高い「ケール」の品種研究に取り組み、ジュース向けのジューシーグリーンやサラダなど生食できる柔らかなサラダケールを商品化。ピューレタイプや粉末タイプの青汁商品とともに、商品展開を進めてきました。

 国内でサラダケールの認知・需要拡大を目的に量販店様やカット・惣菜メーカーといった販売店舗の充実と、株式会社イートウォークの新健康層向けレストラン「Mr.FARMER」ほか、コールドプレスジュースやスムージーといったライフスタイルをリードする飲食店への展開、パッケージサラダを製造販売する株式会社サラダクラブの「ケールサラダ」などの商品採用の促進に努めてまいりました。

 その結果、高感度な消費者へ向けた国内マーケット形成が可能な時機と判断し、「ケールのブランディング」を推進することといたしました。

 その一環として、販売店、消費者、メディア関係者とイメージ共有をはかる新しいケールのスタイルを提案した「マスダのケール ブランドページ」を製作しました。ケールをもっと身近に感じて頂き、毎日の食生活の中に取りいれていただける野菜になってほしいという想いを持って、関係する企業皆様との連携を高め、健康や安全を求める消費者皆様に向けた付加価値の高いマーケット形成を、共に邁進させていただきたいと存じます。

 欧米のブームや食文化への関心の高い層は、ケールという名前を知っているが、食べた経験が少ない現状を受け、安全・安心・国産の「マスダのケール」のあるライフスタイルを提案します。おいしく、健康に楽しめる、あたらしいケールに出会うページです。

 ページ内では、増田採種場が開発した、苦味のない、おいしいケールを紹介。そして、これまでのケールでは難しかった、そのままサラダにして、生で食べるおいしさを、料理研究家の福田淳子氏のレシピでも紹介している。ケールのトレンドを掲載更新するなど、継続的な拡がりができるページになっている。

 ページで紹介していない、その他のレシピに関しては、iPhone、iPadアプリ「料理家やシェフが投稿するプロの料理レシピ集」レシピブックと連携し、無料で限定公開。また、レシピブックのyoutubeチャンネルの中で、ケールの料理レシピ動画も、無料で配信する。

URL : http://masudakale.com