JA全農とファミマ、直売所を併設した大型コンビニエンスストアを愛媛に開店

 JA全農とファミリーマートは、JA全農えひめが運営する大型農産物直売所とファミリーマートとの初めての一体型店舗「ファミリーマート・全農ふれっしゅ広場」を2016年4月29日に開店する。コンビニならではの利便性と、直売所ならではの農畜産物など地域に密着した幅広い商品を品揃えした新たな店舗として出店する。
JA全農とファミマ、直売所を併設した大型コンビニエンスストアを愛媛に開店
■農産物直売所の特徴を活かし、対面式の精肉コーナーなどを設けた店舗
新店舗では、通常のコンビニエンスストアの商品やサービスの提供はもちろんのこと、農産物の豊富な品揃えを提供するため、売場面積は通常のコンビニエンスストアの約3.5倍となる約160坪にいたしました。

商品の品揃えにおいては、地元の生産者が育てた新鮮な野菜や果物、精肉、鮮魚に加え、切花や鉢植の園芸品などを販売するほか、地元産米をその場で精米する精米コーナーを設置しています。

また、JA全農えひめとグループ会社の農畜産物・商品を販売する地産地消の推進拠点として、品揃えを充実します。特に、対面式で精肉を販売する「全農のお肉屋さん」は、愛媛県産ブランド肉の伊予牛「絹の味」と「ふれ愛・媛ポーク」「愛媛あかね和牛」などの直売・情報発信拠点として位置づけ、各種イベント等も開催しながら愛媛のブランド肉をアピールしていきます。

店内には木目調の内壁やカウンターを採用するとともに、陳列商品がすぐにわかるように各ゴンドラにはコーナー名を表記し、28席のイートインコーナーも設置することで、快適にお買い物いただける空間の環境づくりを行っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  2. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  3. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  4. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  5. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  6. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  7. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  8. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  9. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  10. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
  2. 山形包徳、植物工場による低硝酸・低カリウムレタスが透析患者用として院内給食に採用
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社山形包徳では、同社の福祉事業部が運営する障がい者主体の低カリ…
  3. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
  4. 韓国LGグループによる植物工場・アグリビジネス参入。生産者による反対・LG製品のボイコット運動まで発展
     ビッグデータの解析、製造工場の自動化・知能化などを進める韓国LGグループのLG CNS社は、約35…
ページ上部へ戻る