100年以上、野菜と向き合ってきたカゴメがつくる「ベジタブルキュレーションサイト」をオープン

 カゴメ株式会社はベジタブルキュレーションサイト「VEGE DAY ~毎日の生活を、野菜でたのしく。~」を1月31日にオープンした。厚生労働省が毎年発表している「国民健康・栄養調査」(平成22年~26年)によると、成人1日の平均野菜摂取量は目標の350gを下回っており、日本人の野菜不足が問題視されています。

ベジタブルキュレーションサイト「VEGE DAY ~毎日の生活を、野菜でたのしく。~」
http://www.kagome.co.jp/vegeday/
100年以上、野菜と向き合ってきたカゴメがつくる「ベジタブルキュレーションサイト」をオープン
118年前にトマトの栽培から始まり、以来野菜加工食品に携わってきた「野菜の会社」であるカゴメは、日本人の野菜不足を解消し、健康長寿の延伸に貢献することを使命として考え、より身近に野菜を感じてもらうべく、今回、野菜関連情報を発信するベジタブルキュレーションサイトをオープンすることにいたしました。

本サイトは野菜の育て方、選び方・保存方法、食べ方・料理方法、健康効果という4つのテーマに分類し、コンテンツを発信します。

自社研究部門を持つカゴメでは、日々約140名の研究員が野菜の品種、味覚、成分についての研究および商品開発を進めており、本サイトの記事は、そんなカゴメ社内の数々の研究成果をはじめ、自社基準により選定した外部文献・研究結果、専門家への取材を元に制作します。
さらに記事のチェック体制では、全ての広告制作物と同様の厳格な管理を社内品質保証部門にて行い、正確な情報を分かり易くお届けいたします。

■コンテンツ分類について
100年以上、野菜と向き合ってきたカゴメがつくる「ベジタブルキュレーションサイト」をオープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  2. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  3. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  4. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  5. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  6. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  7. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  8. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  9. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  10. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国にて普及が進む教育向けの植物工場キット。都会の学校にて総合的な教育プログラムを提供
     米国オハイオ州のグランドビュー・ハイツ市の公立学区では教育向けの小型植物工場9台を導入した。導入し…
  2. 富士通など、フィンランドに完全人工光型植物工場を活用する農作物の生産・販売を行う新会社を設立
     富士通株式会社と株式会社富士通九州システムズ(FJQS)は、Robbe's Little Gard…
  3. JFEエンジニアリングなど、オランダ式の太陽光利用型植物工場にてトマト・ベビーリーフの生産へ
     プラント設計・施工大手のJFEエンジニアリングが北海道・苫小牧市の苫小牧東部工業基地(苫東)で建設…
  4. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
ページ上部へ戻る