沖縄の大宜味村による企業支援賃貸工場へ総合建設コンサルタント業のオオバが進出。独自技術を活用したLED光源による生産施設を建設

沖縄の大宜味村が塩屋湾外の埋め立て地「結の浜」に建設している企業支援賃貸工場に、都市計画などを手掛ける総合建設コンサルタント業の株式会社オオバが進出し、LED光源を活用した植物工場を稼働させることが明らかになった


入居する賃貸工場は床面積1300平方メートル、1日当たりの生産規模は最大2400株(リーフレタス換算)。5月末ごろに完成予定。7月ごろに工場として稼働し、野菜は県内のスーパー、コンビニなどへ出荷される見通し。同社はパートや派遣などを含めて最大20人を雇用する計画だ。


同社はこれまでに、循環型の環境システム構築を目指し、水で薄めた泡盛の酒かすを土地に散布するなどした赤土流出防止方法の開発を県内で進めてきた。この技術で土壌が改良できることから野菜栽培に応用し、同社では初めての野菜工場を手掛ける。


野菜工場では、LED照明が付いた棚に「ガター」という長いおけ型の容器を並べ、容器内の小分けされた鉢でレタスやハンダマ、ルッコラなどの野菜を栽培し、県内の需要に合わせ安定供給する計画という。工場にはミネラルを豊富に含んだ大宜味村の湧き水が引き込まれ、安価で利用できる。大場社長は「安全な大宜味の水を使う。おいしい、大宜味産の野菜を世に出していきたい」と語った。


同村の賃貸工場はこれまでに、環境配慮型超軽量のペットボトルの形成やミネラルウオーターを製造する「ブルーオーシャンズ」と、水耕栽培を手掛ける村上農園(広島市)と沖縄物産企業連合の2社による新設法人「沖縄村上農園」の入居が決定しており(参考記事)、今回のオオバの進出で全室の入居企業が決まった。<参考:2013.3.15.琉球新報より>