沖縄の大宜味村による企業支援賃貸工場へ総合建設コンサルタント業のオオバが進出。独自技術を活用したLED光源による生産施設を建設

沖縄の大宜味村が塩屋湾外の埋め立て地「結の浜」に建設している企業支援賃貸工場に、都市計画などを手掛ける総合建設コンサルタント業の株式会社オオバが進出し、LED光源を活用した植物工場を稼働させることが明らかになった


入居する賃貸工場は床面積1300平方メートル、1日当たりの生産規模は最大2400株(リーフレタス換算)。5月末ごろに完成予定。7月ごろに工場として稼働し、野菜は県内のスーパー、コンビニなどへ出荷される見通し。同社はパートや派遣などを含めて最大20人を雇用する計画だ。


同社はこれまでに、循環型の環境システム構築を目指し、水で薄めた泡盛の酒かすを土地に散布するなどした赤土流出防止方法の開発を県内で進めてきた。この技術で土壌が改良できることから野菜栽培に応用し、同社では初めての野菜工場を手掛ける。


野菜工場では、LED照明が付いた棚に「ガター」という長いおけ型の容器を並べ、容器内の小分けされた鉢でレタスやハンダマ、ルッコラなどの野菜を栽培し、県内の需要に合わせ安定供給する計画という。工場にはミネラルを豊富に含んだ大宜味村の湧き水が引き込まれ、安価で利用できる。大場社長は「安全な大宜味の水を使う。おいしい、大宜味産の野菜を世に出していきたい」と語った。


同村の賃貸工場はこれまでに、環境配慮型超軽量のペットボトルの形成やミネラルウオーターを製造する「ブルーオーシャンズ」と、水耕栽培を手掛ける村上農園(広島市)と沖縄物産企業連合の2社による新設法人「沖縄村上農園」の入居が決定しており(参考記事)、今回のオオバの進出で全室の入居企業が決まった。<参考:2013.3.15.琉球新報より>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  2. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  3. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
  4. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  5. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  6. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  7. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  8. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  9. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  10. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
  2. NYのジョンFケネディ空港にて、新たな都市型農業PJがスタート
     学校(Farm to School)やレストラン、消費者(Farm to Table)といった地産…
  3. LED植物工場、玉川大学サイテックファームが日産3200株の施設稼働
     西松建設グループと玉川大学は平成24年1月17日に産学連携協定を結び、フルLED光源を採用した完全…
  4. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
ページ上部へ戻る