沖縄の大宜味村による企業支援賃貸工場へ総合建設コンサルタント業のオオバが進出。独自技術を活用したLED光源による生産施設を建設

沖縄の大宜味村が塩屋湾外の埋め立て地「結の浜」に建設している企業支援賃貸工場に、都市計画などを手掛ける総合建設コンサルタント業の株式会社オオバが進出し、LED光源を活用した植物工場を稼働させることが明らかになった


入居する賃貸工場は床面積1300平方メートル、1日当たりの生産規模は最大2400株(リーフレタス換算)。5月末ごろに完成予定。7月ごろに工場として稼働し、野菜は県内のスーパー、コンビニなどへ出荷される見通し。同社はパートや派遣などを含めて最大20人を雇用する計画だ。


同社はこれまでに、循環型の環境システム構築を目指し、水で薄めた泡盛の酒かすを土地に散布するなどした赤土流出防止方法の開発を県内で進めてきた。この技術で土壌が改良できることから野菜栽培に応用し、同社では初めての野菜工場を手掛ける。


野菜工場では、LED照明が付いた棚に「ガター」という長いおけ型の容器を並べ、容器内の小分けされた鉢でレタスやハンダマ、ルッコラなどの野菜を栽培し、県内の需要に合わせ安定供給する計画という。工場にはミネラルを豊富に含んだ大宜味村の湧き水が引き込まれ、安価で利用できる。大場社長は「安全な大宜味の水を使う。おいしい、大宜味産の野菜を世に出していきたい」と語った。


同村の賃貸工場はこれまでに、環境配慮型超軽量のペットボトルの形成やミネラルウオーターを製造する「ブルーオーシャンズ」と、水耕栽培を手掛ける村上農園(広島市)と沖縄物産企業連合の2社による新設法人「沖縄村上農園」の入居が決定しており(参考記事)、今回のオオバの進出で全室の入居企業が決まった。<参考:2013.3.15.琉球新報より>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  2. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  3. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  4. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  5. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  6. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  7. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  8. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  9. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  10. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
  2. 凸版印刷、次世代型農業ビジネスを手がける株式会社福井和郷と資本・業務提携へ
     凸版印刷株式会社は、植物工場をはじめとする次世代型農業ビジネスを手掛ける株式会社福井和郷と2016…
  3. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
    イタリア・ミラノでは「地球に食料を、生命にエネルギーを(Feeding the Planet, En…
  4. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
ページ上部へ戻る