ANAフーズが独占契約する田辺農園バナナ・国内販売開始10周年の記念レセプションを開催

 ANAフーズが販売する「田辺農園バナナ」は、今年6月に国内販売開始10周年を迎え10月27日、ザ ランドマークスクエアトーキョー(品川)にて、記念レセプションを開催した。田辺農園・農園主の田邊正裕氏がエクアドルより来日し、ANAフーズとの出会いや、10年間の歩み、田辺農園バナナのこだわりの農法について講演した。
ANAフーズが独占契約する田辺農園バナナ・国内販売開始10周年の記念レセプションを開催
■田辺農園バナナについて
田辺農園バナナは、世界有数のバナナ輸出国である南米エクアドルの標高約300mで、田邊正裕氏が育てています。田邊氏は、有機質肥料を使った「循環型農法」を採用。同農園のバナナは、オゾン殺菌した水でバナナを洗浄するなど品質を管理し、安全・安心への徹底したこだわりと環境に配慮した栽培方法で、大切に育てられています。味の特徴は独特の甘さやコクに加え、他の産地のバナナにはない酸味が美味しさの秘密です。

ANAグループでは、2005年6月に田辺農園と独占契約を交わし、以来、日本国内に田辺農園バナナをお届けしています。グループの強みを生かして、産地から店頭にお届けするまでの物流を一元化し、生産者の顔が見えるこだわりの商品を供給し続けています。
また、現在開発中の新品種は、従来のバナナに比べて果皮の色が濃く、甘みに特徴があり、既存ブランドの「田辺農園バナナ」のプレミアム商品として2017年の出荷を目指して研究を重ねています。

<田辺農園の特徴>
■有機質肥料を使用
廃棄バナナなど、農園そのものから出る廃棄物を利用して、畑に還す循環型農法を採用

■EM(R)農法による栽培
EMとはEffective Microorganisms(有用微生物群)のことで、酵母菌や乳酸菌などの安全で有用な多種の微生物によって、生きた土から作るバナナ栽培法

■農薬に頼らない栽培方法
除草剤や土壌消毒剤は使用せず、また、農薬の使用に可能な限り頼らない、自然にもやさしい栽培方法

■オゾン殺菌した清潔な水を使用
井戸からくみ上げた水を沈殿させ、活性炭でろ過。さらにオゾン殺菌をした水で、収穫後のバナナを洗浄

<田辺農園の有機質肥料>
1.ミミズ糞堆肥
規格外になったバナナ等をミミズの餌にして堆肥をつくります。通気性・保水性など、土壌の物理性を改善するとともに、土壌改良材としての役割を持ちます。

2.ぼかし肥
「ぼかし」とは、発酵肥料のことで、日本の伝統的肥料として世界に広まっています。規格外のバナナ等を粉砕、発酵させて有益な菌を増殖させ、畑に接種します。

3.鶏糞堆肥
いわゆるNPK(窒素・リン酸・カリウム)の主要栄養素の源です。生糞でなく、発酵させ、その熱で雑菌や不要物などを減少させて堆肥化します。

4.発酵液肥
牛糞をベースに、新鮮な牛乳を混ぜて発酵させた上に、微量要素(カルシウム・マグネシウム・マンガン・ホウ素・亜鉛などのミネラル分)を加えて熟成させます。

【ANAフーズ 会社概要】
ANAフーズはバナナを中心とした輸入青果物・ドライフルーツなどの加工・卸売業、食品ギフトの企画・販売、パリの著名なスイーツブランド「pâtisserie Sadaharu AOKI paris(パティスリー・サダハル・アオキ・パリ)」の日本国内での販売および菓子卸売業、生鮮食材の輸出などを行っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  2. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  3. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  4. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  5. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  6. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  7. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  8. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  9. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  10. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
     弊社では2015年5月より5ヶ月間、イタリア北部はミラノで開催されているミラノ万博へ訪問取材を実施…
  2. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
    2008年7月12日に、植物工場ビジネスに関して(株)フェアリーエンジェル、代表取締役の江本謙次氏を…
  3. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
  4. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
ページ上部へ戻る