ANAフーズが独占契約する田辺農園バナナ・国内販売開始10周年の記念レセプションを開催

 ANAフーズが販売する「田辺農園バナナ」は、今年6月に国内販売開始10周年を迎え10月27日、ザ ランドマークスクエアトーキョー(品川)にて、記念レセプションを開催した。田辺農園・農園主の田邊正裕氏がエクアドルより来日し、ANAフーズとの出会いや、10年間の歩み、田辺農園バナナのこだわりの農法について講演した。
ANAフーズが独占契約する田辺農園バナナ・国内販売開始10周年の記念レセプションを開催
■田辺農園バナナについて
田辺農園バナナは、世界有数のバナナ輸出国である南米エクアドルの標高約300mで、田邊正裕氏が育てています。田邊氏は、有機質肥料を使った「循環型農法」を採用。同農園のバナナは、オゾン殺菌した水でバナナを洗浄するなど品質を管理し、安全・安心への徹底したこだわりと環境に配慮した栽培方法で、大切に育てられています。味の特徴は独特の甘さやコクに加え、他の産地のバナナにはない酸味が美味しさの秘密です。

ANAグループでは、2005年6月に田辺農園と独占契約を交わし、以来、日本国内に田辺農園バナナをお届けしています。グループの強みを生かして、産地から店頭にお届けするまでの物流を一元化し、生産者の顔が見えるこだわりの商品を供給し続けています。
また、現在開発中の新品種は、従来のバナナに比べて果皮の色が濃く、甘みに特徴があり、既存ブランドの「田辺農園バナナ」のプレミアム商品として2017年の出荷を目指して研究を重ねています。

<田辺農園の特徴>
■有機質肥料を使用
廃棄バナナなど、農園そのものから出る廃棄物を利用して、畑に還す循環型農法を採用

■EM(R)農法による栽培
EMとはEffective Microorganisms(有用微生物群)のことで、酵母菌や乳酸菌などの安全で有用な多種の微生物によって、生きた土から作るバナナ栽培法

■農薬に頼らない栽培方法
除草剤や土壌消毒剤は使用せず、また、農薬の使用に可能な限り頼らない、自然にもやさしい栽培方法

■オゾン殺菌した清潔な水を使用
井戸からくみ上げた水を沈殿させ、活性炭でろ過。さらにオゾン殺菌をした水で、収穫後のバナナを洗浄

<田辺農園の有機質肥料>
1.ミミズ糞堆肥
規格外になったバナナ等をミミズの餌にして堆肥をつくります。通気性・保水性など、土壌の物理性を改善するとともに、土壌改良材としての役割を持ちます。

2.ぼかし肥
「ぼかし」とは、発酵肥料のことで、日本の伝統的肥料として世界に広まっています。規格外のバナナ等を粉砕、発酵させて有益な菌を増殖させ、畑に接種します。

3.鶏糞堆肥
いわゆるNPK(窒素・リン酸・カリウム)の主要栄養素の源です。生糞でなく、発酵させ、その熱で雑菌や不要物などを減少させて堆肥化します。

4.発酵液肥
牛糞をベースに、新鮮な牛乳を混ぜて発酵させた上に、微量要素(カルシウム・マグネシウム・マンガン・ホウ素・亜鉛などのミネラル分)を加えて熟成させます。

【ANAフーズ 会社概要】
ANAフーズはバナナを中心とした輸入青果物・ドライフルーツなどの加工・卸売業、食品ギフトの企画・販売、パリの著名なスイーツブランド「pâtisserie Sadaharu AOKI paris(パティスリー・サダハル・アオキ・パリ)」の日本国内での販売および菓子卸売業、生鮮食材の輸出などを行っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  2. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  3. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  4. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  5. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  6. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  7. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  8. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  9. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  10. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 日本マイクロソフトの社員食堂が日本野菜ソムリエ協会認定、植物工場野菜の販売も
     日本マイクロソフト株式会社と、社員食堂「One Microsoft Café」を受託運営しているエ…
  2. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
  3. パナソニックエコ、施設園芸・低コスト型植物工場をターゲットに局所環境制御技術を導入
     パナソニックエコソリューションズ社は、農産物の生産効率向上と生産者負担の軽減を図る「アグリ・エンジ…
  4. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
    イタリア・ミラノでは「地球に食料を、生命にエネルギーを(Feeding the Planet, En…
ページ上部へ戻る