【記事追加:太陽光発電導入・実験用ビニールハウスに電力供給】水耕栽培などの養液を外に排出しない循環型農業システムを開発:東洋バルヴ

バルブ製造の東洋バルヴ(株)は、長野県茅野市にある同工場の敷地内に太陽光発電システムを設置した。同社は水耕栽培など養液栽培用に開発した水処理装置も製造・販売しており、今後、この装置を使ってイチゴやトマトを水耕栽培している実験用ビニールハウスに電力を供給する
 
 
太陽光パネルは、実験用ビニールハウスに隣接する西向きの斜面に設置した。設置面積は245平方メートルで、最大発電能力は40キロワット。電力はハウスのほかに、水処理装置事業を担当する環境事業推進部の事務棟にも供給し、余剰電力を電力会社に売る。既にハウスで使う冷房のコスト削減に効果を発揮しているという。
 
 
水処理装置は「ピュアキレイザー」の商品名で、養液栽培用は2008年に商品化養液中の有害な有機物や菌を除去して循環利用し、肥料や水を節約できる。同社は「東日本大震災で被害を受けた農業分野の復興策として注目されている植物工場と太陽光発電との併用を提案し、水処理装置の販売拡大につなげたい」(環境事業推進部)としている<参考:信濃毎日新聞>
 
 
=====(以下、2010年1月10日の記事)=====

バルブメーカーで、除菌・浄化水処理装置などを開発している東洋バルヴ(株)では、肥料などを含む養液を再利用し、外に排出しない循環型農業システムを開発。再利用の際にも、独自開発した水処理装置「ピュアキレイザー」で、オゾンや紫外線、光触媒を活用して養液中の菌を除去しながら、養液の濃度を一定に保ちながら循環させる
 
 
農協とイチゴ栽培の実証実験をしたところ、養液中の酸素量が増えて生育が早まり、年間の収穫量が3割程度増えることも確認できたという。循環する養液は作物が養分を吸収して濃度が下がるため、養分を追加する装置を取り付けて一定に保つようにしなければならないが、通常のハウス栽培の場合、養液は使用後、全体の3割が川などに排出していると言われており、環境負荷の軽減やコスト削減(肥料を余分に使用しないため)といった、様々なメリットが期待されている。
 

 

 
※ 追記(2010.1.27)
金井隆治常務によると「農業分野など環境事業の売上高は現在、全体の1%程度だが、5年以内に2〜3割まで引き上げる」という。 
※ 日本経済新聞(2010/01/08)、同社HP等を参考に記事を作成
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  2. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  3. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  4. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  5. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  6. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  7. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  8. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  9. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  10. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  2. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
  3. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
  4. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
ページ上部へ戻る