【記事追加:太陽光発電導入・実験用ビニールハウスに電力供給】水耕栽培などの養液を外に排出しない循環型農業システムを開発:東洋バルヴ

バルブ製造の東洋バルヴ(株)は、長野県茅野市にある同工場の敷地内に太陽光発電システムを設置した。同社は水耕栽培など養液栽培用に開発した水処理装置も製造・販売しており、今後、この装置を使ってイチゴやトマトを水耕栽培している実験用ビニールハウスに電力を供給する
 
 
太陽光パネルは、実験用ビニールハウスに隣接する西向きの斜面に設置した。設置面積は245平方メートルで、最大発電能力は40キロワット。電力はハウスのほかに、水処理装置事業を担当する環境事業推進部の事務棟にも供給し、余剰電力を電力会社に売る。既にハウスで使う冷房のコスト削減に効果を発揮しているという。
 
 
水処理装置は「ピュアキレイザー」の商品名で、養液栽培用は2008年に商品化養液中の有害な有機物や菌を除去して循環利用し、肥料や水を節約できる。同社は「東日本大震災で被害を受けた農業分野の復興策として注目されている植物工場と太陽光発電との併用を提案し、水処理装置の販売拡大につなげたい」(環境事業推進部)としている<参考:信濃毎日新聞>
 
 
=====(以下、2010年1月10日の記事)=====

バルブメーカーで、除菌・浄化水処理装置などを開発している東洋バルヴ(株)では、肥料などを含む養液を再利用し、外に排出しない循環型農業システムを開発。再利用の際にも、独自開発した水処理装置「ピュアキレイザー」で、オゾンや紫外線、光触媒を活用して養液中の菌を除去しながら、養液の濃度を一定に保ちながら循環させる
 
 
農協とイチゴ栽培の実証実験をしたところ、養液中の酸素量が増えて生育が早まり、年間の収穫量が3割程度増えることも確認できたという。循環する養液は作物が養分を吸収して濃度が下がるため、養分を追加する装置を取り付けて一定に保つようにしなければならないが、通常のハウス栽培の場合、養液は使用後、全体の3割が川などに排出していると言われており、環境負荷の軽減やコスト削減(肥料を余分に使用しないため)といった、様々なメリットが期待されている。
 

 

 
※ 追記(2010.1.27)
金井隆治常務によると「農業分野など環境事業の売上高は現在、全体の1%程度だが、5年以内に2〜3割まで引き上げる」という。 
※ 日本経済新聞(2010/01/08)、同社HP等を参考に記事を作成
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  2. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  3. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  4. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  5. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  6. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  7. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  8. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  9. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  10. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
  2. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
  3. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
  4. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
ページ上部へ戻る