【記事追加:太陽光発電導入・実験用ビニールハウスに電力供給】水耕栽培などの養液を外に排出しない循環型農業システムを開発:東洋バルヴ

バルブ製造の東洋バルヴ(株)は、長野県茅野市にある同工場の敷地内に太陽光発電システムを設置した。同社は水耕栽培など養液栽培用に開発した水処理装置も製造・販売しており、今後、この装置を使ってイチゴやトマトを水耕栽培している実験用ビニールハウスに電力を供給する
 
 
太陽光パネルは、実験用ビニールハウスに隣接する西向きの斜面に設置した。設置面積は245平方メートルで、最大発電能力は40キロワット。電力はハウスのほかに、水処理装置事業を担当する環境事業推進部の事務棟にも供給し、余剰電力を電力会社に売る。既にハウスで使う冷房のコスト削減に効果を発揮しているという。
 
 
水処理装置は「ピュアキレイザー」の商品名で、養液栽培用は2008年に商品化養液中の有害な有機物や菌を除去して循環利用し、肥料や水を節約できる。同社は「東日本大震災で被害を受けた農業分野の復興策として注目されている植物工場と太陽光発電との併用を提案し、水処理装置の販売拡大につなげたい」(環境事業推進部)としている<参考:信濃毎日新聞>
 
 
=====(以下、2010年1月10日の記事)=====

バルブメーカーで、除菌・浄化水処理装置などを開発している東洋バルヴ(株)では、肥料などを含む養液を再利用し、外に排出しない循環型農業システムを開発。再利用の際にも、独自開発した水処理装置「ピュアキレイザー」で、オゾンや紫外線、光触媒を活用して養液中の菌を除去しながら、養液の濃度を一定に保ちながら循環させる
 
 
農協とイチゴ栽培の実証実験をしたところ、養液中の酸素量が増えて生育が早まり、年間の収穫量が3割程度増えることも確認できたという。循環する養液は作物が養分を吸収して濃度が下がるため、養分を追加する装置を取り付けて一定に保つようにしなければならないが、通常のハウス栽培の場合、養液は使用後、全体の3割が川などに排出していると言われており、環境負荷の軽減やコスト削減(肥料を余分に使用しないため)といった、様々なメリットが期待されている。
 

 

 
※ 追記(2010.1.27)
金井隆治常務によると「農業分野など環境事業の売上高は現在、全体の1%程度だが、5年以内に2〜3割まで引き上げる」という。 
※ 日本経済新聞(2010/01/08)、同社HP等を参考に記事を作成
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  2. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  3. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  4. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  5. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  6. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  7. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  8. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  9. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  10. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
  2. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
     弊社では2015年5月より5ヶ月間、イタリア北部はミラノで開催されているミラノ万博へ訪問取材を実施…
  3. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     山口大学、株式会社MOT総合研究所と三菱化学株式会社は、植物工場全般に係る共同研究開発等に関して包…
  4. 米国の農業ビジネス、トランプ発言への影響。既に数千万円に設備投資を行う経営者も
     1月20日に米国にてトランプ新大統領が誕生するが、今後の具体的な政策方針には農業分野の経営者も注目…
ページ上部へ戻る