【記事追加:太陽光発電導入・実験用ビニールハウスに電力供給】水耕栽培などの養液を外に排出しない循環型農業システムを開発:東洋バルヴ

バルブ製造の東洋バルヴ(株)は、長野県茅野市にある同工場の敷地内に太陽光発電システムを設置した。同社は水耕栽培など養液栽培用に開発した水処理装置も製造・販売しており、今後、この装置を使ってイチゴやトマトを水耕栽培している実験用ビニールハウスに電力を供給する
 
 
太陽光パネルは、実験用ビニールハウスに隣接する西向きの斜面に設置した。設置面積は245平方メートルで、最大発電能力は40キロワット。電力はハウスのほかに、水処理装置事業を担当する環境事業推進部の事務棟にも供給し、余剰電力を電力会社に売る。既にハウスで使う冷房のコスト削減に効果を発揮しているという。
 
 
水処理装置は「ピュアキレイザー」の商品名で、養液栽培用は2008年に商品化養液中の有害な有機物や菌を除去して循環利用し、肥料や水を節約できる。同社は「東日本大震災で被害を受けた農業分野の復興策として注目されている植物工場と太陽光発電との併用を提案し、水処理装置の販売拡大につなげたい」(環境事業推進部)としている<参考:信濃毎日新聞>
 
 
=====(以下、2010年1月10日の記事)=====

バルブメーカーで、除菌・浄化水処理装置などを開発している東洋バルヴ(株)では、肥料などを含む養液を再利用し、外に排出しない循環型農業システムを開発。再利用の際にも、独自開発した水処理装置「ピュアキレイザー」で、オゾンや紫外線、光触媒を活用して養液中の菌を除去しながら、養液の濃度を一定に保ちながら循環させる
 
 
農協とイチゴ栽培の実証実験をしたところ、養液中の酸素量が増えて生育が早まり、年間の収穫量が3割程度増えることも確認できたという。循環する養液は作物が養分を吸収して濃度が下がるため、養分を追加する装置を取り付けて一定に保つようにしなければならないが、通常のハウス栽培の場合、養液は使用後、全体の3割が川などに排出していると言われており、環境負荷の軽減やコスト削減(肥料を余分に使用しないため)といった、様々なメリットが期待されている。
 

 

 
※ 追記(2010.1.27)
金井隆治常務によると「農業分野など環境事業の売上高は現在、全体の1%程度だが、5年以内に2〜3割まで引き上げる」という。 
※ 日本経済新聞(2010/01/08)、同社HP等を参考に記事を作成
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  2. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  3. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  4. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  5. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  6. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  7. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  8. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  9. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  10. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. エチオピアの家族経営農家を支援。サステナブル農法「水滴収集グリーンハウス」を提案
     エチオピアの家族経営・小規模農家を支援する組織「ルーツ・アップ」では、小規模でも独立・採算性を確保…
  2. エスジーグリーンハウス、植物工場による低カリウムレタスの生産へ
     2007年より太陽光利用型植物工場にてリーフレタスの生産・販売を行っているエスジーグリーンハウス(…
  3. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工のLED照明・高速栽培技術「Shigyo法」が、沖縄県の大手製パンメーカー株式会社ぐしけん…
  4. タキイ種苗、機能性野菜「ファイトリッチ」シリ−ズのタネを発売
     タキイ種苗株式会社は、野菜の"機能性成分"を豊富に含み"おいしさ"を兼ね備えた『ファイトリッチ』シ…
ページ上部へ戻る