植物工場設備販売(人工光型)

低コスト・高付加価値型プラント(人工光型植物工場)
特徴
  • 日産500株以下の中規模施設/空き施設(スペース)活用型
    • 事業モデル/栽培品目にマッチした設備プラントをカスタマイズします
  • 製造業などの汎用品を組み合わせることで低コスト化を実現
    • 国内外メーカーからの汎用品を組み合わせることで低コスト化を実現します
  • リーフレタス、ハーブ野菜、ベビーリーフなど幅広い作物に対応
    • ニッチ市場に向けて高単価な作物を生産することで黒字化を目指す
    • 新品種の試験栽培(薬用植物・メディカルハーブ等)
    • 大規模生産への第1ステップ【栽培ノウハウ蓄積】【サンプル出荷】

詳細資料・費用について問い合わせる
※ 詳細資料や稼働シミュレーション概要資料を無料にて入手可能です

弊社が提案する設備プラント

弊社の販売設備は【中規模プラント】に分類。高付加価値商品、量産施設の第1ステップ、薬用植物・メディカルハーブ・機能性野菜などの試験栽培など幅広い用途に利用可能

小規模プラント 弊社設備(中規模プラント) 大規模プラント
投資額 数万円~1000万円 1000万円~1億円 1億円~
規模 ~30㎡ 100~500㎡ 500㎡~
生産量 数株~100株/day 100~500株/day 1000株~/day

特徴

  • 人工光型の家庭菜園
  • 飲食店などの展示用・ショーケース型(数十万~数百万円)
  • コンテナ型植物工場(1000万円前後~)
  • どんな作物でも、野菜の生産・販売だけでは、利益を出すのは困難
  • プロモーション効果、試験栽培目的に適している
  • 空き施設活用に適した面積
  • 新規事業として最初にスタートする場合に最適
  • 市場発掘・新品種開発のための試験栽培、大規模プラント運営の第1ステップ
  • 取引交渉/市場ニーズ調査には、サンプル商品が必要
  • レタスでは利益を出すことが困難だが、ニッチ市場の高価格帯商品であれば可能
  • 技術的ハードルが高い
  • 効率生産を追及するため、新設が適している
  • 大きな市場・需要品目を集中的に大量生産し、低コスト化を実現
  • レタスでも販路と高度な栽培技術があれば、利益を出すことが可能
提案設備・支援企業における栽培現場

植物工場設備販売(人工光型)植物工場設備販売(人工光型)

詳細資料・費用について問い合わせる
※ 詳細資料や稼働シミュレーション概要資料を無料にて入手可能です

ページ上部へ戻る