タグ:倒産/撤退情報

  • みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成

    植物工場による大規模運営の「みらい」が倒産。生産が安定せず負債額11億円

     日産1万株の大規模な完全人工光型植物工場を運営する(株)みらい(資本金3億5142万5000円、従業員25名)は、6月29日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。同社は創業者である嶋村氏が千葉大学大学院において大手企…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ

    太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ

     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生産を行っていた農業法人「さんいちファーム」が事業を停止し、2015年1月に東京地裁に自己破産を申請する、という。負債総額…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 独立行政法人が出資した89社が経営行き詰まり。500億円回収不能

    独立行政法人が出資した89社が経営行き詰まり。500億円回収不能

     農林水産省など5省が所管する八つの独立行政法人が出資した関連会社のうち、経営の行き詰まりで89社が清算するなどして、出資総額の9割近い計約535億円が回収不能となっていることが、会計検査院の調べでわかった。 リス…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表

    総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表

     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実施した。 調査対象は『養液栽培システム』、『栽培プラント』、『関連資材』、『栽培環境管理・制御装置』の4分野に加え、『…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も

    2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も

     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実施した。2013年度に休廃業・解散した農業法人は173件となり、集計を開始した2006年度以降で2番目の高水準となった(…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表

    シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表

     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会社であるフェアリープラントテクノロジー(FPT)を解散すると発表した。 植物工場施設の運営事業を引き継ぎ、2008…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請

    植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請

     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が年末年始の大雪などの影響で経営が悪化し、2011年2月23日に松江地裁に破産申し立てを行った。同社は、国が開発した国営農…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 事業破綻したLED型植物工場のコスモファーム江刺、補助金返還の声が改めて高まる

    フルLED光源を採用した完全人工光型植物工場を運営する「コスモファーム・フロンティア江刺」は、2004年5月に、岩手県奥州市の補助金(設備投資補助金5400万円)のほか、岩手県内外の十数人が出資して設立した企業である。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  2. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  3. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  4. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  5. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  6. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  7. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  8. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  9. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  10. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1) 台湾では植物工場ブーム?! 国内に60ヶ所以上…
  2. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     福島県・南相馬市の農業法人「南相馬復興アグリ株式会社」は2月9日、太陽利用型植物工場を建設し、トマ…
  3. デアゴスティーニによる家庭用LED植物工場の第2弾。野菜・ハーブの水耕栽培キットを販売開始
     株式会社デアゴスティーニ・ジャパンは、LED光源を採用した家庭用・小型植物工場を簡単に楽しめる「L…
  4. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
ページ上部へ戻る