タグ:イギリス

  • 英国における衛星・宇宙産業と農業技術の融合。新たな新技術・産業創出へ

    英国における衛星・宇宙産業と農業技術の融合。新たな新技術・産業創出への補助金も

     9月28日にNASAが火星表面にて水が流れていたという確かな証拠を発見したというニュースが報道されてから、米国でも火星への有人探査計画やスペースシャトル・宇宙ステーションでの食料生産に向けた植物工場技術の開発など、研究…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 英国・ハイテク農業の最前線/閉鎖人工光型の大規模アクアポニクス施設も稼働

    英国・ハイテク農業の最前線/閉鎖人工光型の大規模アクアポニクス施設も稼働

    施設園芸・植物工場などのハイテク農業について、英国での技術開発は遅れている。施設園芸で生産される代表的な作物であるトマトを例にあげると、国内トマト市場の80%は輸入に依存しており、スペインやイタリアなどの輸入トマトが消費…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資

    英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資

     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されているアグリ技術の事業化支援として、25のプロジェクトに対して投資を行う。政府から約17.4億円、民間から約11億円の計30…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • イギリスにおける施設園芸の技術開発機関、LED光源・多段式を採用した植物工場が稼働

    イギリスにおける施設園芸の技術開発機関、LED光源・多段式を採用した植物工場が稼働

     イギリスのストックブリッジ・テクノロジー・センターでは、民間企業と連携しながら、LED光源による補光を採用した多段式の太陽光利用型植物工場の建設・運営を開始した。同機関は、栽培品目や目的(試験栽培・大規模運営ノウハウの…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的

    欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的

     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェルシーのフラワー展示会では、屋上緑化と同様に垂直に設置する緑のカーテンが人気を集めている。日本のオフィスビルディングでも最…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入

    英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入

     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入した消費者が、2006年の調査(15%)と比較して、2倍の30%にも達した」という調査結果を公表した。 日本でも直…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  2. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  3. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  4. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  5. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  6. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  7. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  8. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  9. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  10. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  2. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  3. 米国NYの農業ビジネス最前線・市場ニーズに合わせた生産品目の切り替え(ガブリエルセン・ファーム)
     ニューヨーク州・ロングアイランド東部の町であるリバーヘッドにて花卉の生産を行うガブリエルセン・ファ…
  4. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
ページ上部へ戻る