植物工場・専門書籍の発行について

2016-1-29

 情報機構が発行した「アグリビジネス新規参入の判断と手引き」異業種からの参入事例集/ビジネス性の考察と将来展望 について、弊社でも一部のテーマを執筆させて頂きました。
植物工場だけでなく、薬用植物、陸上養殖、藻類など幅広い分野について成功から失敗まで、事業別・業界別の取り組み事例を多数収録しております。

目次の一部
第1部 アグリビジネスの概要と参入への具体的手順
第1章 <検討段階の貴方へ>アグリビジネスを始める上での基礎知識
 1.アグリビジネスの定義と概要
 2.バリューチェーンの全体像と主なプレイヤーの構成 ~設備・農業資材・生産・流通・販売~ 
  2.1 設備・農業資材
  2.2 農業ICT
  2.3 農業生産
  2.4 流通
  2.5 小売・外食・食品加工(需要家)
 3.農業生産ビジネスに参入する上で考慮すべき法規制
 4.国内市場及び農業参入の動向 
 5.海外市場への展開 ~グローバル化を後押しする政策/輸出におけるハードル~
  5.1 グローバル化を後押しする政策
  5.2 農産物輸出の方法とハードル
  5.3 新興国での現地生産・現地販売モデル

第2章 農業参入手続きの前提条件
 1.農地確保の実態
  1.1 農地法の基礎知識
   1.1.1 農地確保までの流れと手順
   1.1.2 申請先と許可手続
   1.1.3 許可要件
  1.2 農業生産法人の基礎知識
   1.2.1 農業生産法人と農業法人の違い
   1.2.2 農業生産法人の要件
 2.改正農地法に関する基礎知識
  2.1 概要
  2.2 農業参入への影響
  2.3 農地賃借規制緩和
   2.3.1 改正農地法による農地賃借等の権利を取得するための要件
   2.3.2 農地の利用状況の報告
   2.3.3 勧告
   2.3.4 許可取り消し

第3章 政府の農業関連支援施策
 第1節 経済産業省の取り組み~農商工連携/植物工場~
 1.農業は地域経済の基幹産業
 2.農商工連携の推進
 3.農産物及び関連商品の輸出促進
  3.1 輸出における課題
  3.2 経済産業省での取り組み
 4.植物工場
  4.1 これまでの経済産業省の取り組みと植物工場の現状
  4.2 植物工場産業の抱える課題と方向性 ~「設置」から「経営」へ~
 第2節 補助金制度
 1.補助金のメリット・デメリット
 2補助金の共通事項と申請スケジュール等
 3.国の補助金解説
  3.1 農林水産省の補助金
  3.2 総務省の補助金
  3.3 経済産業省の補助金
  3.4 厚生労働省の補助金
 4.都道府県の補助金
 5.その他の資金調達制度
 6.まとめ

※ 詳細ウェブサイト: http://www.johokiko.co.jp/publishing/BC160102.php

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  2. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  3. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  4. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  5. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  6. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  7. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  8. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  9. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  10. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
  2. 都市近接の低コスト型植物工場にてフレッシュハーブの生産へ(アグリサーチ)
     国内外の農業資材を活用した低コスト栽培を推進する有限会社アグリサーチ(福岡県中央区)が、完全人工光…
  3. ロシアのVTB銀行がアルメニアにイチゴの植物工場プラント建設に資金提供
     ロシアのVTB銀行は、アルメニア共和国・コタイク地方に最新技術を導入したイチゴの植物工場(太陽光利…
  4. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
ページ上部へ戻る