植物工場・専門書籍の発行について

2016-1-29

 情報機構が発行した「アグリビジネス新規参入の判断と手引き」異業種からの参入事例集/ビジネス性の考察と将来展望 について、弊社でも一部のテーマを執筆させて頂きました。
植物工場だけでなく、薬用植物、陸上養殖、藻類など幅広い分野について成功から失敗まで、事業別・業界別の取り組み事例を多数収録しております。

目次の一部
第1部 アグリビジネスの概要と参入への具体的手順
第1章 <検討段階の貴方へ>アグリビジネスを始める上での基礎知識
 1.アグリビジネスの定義と概要
 2.バリューチェーンの全体像と主なプレイヤーの構成 ~設備・農業資材・生産・流通・販売~ 
  2.1 設備・農業資材
  2.2 農業ICT
  2.3 農業生産
  2.4 流通
  2.5 小売・外食・食品加工(需要家)
 3.農業生産ビジネスに参入する上で考慮すべき法規制
 4.国内市場及び農業参入の動向 
 5.海外市場への展開 ~グローバル化を後押しする政策/輸出におけるハードル~
  5.1 グローバル化を後押しする政策
  5.2 農産物輸出の方法とハードル
  5.3 新興国での現地生産・現地販売モデル

第2章 農業参入手続きの前提条件
 1.農地確保の実態
  1.1 農地法の基礎知識
   1.1.1 農地確保までの流れと手順
   1.1.2 申請先と許可手続
   1.1.3 許可要件
  1.2 農業生産法人の基礎知識
   1.2.1 農業生産法人と農業法人の違い
   1.2.2 農業生産法人の要件
 2.改正農地法に関する基礎知識
  2.1 概要
  2.2 農業参入への影響
  2.3 農地賃借規制緩和
   2.3.1 改正農地法による農地賃借等の権利を取得するための要件
   2.3.2 農地の利用状況の報告
   2.3.3 勧告
   2.3.4 許可取り消し

第3章 政府の農業関連支援施策
 第1節 経済産業省の取り組み~農商工連携/植物工場~
 1.農業は地域経済の基幹産業
 2.農商工連携の推進
 3.農産物及び関連商品の輸出促進
  3.1 輸出における課題
  3.2 経済産業省での取り組み
 4.植物工場
  4.1 これまでの経済産業省の取り組みと植物工場の現状
  4.2 植物工場産業の抱える課題と方向性 ~「設置」から「経営」へ~
 第2節 補助金制度
 1.補助金のメリット・デメリット
 2補助金の共通事項と申請スケジュール等
 3.国の補助金解説
  3.1 農林水産省の補助金
  3.2 総務省の補助金
  3.3 経済産業省の補助金
  3.4 厚生労働省の補助金
 4.都道府県の補助金
 5.その他の資金調達制度
 6.まとめ

※ 詳細ウェブサイト: http://www.johokiko.co.jp/publishing/BC160102.php

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  2. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  3. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  4. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  5. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  6. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  7. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  8. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  9. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  10. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. アサガオから花の寿命を調節する遺伝子を発見、切り花の長期保存技術への応用も
     鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループは7月1日、アサ…
  2. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  3. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
  4. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
ページ上部へ戻る