植物工場ビジネス・セミナー講義の様子

2015-7-4

 弊社では完全人工光型植物工場を対象とした「植物工場ビジネス・セミナー講義」を行っておりますが、先月も既に生産を行っている企業様、新規事業にて具体的な計画を持っている企業様など、幅広い業種・目的にて参加して頂きました。
現在の講義プログラムは2つ「人工光型植物工場における市場動向と企業分析」と「人工光型植物工場における収支計算」になっております。

1.人工光型植物工場における市場動向と企業分析

黒字になる生産規模は?講義内容をカスタマイズ
 講義では、植物工場シェアや市場規模、今後のビジネスチャンス(有望テーマ)について解説するとともに、全国に稼働する植物工場の事例研究を通じて、リーフレタスなど一般的な生鮮野菜における生産・販売モデルについて最適規模や採算性ラインについて解説いたします。
また事例研究では、失敗事例も取り上げ、なぜ失敗したのかを分析しながら成功要因について解説いたします。

植物工場ビジネス・セミナー講義の様子植物工場ビジネス・セミナー講義の様子
植物工場ビジネス・セミナー講義の様子植物工場ビジネス・セミナー講義の様子

基本的なプログラムは同じですが、希望に応じて重点的に解説する内容を変更しております。資本の少ない小規模・中小企業にとっては数億円以上の大規模型施設の建設はないことから、講義では小規模・高付加価値モデルにて成功している事例を中心に解説するようなカスタマイズを行っております。

その他、海外進出を検討している場合は海外事例を多く取り上げ、藻類や医薬分野といった研究開発を検討している場合は、一般的な葉野菜の事例を一部省略した講義内容にいたします。

2.人工光型植物工場における収支計算

細かい収支計算スキルを獲得。面積情報だけで生産量や売上高、ランニングコストが概算できるようになります!
 収支計算では事前に配布するエクセルデータをもとに、リーフレタス1万株/dayの大規模施設、ベビーリーフなどの高付加価値野菜の小~中規模施設など、条件の異なる植物工場について、細かい設備投資・ランニング内訳に関する比較・検討を行います。

弊社にて実際に手がけた案件をもとに、具体的な設計レイアウトモデルを利用して、必要な所要面積割合(播種・緑化・育苗・包装・冷蔵室などの工場棟/事務所棟)、生産量、栽培作物ごとの注意点などを解説いたします。
植物工場ビジネス・セミナー講義の様子植物工場ビジネス・セミナー講義の様子
例えばリーフレタスとベビーリーフの生産工場では、設計レイアウトや必要とする所要面積割合が異なります。さらにはランニングコスト内訳も大きく異なり、ベビーリーフでは人件費や農業資材費のウェイトが増えます。
配布するエクセルデータをもとに、施設設計の考え方を解説することで、参加者自身にて、諸条件における生産量や売上高・採算性、ランニングコストの細かい計算ができるようになります。

※ 詳細ページ:植物工場ビジネス・セミナー講義

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  2. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  3. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  4. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  5. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  6. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  7. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  8. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  9. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  10. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     福島県・南相馬市の農業法人「南相馬復興アグリ株式会社」は2月9日、太陽利用型植物工場を建設し、トマ…
  2. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
  3. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  4. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
ページ上部へ戻る