アーカイブ:2017年 2月 04日

  • 住友商事、農業用殺菌剤メトミノストロビンの日本国内における事業権を買収

    住友商事、農業用殺菌剤メトミノストロビンの日本国内における事業権を買収

     住友商事株式会社は、100パーセント子会社の住商アグロインターナショナル株式会社を通じ、バイエルクロップサイエンス株式会社(バイエル社)が保有する、農業用殺菌剤「メトミノストロビン」の日本国内における事業権を買収した。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 四国エリア初、イオン直営農場「イオン徳島あわ農場」をオープン

    イオンアグリ創造、イオン埼玉日高農場が「有機JAS認定」を取得

     イオンアグリ創造株式会社は2017年1月17日、全国21箇所の直営農場に先駆け、埼玉日高農場が農林物資の規格化等に関する法律に基づく有機農産物についての生産行程管理者として「有機JAS認定」を取得した。 埼玉日高…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ぐるなび・JR九州など『博多FARMERS‘ MARKET』を2/16からの3日間、JR博多駅前広場で開催

    ぐるなび・JR九州など『博多FARMERS‘ MARKET』を2/16からの3日間、JR博多駅前広場で開催

     株式会社ぐるなびは、九州旅客鉄道株式会社(JR九州)、株式会社JR博多シティと提携し、2017年初開催となる「博多 FARMERS’ MARKET」を2月16日(木)~18日(土)の3日間、JR博多駅前広場で開催する。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  2. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  3. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  4. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  5. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  6. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  7. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  8. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  9. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  10. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  2. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
  3. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
  4. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
ページ上部へ戻る