カテゴリー:農業関連技術

  • 千葉県によるイチゴの新品種「チーバベリー」、3月以降も安定生産・観光農園にも最適

    千葉県によるイチゴの新品種「チーバベリー」、3月以降も安定生産・観光農園にも最適

    千葉県では、新たなイチゴの品種「チーバベリー」のお披露目式が1月12日に開催された。チーバベリーは大粒で甘みと酸味のバランスが良く、食味に優れているほか、病害「うどんこ病」に強いという特長がある。また新品種は観光客が増…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • パクチーやスプラウトなど「DCMブランド 栽培セット」が新発売。再生紙によるペーパープランターを採用

    パクチーやスプラウトなど「DCMブランド 栽培セット」が新発売。再生紙によるペーパープランターを採用

     ホームセンター業界最大手のDCMホールディングス株式会社は、キッチンなど室内で手軽に野菜を栽培できる初心者向けの家庭菜園シリーズ「DCMブランド 栽培セット」を2017年1月23日より、全国のDCMカーマ・DCMダイキ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • サカタのタネ、施肥回数を減らせるネギ用のコーティング肥料「ネギエース」を発売

    サカタのタネ、施肥回数を減らせるネギ用のコーティング肥料「ネギエース」を発売

     サカタのタネは、追肥の回数を減らし、生産現場の労力削減に貢献する生産者向け肥料の新ブランド『省力王』を立ち上げ、その第1弾としてネギ用コーティング肥料『ネギエース』を発売します。 『省力王』シリーズは「労力削減」…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • イチゴ新品種「ゆうべに」、JAグループ熊本が位置情報活用クラウド「cyzen」を導入開始

    イチゴ新品種「ゆうべに」、JAグループ熊本が位置情報活用クラウド「cyzen」を導入開始

     レッドフォックス株式会社は、JAグループ熊本が、営農指導基盤強化を目的として進める農業ICT化への取組みに対して、位置情報活用ビジネスクラウド「cyzen」の導入を開始する。 熊本県はいちごの生産量が栃木県、福岡…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メンデルの優性の法則、100年ぶりに謎が解明。育種技術への応用に期待

    メンデルの優性の法則、100年ぶりに謎が解明。育種技術への応用に期待

     東北大学大学院生命科学研究科の渡辺正夫教授、高田美信技術専門職員らの研究グループは、農研機構、奈良先端科学技術大学院大学、大阪教育大学、神戸大学、東京大学との共同研究により、どちらか片方の親の遺伝子の性質だけが子に現れ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ヤンマー、高密度に播種した苗を正確に植え付ける「YR-D密苗仕様」4機種を発売

    ヤンマー、高密度に播種した苗を正確に植え付ける「YR-D密苗仕様」4機種を発売

     ヤンマー株式会社が、新型田植機「YR-Dシリーズ」の追加仕様として、高密度に播種した苗を正確に植え付ける「YR-D密苗仕様」4機種を12月1日より販売開始する。また、田植機オプションとして、「YR-J/RJシリーズ」に…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 農産流通支援プラットフォーム『SEND』が用途別に最適化した多種類の米の取扱いを開始

    農産流通支援プラットフォーム『SEND』が用途別に最適化した多種類の米の取扱いを開始

     産地・生産者支援を手掛けるプラネット・テーブル株式会社が、農産流通支援プラットフォーム『SEND(センド)』において、現在取り扱っている野菜やフルーツ、精肉等の生鮮食材に加え、新たに「コメ」の取り扱いを開始した。  …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • セプトアグリが液肥を使わない独自の水耕栽培技術の試験的導入農家の募集を開始

    セプトアグリが液肥を使わない独自の水耕栽培技術の試験的導入農家の募集を開始

     株式会社セプトアグリでは、液肥を使わない弊社独自の水耕栽培技術(特許出願済)「EZ水耕」の試験的導入農家の募集を開始する。  同社が開発した新技術では液肥を使わずに水耕栽培が可能。本技術により、露地の普通畑でハウ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • イノテック、三社協力で外部電源を使わず農場の土壌データの収集と蓄積を実施

    イノテック、三社協力で外部電源を使わず農場の土壌データの収集と蓄積を実施

     イノテック株式会社と、株式会社ネクステック、株式会社岩崎が、株式会社岩崎の当別フィールドにおいて、株式会社ネクステックの無線LANアクセスポイント兼中継器「ポジモ(*1)」と、イノテック株式会社が国内販売する土壌センサ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 情報技術開発、長距離無線通信など大型ハウスに対応した遠隔監視制御システムを販売

    情報技術開発、長距離無線通信など大型ハウスに対応した遠隔監視制御システムを販売

     情報技術開発株式会社の連結子会社であるTDIプロダクトソリューション株式会社(TDIPS)は「遠隔監視制御システム」EA1シリーズに新機能としてセンサーの長距離無線通信、CO2センサー、防塵・防水を追加したEA2シリー…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  2. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  3. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  4. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  5. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  6. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  7. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  8. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  9. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  10. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  2. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     山口大学、株式会社MOT総合研究所と三菱化学株式会社は、植物工場全般に係る共同研究開発等に関して包…
  3. 都市近接の低コスト型植物工場にてフレッシュハーブの生産へ(アグリサーチ)
     国内外の農業資材を活用した低コスト栽培を推進する有限会社アグリサーチ(福岡県中央区)が、完全人工光…
  4. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
ページ上部へ戻る