カテゴリー:微細藻類

  • 三菱商事、ブルネイにおける藻類アスタキサンチン生産工場の稼働開始

    三菱商事、ブルネイにおける藻類アスタキサンチン生産工場の稼働開始

     三菱商事は、傘下のMCバイオテック社(三菱商事約93%出資先)におけるブルネイに建設した培養工場において、藻類アスタキサンチンの製造を本格的に開始した。 アスタキサンチンは、その抗酸化作用から健康食品、化粧品原料…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • デンソー、CO2排出量半減など「エコビジョン2025」を策定。藻類などのバイオ燃料や農業支援を推進

    デンソー、CO2排出量半減など「エコビジョン2025」を策定。藻類などのバイオ燃料や農業支援を推進

     株式会社デンソーは、2050年の持続可能な地域・社会を実現するためのアクションプランとして「デンソー エコビジョン2025」を策定した。2025年に達成すべき3つの目標として「エネルギー1/2」「クリーン2倍」「グリー…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ユーグレナとJA全農、微細藻類ユーグレナの飼料活用で共同研究契約を締結

    ユーグレナとJA全農、微細藻類ユーグレナの飼料活用で共同研究契約を締結

     微細藻類のユーグレナとJA全農は2016年4月、微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の飼料活用に向けた共同研究契約を締結した。ユーグレナ社では微細藻類ユーグレナの油脂を利用したバイオジェット・ディーゼル燃料の製造に関…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 藻類スピルリナの工場的生産・販売のタベルモ、コールドプレスジュースショップとコラボ商品にて全国展開

    藻類スピルリナの工場的生産・販売のタベルモ、コールドプレスジュースショップとコラボ商品にて全国展開

     藻類スピルリナの工場的生産と生のフレッシュ素材の販売を行う株式会社タベルモでは、同社が販売するスーパーフードの王様「スピルリナ」を新鮮なまま急速冷凍した「タベルモ(生スピルリナ)」が、日本初のコールドプレスジュース専門…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産

    カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産

     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリナという藻類の閉鎖型・植物工場による生産・販売を本格化させた。スピルリナも話題になっている「スーパーフード」の一つといわ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • デンソー、微細藻類を使ったバイオ燃料をラリーチームへ提供

    デンソー、微細藻類を使ったバイオ燃料をラリーチームへ提供

     株式会社デンソーは、2016年1月に開催されるダカールラリー2016に参戦するトヨタ車体株式会社のラリーチームであるチームランドクルーザー・トヨタオートボデー(TLC)に微細藻類(シュードコリシスチス)から抽出したオイ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 500億円のアスタキサンチン市場が世界で拡大。植物工場・環境制御による藻類培養技術の開発も

    500億円のアスタキサンチン市場が世界で拡大。植物工場・環境制御による藻類培養技術の開発も

     ここ4年で、カロテノイド関連商品市場は大きく変化している。多くの商品の市場価格が下がる一方で、いくつかの商品は上昇している。BBCリサーチによると、カロテノイド類のアスタキサンチン市場が大きく拡大し、各国で技術革新が進…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ

    DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ

     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナルズ社は、青色色素「リナブルー」を抽出するための藻類(スピルリナ)培養プラントが、アメリカのカリフォルニア州にて2015…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ユーグレナ、バイオジェット燃料用ミドリムシの屋外培養研究を米国で開始

    ユーグレナ、バイオジェット燃料用ミドリムシの屋外培養研究を米国で開始

     微細藻類の一つであるミドリムシ(ユーグレナ)の生産や研究開発を行うユーグレナは4月17日、ユーグレナからジェット機向けの燃料を生産するバイオジェット燃料事業の実現に向けて、油を多く採取できるように遺伝子を組み換えたミド…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示

    植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示

     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽光利用型植物工場のような環境制御された閉鎖空間内での培養試験も行われている。また一部のベンチャー企業ではLED光源を利用…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  2. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  3. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  4. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  5. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  6. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  7. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  8. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  9. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  10. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国NYの農業ビジネス最前線・市場ニーズに合わせた生産品目の切り替え(ガブリエルセン・ファーム)
     ニューヨーク州・ロングアイランド東部の町であるリバーヘッドにて花卉の生産を行うガブリエルセン・ファ…
  2. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
  3. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  4. 都市近接の低コスト型植物工場にてフレッシュハーブの生産へ(アグリサーチ)
     国内外の農業資材を活用した低コスト栽培を推進する有限会社アグリサーチ(福岡県中央区)が、完全人工光…
ページ上部へ戻る