米国ベンチャー、植物工場による野菜を学校へ販売。回転率・生産効率の良いミニ野菜を中心に

2015年に設立したインフィニット・ハーベスト社も完全人工光型植物工場による生産・販売を行っているベンチャー企業の一つである。こうした人工光型に挑戦するベンチャーは米国にて急増しているが、同社が他施設と異なる点は、販売ターゲットを地元の学校に設定している点だ。

NYの公園・コミュニティーガーデン。トランプ政権により都市型農業が壊滅する可能性も

緑の街、ニューヨークでもトランプ政権の影響を大きく受けている。公園・緑が多い大都市として有名なニューヨークでは、運営・維持を行うコミュニティーやNPOに対して、多くの補助金が捻出されているが、こうした補助資金をトランプ政権ではゼロにしようと計画されている。