カテゴリー:オランダ

  • 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産

    水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産

     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場を建設する「フローティング・ファーム」と呼ばれるものだ。狭い国土のオランダ都市部では住宅スペースがなく、川岸に住宅用に改…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • オランダWageningen大学が農学修士プログラムのオンラインコースを開講予定

    オランダWageningen大学が農学修士プログラムのオンラインコースを開講予定

     近年、農業研究において注目を浴びているオランダのWageningen大学(ワーヘニンゲン大学)は、2015年9月より新たにe-lerningによる修士プログラムを開講する。今年度は「Plant Breeding」と「N…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 植物工場のオランダ環境制御メーカーが施設園芸農業研修ツアーを実施

    植物工場のオランダ環境制御メーカーが施設園芸農業研修ツアーを実施

     国際会議としては世界初となる施設園芸技術サミット(Summit on horticulture technology)が6月9日にアムステルダムで開催された。そのフォローアップ・プログラムとして、植物工場のオランダ環境…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」

    3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」

     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業したクロエ氏は現在、Food and Conceptデザイナーとして働いているが、そんな彼女が考案した未来の食べ物の姿が話…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フィリップス、欧州特許庁で第2位の特許出願人に

    フィリップス、欧州特許庁で第2位の特許出願人に

     オランダに本社を置くロイヤル フィリップスは2月26日、同社の欧州特許庁(EPO)への特許出願数が世界第2位を記録したことを発表した。出願数は2013年度よりも26%多い2,317件の特許出願となっている。ランキングで…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増

    オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増

     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額は2014年に急激な伸びを見せ、総額で9億280万ユーロを記録した、と発表した。これは2013年と比較すると11%の上昇…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 植物工場向け環境制御システム開発のホーヘンドールンがメキシコにトレーニングセンター開設

    植物工場向け環境制御システム開発のホーヘンドールンがメキシコにトレーニングセンター開設

     太陽光利用型植物工場・施設園芸の大手環境制御システム会社でオランダのHoogendoorn(ホーヘンドールン)社が11月6日、メキシコ・ケレタロ州にあるアグロパークにトレーニングセンター付き事務所を開設した。今後、現地…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • NEC、オランダのデイコムと共同でルーマニアの農場で農業ICTの実証実験を実施

    NEC、オランダのデイコムと共同でルーマニアの農場で農業ICTの実証実験を実施

     NECと、オランダのIT企業であるDacom(本社:オランダ・エメン、以下 デイコム)は共同で、デイコムの農業ICTソリューションを活用した実証実験を、ルーマニアのじゃがいも農場で行いました。 本ソリュー…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増

    人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増

     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させることを可能にしたとの研究論文が、8月5日の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communicati…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 平成25年度の緊急対応研究課題としてオランダの施設園芸調査など研究課題3件を公募(農林水産省)

    農林水産省は10月22日、平成25年度の緊急対応研究課題として、オランダの大規模施設園芸拠点を支える産学官システムの調査・分析を含む3件の研究を公募すると発表した(募集は11月21日まで)。 (さらに…)…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  2. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  3. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  4. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  5. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  6. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  7. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  8. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  9. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  10. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. メトロ・アトランタが都市型農業を拡大するために米国農務省から約2,500万円の補助金を獲得
     非営利団体のメトロ・アトランタ・アーバンファームは米国農務省(USDA)から約2,500万円の助成…
  2. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工株式会社の植物工場システムが、イセタン クール ジャパンSDN.BHD.の運営するクアラル…
  3. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  4. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
ページ上部へ戻る