カテゴリー:アジア・オセアニア

  • 大気社、大規模施設ではベトナム発の人工光型植物工場を受注

    大気社、ベトナムにて海外発の大規模・人工光型植物工場を受注

     空調設備の設計・施工などを手掛ける大気社では、グループ会社の大気社ベトナム・エンジニアリング(Taikisha Vietnam Engineering Inc.)にて、ベトナムのホーチミン市での完全人工光型植物工場「大…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ベトナム市場を狙った日系企業による植物工場ビジネス

    ベトナム市場を狙った日系企業による植物工場ビジネス

     近年、ベトナム市場を狙って多くの日本企業が進出しているが、農業や植物工場分野でも進出計画が進められている。ベトナムにおける農業進出をサポートしている投資コンサルティング会社(Japan-Vietnam Commerci…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • インドの農薬市場への展開に向け現地企業を子会社化(日本農薬)

    インドの農薬市場への展開に向け現地企業を子会社化(日本農薬)

     日本農薬株式会社では、インド農薬製造販売会社Hyderabad社の発行済株式の74%を取得し、同社を子会社化することを決議した。インドの農薬市場は2013年で約2,000億円となっており、今後も拡大が見込まれている。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 三菱樹脂、オーストラリアで植物工場産野菜を生産・販売する現地法人を設立

    三菱樹脂、オーストラリアで植物工場産野菜を生産・販売する現地法人を設立

     三菱樹脂株式会社は、オーストラリア国内に現地法人「KAITEKI Fresh Australia」を7月31日に設立し、同国において、植物工場で栽培した安心・安全な野菜を、生産から販売まで行う事業を開始します。同国ビク…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 住友商事グループ、アジアでの肥料事業拡大でマレーシアの肥料製造販売会社の経営権取得

    住友商事グループ、マレーシアの肥料製造販売会社の経営権取得

     住友商事株式会社とアジア大洋州住友商事会社(本社:シンガポール、両社総称して以下「住友商事グループ」)は、マレーシアの肥料製造販売会社であるUnion Harvest(M)Sdn.Bhd.(UHM社)の株式を60パーセ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • パナソニック、シンガポールにて人工光型植物工場を稼働。日本食レストラン大戸屋と提携

    パナソニック、シンガポールにて人工光型植物工場を稼働。日本食レストラン大戸屋と提携

     パナソニック・ファクトリーソリューションズ・アジアパシフィック(PFSAP)(以下、パナソニック)は、完全人工光型植物工場による野菜の生産を行い、2014年7月31日、日本食レストラン大戸屋との商業パートナーシップをス…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 豊田通商、カザフスタンの農業法人コクテム社に出資し農業事業に参入

    豊田通商、カザフスタンの農業法人コクテム社に出資し農業事業に参入

     豊田通商は、カザフスタン共和国の農業法人持ち株会社Koktem EA社(以下、コクテム社)の第三者割当増資を引き受け同社に20%出資することで合意した。同国における農業事業参入は、豊田通商として、また日本の大手商社とし…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始

    大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始

     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大規模輸出に向けた実証実験に乗り出す。約2年かけ、生鮮野菜や加工品の鮮度を保ったまま、同国のスーパーやレストランに安定供給…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 愛媛県産のかんきつ輸出金額が2倍へ拡大、台湾やシンガポール、マレーシアなどへ輸出

    愛媛県産のかんきつ輸出金額が2倍へ拡大、台湾やシンガポール、マレーシアなどへ輸出

     えひめ愛フード推進機構のアジア地域への県産かんきつ輸出事業で、2013年度の輸出額が2,390万円(30.2トン)と、前年度の2倍近くに伸びたことが18日、同機構のまとめで分かった。台湾・台中地域の高級スーパー「裕毛屋…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 三井住友銀行、インドネシア最大の農業大学ボゴール農大と覚書を締結

    三井住友銀行、インドネシア最大の農業大学ボゴール農大と覚書を締結

     三井住友銀行は、世界最大のイスラム国家であり、今後も経済成長が期待されるインドネシア市場について、現地の農業大学では最大のインドネシア国立ボゴール農科大学と農業分野で覚書締結した。 同社では今後、インドネシア市場・イ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  2. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  3. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  4. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  5. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  6. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  7. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  8. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  9. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  10. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 富士通など、フィンランドに完全人工光型植物工場を活用する農作物の生産・販売を行う新会社を設立
     富士通株式会社と株式会社富士通九州システムズ(FJQS)は、Robbe's Little Gard…
  2. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  3. パナソニックエコ、施設園芸・低コスト型植物工場をターゲットに局所環境制御技術を導入
     パナソニックエコソリューションズ社は、農産物の生産効率向上と生産者負担の軽減を図る「アグリ・エンジ…
  4. エスジーグリーンハウス、植物工場による低カリウムレタスの生産へ
     2007年より太陽光利用型植物工場にてリーフレタスの生産・販売を行っているエスジーグリーンハウス(…
ページ上部へ戻る