カテゴリー:環境・エネルギー

  • 国内最大級の自動追尾型パネルによるソーラーシェアリング施設が完成

    国内最大級の自動追尾型パネルによるソーラーシェアリング施設が完成

     太陽光発電パネル製造を行うフジプレアムは、福島県いわき市の農業生産法人とまとランドいわきの敷地内に、太陽の動きに応じた自動追尾型の営農型太陽光発電設備(ソーラーシェアリング)を導入した。規模としては国内最大級で、農地1…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ソーラーシェアリング装置や分析ソフト開発分野での業務提携(スマートブルー社など)

    ソーラーシェアリング装置や分析ソフト開発分野での業務提携(スマートブルー社など)

     ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)装置の販売・施工などを行うスマートブルー株式会社と、太陽光発電のシミュレーションソフトの開発を行う生活産業研究所株式会社は、日射量解析の精度向上を目的に業務提携をおこなった。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ネクストエナジーがソーラーシェアリング向け中型太陽電池モジュールを発売

    ネクストエナジーがソーラーシェアリング向け中型太陽電池モジュールを発売

    自然エネルギー関連の事業を展開するネクストエナジー・アンド・リソース株式会社は、新たに自社製95W太陽電池モジュールを発売する。 従来ラインナップの大型タイプでは、モジュール1枚あたりの面積が大きく、ソーラーシェアリン…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性

    2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性

     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパウロのように1000万人以上の人口規模を持つ巨大都市(メガシティ)に住んでおり、こうした都市部住民が今後も増大し、その結…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入

    自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入

    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりながら、全ての住民に対して新鮮な野菜を安定供給できるか、という点にある。こうした課題への解決アプローチの一つとして、アプリ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 北九州市に国内最大級のバイオマス燃料貯蔵基地を計画

    北九州市に国内最大級のバイオマス燃料貯蔵基地を計画

     エネルギー資源開発株式会社は、10月6日、福岡県北九州市に国内最大級のバイオマス燃料の集配及び貯蔵基地を建設し、運用する計画を発表した。運用開始は2017年を予定しており、バイオマス燃料の活用は環境面だけでなく、産業の…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • JFEエンジ、間伐材を利用した大規模な木質バイオマス発電を開始

    JFEエンジ、間伐材を利用した大規模な木質バイオマス発電を開始

     JFEエンジニアリングは津市雲出鋼管町の津製作所で、2016年7月から木質バイオマス発電を始めると発表した。出力は約20メガワットで、県内最大規模のバイオマス発電施設となる。総事業費は約90億円。津市と「バイオマス産業…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • イオンアグリ創造と大栄環境が食品残さの堆肥化・リサイクル事業に関して提携

    イオンアグリ創造と大栄環境が食品残さの堆肥化・リサイクル事業に関して提携

     リサイクル事業を手掛ける大栄環境はイオンの農業子会社であるイオンアグリ創造と、店舗で排出される食品残さの堆肥化・リサイクル事業に関して提携した。 食品かすを堆肥化施設で有機肥料にして、イオンアグリの直営農場で野菜の栽…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 沖縄ユインチホテル、天然ガスを利用したコージェネ設備を建設

    沖縄ユインチホテル、天然ガスを利用したコージェネ設備を建設

     タピック沖縄は、南城市内で運営するユインチホテル南城敷地内で採取される水溶性天然ガスを発電などに利用するコージェネレーション設備の建設に着工した。天然ガスを利用したコージェネレーション設備は県内初。 ユインチホテ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 京セラなど、農業用ため池など水上設置型の太陽光発電事業に参入

    京セラなど、農業用ため池など水上設置型の太陽光発電事業に参入

     京セラと東京センチュリーリースは水上設置型の太陽光発電事業に参入すると発表した。まず約10億円を投資し、兵庫県加東市の2カ所に水上設置型で世界最大となる出力計2900キロワットの発電所を建設する。 2014年度中…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  2. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  3. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  4. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
  5. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  6. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  7. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  8. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  9. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  10. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 凸版印刷、次世代型農業ビジネスを手がける株式会社福井和郷と資本・業務提携へ
     凸版印刷株式会社は、植物工場をはじめとする次世代型農業ビジネスを手掛ける株式会社福井和郷と2016…
  2. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
  3. 伊藤忠商事、廃棄物からバイオ航空燃料を製造する米Solena社へ出資
     伊藤忠商事は、都市ごみ等のバイオマスからバイオ航空燃料等の持続可能バイオ燃料を製造する技術を持つ、…
  4. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
ページ上部へ戻る