カテゴリー:ビジネス・経営動向

  • フューチャーとM2Bが資本提携。IoT技術を活用した地方における食のバリューチェーンを推進

    フューチャーとM2Bが資本提携。IoT技術を活用した地方における食のバリューチェーンを推進

     フューチャー株式会社は株式会社M2Bコミュニケーションズと資本業務提携を行い、フューチャーが展開する地方創生IoT事業において、M2BのLoRaWAN(*)をIoT通信プラットフォームとして採用する。 地方におい…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • エンルート、農薬などの液剤散布用ドローンの大型商品を販売

    エンルート、農薬などの液剤散布用ドローンの大型商品を販売

     株式会社エンルートは、2017年春の発売に向けて、農業を中心とした液剤散布用ドローン Zion(ザイオン) AC1500を完成させました。 AC1500は、以前より発売され好評を得ていた農薬散布専用モデル、AC9…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ヤンマー、有望市場のフィリピン開拓のため現地農機メーカーと合弁会社を設立

    ヤンマーと井関農機が協業。既存商品の相互OEM供給・農業ICT分野でも検討

     ヤンマー株式会社と井関農機株式会社は、日本国内の農業機械製品の開発・生産分野での協業を拡大することについて両社基本合意に達した。日本農業は、農家戸数が減少する中、担い手に向けての農地集積、主食米から他作物への転換等、大…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • らでぃっしゅぼーや、保育園施設への献立提供・栄養相談をスタート

    らでぃっしゅぼーや、保育園施設への献立提供・栄養相談をスタート

     らでぃっしゅぼーや株式会社は、2017年2月9日より、法人向けの受発注システム「おまかせぼーや」を導入して食材を購入している園に、管理栄養士による献立提供と栄養相談のサービス提供を無償で行います。 保育園施設は人材不…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • スマホを活用し新興国の農家を支える「AGRIBUDDY」が総額73万USドルの資金を調達

    スマホを活用し新興国の農家を支える「AGRIBUDDY」が総額73万USドルの資金を調達

     新興国の農家向けの無料ウェブサービスおよび農業資材のクレジット販売を行うAGRIBUDDY LIMITED(本社:香港)は、株式会社iSGSインベストメントワークスを中心とする法人、ファンド及び加藤 順彦氏ら個人投資家…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • JR東日本「地域再発見プロジェクト」で仙台市に農業会社などを設立

    JR東日本「地域再発見プロジェクト」で仙台市に農業会社などを設立

     JR東日本グループでは、2009年に立ち上げた「地域再発見プロジェクト」の一環で地産品の販路拡大や6次産業化に向けたモノづくりに取り組んでおり、仙台市内において農産物の生産から加工及び販売までを一体的に展開する農業新会…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 世界初LAMP法による根こぶ病菌密度測定サービスを開始。栽培前に発病ポテンシャルを診断

    世界初LAMP法による根こぶ病菌密度測定サービスを開始。栽培前に発病ポテンシャルを診断

     東京大学と連携して植物病院を展開するベジタリア株式会社は、遺伝子検査・診断向けオリゴヌクレオチドなどの製造を行う株式会社ニッポンジーンマテリアルと共同で、世界で初めて、遺伝子検査(LAMP法)による根こぶ病菌密度測定サ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 機能性表示食品「カゴメトマトジュース」が出荷好調、前年比173%を達成

    機能性表示食品「カゴメトマトジュース」が出荷好調、前年比173%を達成

     カゴメ株式会社では、2016年2月2日より全国のコンビニエンスストア、スーパーマーケットなどで機能性表示食品「カゴメトマトジュース」4品を発売開始した。今回、商品発売後1年間の出荷実績が、前年に対して173%(1)と好…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • トプコン、標定点がいらないドローンによる測量システムを開発

    トプコン、標定点がいらないドローンによる測量システムを開発

     株式会社トプコンは、トータルステーションでドローンを自動追尾することで、空中写真測量の大幅な省力化を実現するシステムを開発した。 国土交通省は「生産性革命プロジェクト」のもと、建設現場の生産性や品質、安全性の向上を目…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • モスフードサービス、アジア4つの国と地域で「くまモンのライスバーガー(焼肉)」を限定発売

    モスフードサービス、アジア4つの国と地域で「くまモンのライスバーガー(焼肉)」を限定発売

     モスバーガーを展開する株式会社モスフードサービスでは2017年2月8日より、中国の広東省のモスバーガー店舗にて、熊本県産の食材を使った限定商品の販売等を行う「海外モスバーガー×熊本県 コラボキャンペーン」を実施する。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  2. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  3. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  4. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  5. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  6. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  7. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  8. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  9. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  10. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
    イタリア・ミラノでは「地球に食料を、生命にエネルギーを(Feeding the Planet, En…
  2. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     三菱化学株式会社は、株式会社ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の完全人工光型植物工場システムを…
  3. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
  4. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
ページ上部へ戻る