投稿者プロフィール

植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

植物工場・農業ビジネス編集部一覧

  • ヤンマーと三井物産によるミャンマー現地合弁企業が事業展開。世界7位のコメ生産国を狙う

    ヤンマーと三井物産によるミャンマー現地合弁企業が事業展開。世界7位のコメ生産国を狙う

     ヤンマー株式会社は、三井物産株式会社との連携のもと、ミャンマー連邦共和国において販売会社を設立し、本格的に現地でビジネスを展開していく。 ミャンマーは、世界第7位の米の生産量を誇っており、今後は農作物の収穫量アップに…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 農協観光、公認民泊サービス提供の百戦錬磨と業務提携。農村部に泊まる農泊推進

    農協観光、公認民泊サービス提供の百戦錬磨と業務提携。農村部に泊まる農泊推進

     JA組合員の生活に関わる旅行サービスを提供する株式会社農協観光(Nツアー)と株式会社百戦錬磨、及び子会社のとまれる株式会社は 2017年2月1日、農泊推進による地域活性化を目指し業務提携契約を締結いたしました。 ※ …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 富士通、ミャンマーの農作物の生産性向上に向け灌漑用水の水位把握の実証を実施

    富士通、ミャンマーの農作物の生産性向上に向け灌漑用水の水位把握の実証を実施

     富士通は、ミャンマーのタウングー(Taungoo)地方において、灌漑用水と河川の水位情報を簡易に管理できる2種類の実証実験を2016年下旬から2017年1月31日にかけて行い、このたび本実証の協力機関であるミャンマー農…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 宇部エクシモ、耐久性を向上させた農業用灌水パイプ「UMシャワーnew」を開発

    宇部エクシモ、耐久性を向上させた農業用灌水パイプ「UMシャワーnew」を開発

     宇部エクシモ株式会社は、FRP製品の農業用灌水パイプ(製品名:「UMシャワー」)において、従来品より耐久性を向上させた改良品を開発した。 「UMシャワー」はFRPを中間層とした多層構造の灌水パイプで、優れた耐熱性…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 学研によるマインクラフトを利用したプログラミングキャンプを開催。農業のICT化にも対応

    学研によるマインクラフトを利用したプログラミングキャンプを開催。農業のICT化にも対応

     株式会社学研ホールディングスのグループ会社、株式会社学研プラスでは、大人気ゲーム『マインクラフト』を使った小・中学生向けのプログラミングキャンプ(短期集中講座)を、4月2日に開催する。 いつもは遊び道具のマインク…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 植物工場によるトマト生産拠点の四万十町をメインに「高知トマトサミット」東京・高知で3月開催

    植物工場によるトマト生産拠点の四万十町をメインに「高知トマトサミット」東京・高知で3月開催

     高知の冬の特産「冬春トマト」が旬をむかえ、高知県では県内ブランドトマトが集合した「トマトサミット」を3月11日~12日に開催する。また東京新宿本店のISETANでもトマト生産者が集まるプレイベントを実施する。 ト…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フューチャーとM2Bが資本提携。IoT技術を活用した地方における食のバリューチェーンを推進

    フューチャーとM2Bが資本提携。IoT技術を活用した地方における食のバリューチェーンを推進

     フューチャー株式会社は株式会社M2Bコミュニケーションズと資本業務提携を行い、フューチャーが展開する地方創生IoT事業において、M2BのLoRaWAN(*)をIoT通信プラットフォームとして採用する。 地方におい…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • エンルート、農薬などの液剤散布用ドローンの大型商品を販売

    エンルート、農薬などの液剤散布用ドローンの大型商品を販売

     株式会社エンルートは、2017年春の発売に向けて、農業を中心とした液剤散布用ドローン Zion(ザイオン) AC1500を完成させました。 AC1500は、以前より発売され好評を得ていた農薬散布専用モデル、AC9…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ヤンマー、有望市場のフィリピン開拓のため現地農機メーカーと合弁会社を設立

    ヤンマーと井関農機が協業。既存商品の相互OEM供給・農業ICT分野でも検討

     ヤンマー株式会社と井関農機株式会社は、日本国内の農業機械製品の開発・生産分野での協業を拡大することについて両社基本合意に達した。日本農業は、農家戸数が減少する中、担い手に向けての農地集積、主食米から他作物への転換等、大…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • NATUFIAのキッチンガーデン。デザイン家電としての植物工場プラントを開発

    NATUFIAのキッチンガーデン。デザイン家電としての植物工場プラントを開発

     エストニアに本社を置くNATUFIA Labは、今年の1月にラスベガスで行われたCES(Consumer Electronics Show;民間機器技術のイベント)で、デザイン性に優れた家電としての植物工場商品「キッチ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  2. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  3. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  4. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  5. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  6. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  7. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  8. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  9. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  10. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
  2. オーストラリア、農業分野の人材獲得競争が激化
     米国でも農作業員の人材不足を危惧し、さらなる自動化を進める生産者が増えているが、農業大国のオースト…
  3. NYのジョンFケネディ空港にて、新たな都市型農業PJがスタート
     学校(Farm to School)やレストラン、消費者(Farm to Table)といった地産…
  4. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
ページ上部へ戻る