天然鉱物を利用した水質浄化剤をエサに混ぜることに成功。中国市場における高級食材・ナマコ養殖に力を入れていく(三共セラミックス)

天然鉱物を用いた水や土壌浄化剤を扱う三共セラミックスは中国の魚介類養殖向け事業を強化する。山東省の企業と合弁会社を設立し、ナマコ稚魚向けに水質浄化剤を混ぜたエサを来年初めに発売し、エビの養殖実験やハタのふ化実験も進めていく、という。日本の技術を用いた養殖魚介類は中国人富裕層らの支持が得られると判断し、市場を開拓する。
 
 
提携先企業である威海吉田農業科技公司と今年8月に設立した合弁会社は「威海三共石源」。資本金200万元(約2450万円)で、三共セラミックスが49%出資した。ナマコは中国では中華料理に使う主要食材で、山東省威海市はナマコ養殖が特に盛んな地域。
 
 
三共セラミックスは中国のナマコ養殖場に腐植土とケイ酸塩鉱物を主成分とする水質浄化剤を販売してきたが、ナマコのエサに混ぜることに成功。ナマコのエサの主成分は昆布の粉などで、全体の0.4%分を混入した。浄化剤にはアミノ酸が含まれるため、ナマコの成育が促され、体内の毒素を吸着してフンとして排出するという。従来の水質浄化剤が出荷できる養殖ナマコの比率を15%から50%程度にまで高めたという。
また、弱電解質の腐植土は還元作用があり、ケイ酸塩鉱物と混ぜ合わせることで雑菌を除去できる。こうした実績も訴え、浄化剤を拡販する。
 
 
新開発した浄化剤を混ぜたエサは1キログラムあたり1万円程度で合弁企業が来年早々にも発売する計画だ。合弁企業は2012年7月期に2500万〜3000万円程度の売上高を目指す。ナマコのほかにエビやハタの養殖でも浄化剤の実験を中国で進める。エビについては養殖池の水質浄化剤として使うほか、エサに混ぜて使うことも検討している。
 
 
中国で高級魚として人気のあるハタは病気に弱く養殖するのが難しいとされる。11月から担当者を中国へ派遣して室内のいけすを使って稚魚を育てる実験を始めた。10〜15センチくらいまで育ったところで養殖業者に引き渡す計画を進めている。同社は中国事業のほかタイでエビ養殖の浄化剤を販売している。12年7月期の売上高は約9000万円の見通し。<参考:日経速報ニュースなど>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  2. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  3. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  4. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  5. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  6. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  7. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  8. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  9. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  10. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
  2. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
  3. LED植物工場、玉川大学サイテックファームが日産3200株の施設稼働
     西松建設グループと玉川大学は平成24年1月17日に産学連携協定を結び、フルLED光源を採用した完全…
  4. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
ページ上部へ戻る