天然鉱物を利用した水質浄化剤をエサに混ぜることに成功。中国市場における高級食材・ナマコ養殖に力を入れていく(三共セラミックス)

天然鉱物を用いた水や土壌浄化剤を扱う三共セラミックスは中国の魚介類養殖向け事業を強化する。山東省の企業と合弁会社を設立し、ナマコ稚魚向けに水質浄化剤を混ぜたエサを来年初めに発売し、エビの養殖実験やハタのふ化実験も進めていく、という。日本の技術を用いた養殖魚介類は中国人富裕層らの支持が得られると判断し、市場を開拓する。
 
 
提携先企業である威海吉田農業科技公司と今年8月に設立した合弁会社は「威海三共石源」。資本金200万元(約2450万円)で、三共セラミックスが49%出資した。ナマコは中国では中華料理に使う主要食材で、山東省威海市はナマコ養殖が特に盛んな地域。
 
 
三共セラミックスは中国のナマコ養殖場に腐植土とケイ酸塩鉱物を主成分とする水質浄化剤を販売してきたが、ナマコのエサに混ぜることに成功。ナマコのエサの主成分は昆布の粉などで、全体の0.4%分を混入した。浄化剤にはアミノ酸が含まれるため、ナマコの成育が促され、体内の毒素を吸着してフンとして排出するという。従来の水質浄化剤が出荷できる養殖ナマコの比率を15%から50%程度にまで高めたという。
また、弱電解質の腐植土は還元作用があり、ケイ酸塩鉱物と混ぜ合わせることで雑菌を除去できる。こうした実績も訴え、浄化剤を拡販する。
 
 
新開発した浄化剤を混ぜたエサは1キログラムあたり1万円程度で合弁企業が来年早々にも発売する計画だ。合弁企業は2012年7月期に2500万〜3000万円程度の売上高を目指す。ナマコのほかにエビやハタの養殖でも浄化剤の実験を中国で進める。エビについては養殖池の水質浄化剤として使うほか、エサに混ぜて使うことも検討している。
 
 
中国で高級魚として人気のあるハタは病気に弱く養殖するのが難しいとされる。11月から担当者を中国へ派遣して室内のいけすを使って稚魚を育てる実験を始めた。10〜15センチくらいまで育ったところで養殖業者に引き渡す計画を進めている。同社は中国事業のほかタイでエビ養殖の浄化剤を販売している。12年7月期の売上高は約9000万円の見通し。<参考:日経速報ニュースなど>