ヤクルト・ダノンが共同でインド科学財団を設立。2008年から開始したインド市場へのヤクルトレディによる宅配・店頭販売を加速させる計画

株式会社ヤクルト本社ダノンでは、両社が設立した「グローバルプロバイオティクス委員会」の活動の一環として、インドにおけるプロバイオティクス研究の進展と科学的知見の交流、プロバイオティクスの理念を幅広く普及させることを目的に、『インド科学財団』を設立した。
 
 
同委員会は、世界中においてプロバイオティクスの認知・理解を協同で促進することを目的として、2004年に設立されたもの。委員会は、両社から選任された合計6名(各社3名)の委員によって、年2回、それぞれ日本とフランスで開催されている、という。
 
 
そもそも、インドにおける「ヤクルト」の本格販売は、インドヤクルト・ダノン株式会社が、2008年にデリーで開始。現在、デリー周辺とムンバイでは、ヤクルトレディによる宅配とスーパー等の店頭で、バンガロールでは、店頭販売のみで事業展開を行っている

※ 販売実績は2010年度で約30,000本/日(前年比150%増)、2011年10月度で約60,000本/日
 

 
こうした活動の一環として、ヤクルト本社とダノンは、プロバイオティクスの普及を目的に、2007年から毎年スポンサーとしてインドでプロバイオティクスシンポジウムを開催しており、今後は新たに設立した『インド科学財団』が主催しシンポジウムを開催する。以下、財団の概要を記載しておく。

1.財団の概要
(1)財団名称
 Yakult India Microbiota and Probiotic Science Foundation(ヤクルト インド マイクロビオタ プロバイオティック 科学財団)

(2)設立年月日
 2011年11月9日

(3)設立メンバー
 N.K.ガングリー博士/JIPGMER(※1)所長、ICMR(※2)前長官
 G.B.ナイール博士/健康科学技術研究所所長、NICED(※3)前所長
 S.K.バタチャリア博士/ICMR前副長官、WHO(※4)上級コンサルタント
 B.S.ラマクリシュナ博士/クリスチャン医学大学校 教授
 A.K.スリバスターバ博士/国立酪農農業研究所 所長
 S.ゴパラン博士/PSRI(※5)病院、上級医師
 B.セシケレン博士/国立栄養研究所 所長
 P.アブラハム博士/ヒンジュジャヤ病院、上級医師
 N.ハジェラ博士/YDI(※6)サイエンスマネージャー

※1:JIPGMER(ジャワハルラール医学教育研究大学院研究所、
※2:ICMR(インド医学研究評議会)
※3:NICED(国立コレラおよび腸管感染症研究所)
※4:WHO(世界保健機関)
※5:PSRI(Pushpawati Singhania Research Institute)
※6:YDI(インドヤクルト・ダノン株式会社)

(4)主な活動目的
 〔1〕プロバイオティクスの普及と科学的知見の交流のためのシンポジウムの開催
 〔2〕シンポジウムのプログラム策定と実施のための理事会/運営審議会の開催
 〔3〕シンポジウムの記録集の出版と販売
 〔4〕シンポジウムのウェブキャストの実施

2.本年のシンポジウムの開催予定
(1)期間:2011年12月10日〜11日
(2)会場:リーラ・ケンピンスキーホテル、ムンバイ
(3)テーマ:プロバイオティクスの公衆衛生に与える影響
(4)参加者:インド国内の内科医、小児科医、微生物学者等約150名

3.活動資金
 ヤクルト本社とダノンが賛助会社として活動資金を折半して提供する。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  2. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  3. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  4. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  5. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  6. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  7. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  8. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  9. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  10. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
  2. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  3. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
  4. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
ページ上部へ戻る