ヤクルト・ダノンが共同でインド科学財団を設立。2008年から開始したインド市場へのヤクルトレディによる宅配・店頭販売を加速させる計画

株式会社ヤクルト本社ダノンでは、両社が設立した「グローバルプロバイオティクス委員会」の活動の一環として、インドにおけるプロバイオティクス研究の進展と科学的知見の交流、プロバイオティクスの理念を幅広く普及させることを目的に、『インド科学財団』を設立した。
 
 
同委員会は、世界中においてプロバイオティクスの認知・理解を協同で促進することを目的として、2004年に設立されたもの。委員会は、両社から選任された合計6名(各社3名)の委員によって、年2回、それぞれ日本とフランスで開催されている、という。
 
 
そもそも、インドにおける「ヤクルト」の本格販売は、インドヤクルト・ダノン株式会社が、2008年にデリーで開始。現在、デリー周辺とムンバイでは、ヤクルトレディによる宅配とスーパー等の店頭で、バンガロールでは、店頭販売のみで事業展開を行っている

※ 販売実績は2010年度で約30,000本/日(前年比150%増)、2011年10月度で約60,000本/日
 

 
こうした活動の一環として、ヤクルト本社とダノンは、プロバイオティクスの普及を目的に、2007年から毎年スポンサーとしてインドでプロバイオティクスシンポジウムを開催しており、今後は新たに設立した『インド科学財団』が主催しシンポジウムを開催する。以下、財団の概要を記載しておく。

1.財団の概要
(1)財団名称
 Yakult India Microbiota and Probiotic Science Foundation(ヤクルト インド マイクロビオタ プロバイオティック 科学財団)

(2)設立年月日
 2011年11月9日

(3)設立メンバー
 N.K.ガングリー博士/JIPGMER(※1)所長、ICMR(※2)前長官
 G.B.ナイール博士/健康科学技術研究所所長、NICED(※3)前所長
 S.K.バタチャリア博士/ICMR前副長官、WHO(※4)上級コンサルタント
 B.S.ラマクリシュナ博士/クリスチャン医学大学校 教授
 A.K.スリバスターバ博士/国立酪農農業研究所 所長
 S.ゴパラン博士/PSRI(※5)病院、上級医師
 B.セシケレン博士/国立栄養研究所 所長
 P.アブラハム博士/ヒンジュジャヤ病院、上級医師
 N.ハジェラ博士/YDI(※6)サイエンスマネージャー

※1:JIPGMER(ジャワハルラール医学教育研究大学院研究所、
※2:ICMR(インド医学研究評議会)
※3:NICED(国立コレラおよび腸管感染症研究所)
※4:WHO(世界保健機関)
※5:PSRI(Pushpawati Singhania Research Institute)
※6:YDI(インドヤクルト・ダノン株式会社)

(4)主な活動目的
 〔1〕プロバイオティクスの普及と科学的知見の交流のためのシンポジウムの開催
 〔2〕シンポジウムのプログラム策定と実施のための理事会/運営審議会の開催
 〔3〕シンポジウムの記録集の出版と販売
 〔4〕シンポジウムのウェブキャストの実施

2.本年のシンポジウムの開催予定
(1)期間:2011年12月10日〜11日
(2)会場:リーラ・ケンピンスキーホテル、ムンバイ
(3)テーマ:プロバイオティクスの公衆衛生に与える影響
(4)参加者:インド国内の内科医、小児科医、微生物学者等約150名

3.活動資金
 ヤクルト本社とダノンが賛助会社として活動資金を折半して提供する。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  2. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  3. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  4. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  5. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  6. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  7. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  8. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  9. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  10. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
  2. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
  3. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
    2008年7月12日に、植物工場ビジネスに関して(株)フェアリーエンジェル、代表取締役の江本謙次氏を…
  4. 植物工場向け環境制御システム開発のホーヘンドールンがメキシコにトレーニングセンター開設
     太陽光利用型植物工場・施設園芸の大手環境制御システム会社でオランダのHoogendoorn(ホーヘ…
ページ上部へ戻る