ヤクルト・ダノンが共同でインド科学財団を設立。2008年から開始したインド市場へのヤクルトレディによる宅配・店頭販売を加速させる計画

株式会社ヤクルト本社ダノンでは、両社が設立した「グローバルプロバイオティクス委員会」の活動の一環として、インドにおけるプロバイオティクス研究の進展と科学的知見の交流、プロバイオティクスの理念を幅広く普及させることを目的に、『インド科学財団』を設立した。
 
 
同委員会は、世界中においてプロバイオティクスの認知・理解を協同で促進することを目的として、2004年に設立されたもの。委員会は、両社から選任された合計6名(各社3名)の委員によって、年2回、それぞれ日本とフランスで開催されている、という。
 
 
そもそも、インドにおける「ヤクルト」の本格販売は、インドヤクルト・ダノン株式会社が、2008年にデリーで開始。現在、デリー周辺とムンバイでは、ヤクルトレディによる宅配とスーパー等の店頭で、バンガロールでは、店頭販売のみで事業展開を行っている

※ 販売実績は2010年度で約30,000本/日(前年比150%増)、2011年10月度で約60,000本/日
 

 
こうした活動の一環として、ヤクルト本社とダノンは、プロバイオティクスの普及を目的に、2007年から毎年スポンサーとしてインドでプロバイオティクスシンポジウムを開催しており、今後は新たに設立した『インド科学財団』が主催しシンポジウムを開催する。以下、財団の概要を記載しておく。

1.財団の概要
(1)財団名称
 Yakult India Microbiota and Probiotic Science Foundation(ヤクルト インド マイクロビオタ プロバイオティック 科学財団)

(2)設立年月日
 2011年11月9日

(3)設立メンバー
 N.K.ガングリー博士/JIPGMER(※1)所長、ICMR(※2)前長官
 G.B.ナイール博士/健康科学技術研究所所長、NICED(※3)前所長
 S.K.バタチャリア博士/ICMR前副長官、WHO(※4)上級コンサルタント
 B.S.ラマクリシュナ博士/クリスチャン医学大学校 教授
 A.K.スリバスターバ博士/国立酪農農業研究所 所長
 S.ゴパラン博士/PSRI(※5)病院、上級医師
 B.セシケレン博士/国立栄養研究所 所長
 P.アブラハム博士/ヒンジュジャヤ病院、上級医師
 N.ハジェラ博士/YDI(※6)サイエンスマネージャー

※1:JIPGMER(ジャワハルラール医学教育研究大学院研究所、
※2:ICMR(インド医学研究評議会)
※3:NICED(国立コレラおよび腸管感染症研究所)
※4:WHO(世界保健機関)
※5:PSRI(Pushpawati Singhania Research Institute)
※6:YDI(インドヤクルト・ダノン株式会社)

(4)主な活動目的
 〔1〕プロバイオティクスの普及と科学的知見の交流のためのシンポジウムの開催
 〔2〕シンポジウムのプログラム策定と実施のための理事会/運営審議会の開催
 〔3〕シンポジウムの記録集の出版と販売
 〔4〕シンポジウムのウェブキャストの実施

2.本年のシンポジウムの開催予定
(1)期間:2011年12月10日〜11日
(2)会場:リーラ・ケンピンスキーホテル、ムンバイ
(3)テーマ:プロバイオティクスの公衆衛生に与える影響
(4)参加者:インド国内の内科医、小児科医、微生物学者等約150名

3.活動資金
 ヤクルト本社とダノンが賛助会社として活動資金を折半して提供する。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  2. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  3. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  4. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  5. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  6. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  7. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  8. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  9. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  10. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  2. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
  3. 多段式システムでカニを栽培、革新的な生産技術によりシンガポールの食料問題の解決へ
     食料の国内自給率向上を目指すシンガポールでは限られた国土面積であることから、政府が生産品目の選択と…
  4. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     山口大学、株式会社MOT総合研究所と三菱化学株式会社は、植物工場全般に係る共同研究開発等に関して包…
ページ上部へ戻る