完全制御型・特殊技術にて遺伝子組換え作物の研究施設向けシステムの開発。一般的な多段式ユニットも含め、さらなる事業展開をはかる(朝日工業社)

朝日工業社は、遺伝子組み換え植物を対象とした完全制御型植物栽培システムや、葉菜類を対象とした多段式野菜栽培システムといった要素技術の展開を開始、アグリビジネスに力を入れる予定である。「今後も技術研究所でシステムの最適化、エネルギーコストの低減、栽培ノウハウを重ねるとともに、国や大学などの研究機関と連携する」という。
 
 
完全制御型遺伝子組み換え工場は、単に遺伝子を組み換えて生産性や品質を高めるのではなく、遺伝子を組み換えることで、本来植物にない物質を取り出す。例えば、従来は微生物などに頼っていたインフルエンザワクチンの精製につなげる研究も行われている。同社では、2006年から今春まで、経済産業省の委託研究事業に参画、開発を進めてきた遺伝子を組み換えたイネを使った医薬品原材料用有用物質生産技術も今後、展開可能である。
 
 
同社は、有用物質を安定・効率的に大量生産できる栽培方法をもとに、インフルエンザウイルスの経口ワクチンの生産など、遺伝子組み換え植物の産業利用対応施設や、原薬GMP(医薬品などの製造管理・品質管理規則)対応施設、育苗から栽培、収穫、製剤化まで一貫生産ができる点が強みである。組み換え遺伝子の拡散を防ぐため、イネの開花時に浮遊花粉を捕集するフィルターや、室圧管理、栽培残さの処理など、クリーンルームや病院向けの技術を応用しているほか、照明室は外気冷房空調を取り入れるなど、省エネ、環境負荷の低減につなげる。
 

 
イネの場合、苗を定植してから収穫まで、一般の水田は約120日だが、植物工場の場合約90日と短く、単位面積当たりの収穫も65%増え、1年に3−4作可能になるなど、高付加価値植物質の生産・蓄積量も高まる。また、ワクチンなどはイネ由来であるため、穀物と同じ常温で保存できるという。今まで、研究用として全国に6件程の納入実績があり、今後は遺伝子組み換え向け以外にも、一般的な多段式のユニットも販売展開していく予定である。<参考:建設通信新聞・記事より>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  2. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  3. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  4. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  5. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  6. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  7. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  8. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  9. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  10. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. アサガオから花の寿命を調節する遺伝子を発見、切り花の長期保存技術への応用も
     鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループは7月1日、アサ…
  2. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
  3. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  4. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
ページ上部へ戻る