パソナグループが農業関連事業強化で子会社「パソナ農援隊」設立/人材育成や派遣・紹介サービス、販路開拓サポートなど総合的支援へ

パソナグループは11月末の取締役会において、農業関連事業を強化するため、「パソナ農援隊」を当社100%子会社として設立することを決議した。グループ全体として、農業分野での雇用創出を目指し、平成15年から新規就農者や農業経営者の育成に取り組み、農場「パソナチャレンジファーム」を持ち、新規就農者の独立を支援してきた。(関連記事:淡路島にて廃校活用した事例)/以下、同社のプレスリリースを掲載しておく。

パソナグループ、農業関連事業強化で子会社「パソナ農援隊」設立

1.子会社設立の目的
当社グループは農業分野での雇用創出を目指し、平成15年から新規就農者や農業経営者の育成に取り組んでまいりました。農場「パソナチャレンジファーム」を持ち、新規就農者の独立を支援しているほか、「Agri−MBA農業ビジネススクール」「農林漁業ビジネス経営塾」の開講、さらに全国の自治体から就農支援や農業経営人材育成に関する事業を受託するなど、これまで延べ約1,500名以上の農業人材を育成してまいりました。

現在、農業従事者の高齢化、後継者不足といった従来からの問題に加えて、農産物の付加価値向上や国際競争力強化が喫緊の課題として浮上する中、より多くの農業人材を育成し、それらの人材を継続的にサポートする体制を強化するために「パソナ農援隊」を設立することと致しました。
 
「パソナ農援隊」は、農業経営人材育成や農業経営コンサルティングに加えて、農業人材の派遣・紹介などの人材サービスを提供するほか、加工品の企画開発や販路開拓のサポート事業などの幅広い農業関連事業を通じ、第1次産業とこれに関する第2次、第3次産業を融合させた第6次産業化を推進し、農業振興と地域活性化に貢献してまいります。
 

2.子会社の概要
(1)商号:株式会社パソナ農援隊(英文表記 Pasona Agri−Partners Inc.)
(2)所在地
東京都千代田区大手町2丁目6番4号
(3)代表者名:代表取締役社長 田中 康輔
(4)主な事業内容
農産物の生産・加工・販売事業、農業関連研修事業
農業人材の派遣・紹介事業、農業関連コンサルティング、各種サポート事業
施設管理事業(アーバンファーム運営等)など
(5)資本金:100百万円
(6)設立年月日:平成23年12月1日(予定)
(7)大株主及び持株比率:パソナグループ100%
(8)決算期:3月31日
 

3.今後の見通し
当該子会社設立が連結業績に与える影響は軽微であります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  2. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  3. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  4. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  5. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  6. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  7. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  8. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  9. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  10. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     山口大学、株式会社MOT総合研究所と三菱化学株式会社は、植物工場全般に係る共同研究開発等に関して包…
  2. パナソニックエコ、施設園芸・低コスト型植物工場をターゲットに局所環境制御技術を導入
     パナソニックエコソリューションズ社は、農産物の生産効率向上と生産者負担の軽減を図る「アグリ・エンジ…
  3. スペインでも店舗併設型植物工場タイプのレストランがオープン
     スペインのバレンシアにてオープンしたレストラン「vuelve carolina」では、料理の素晴ら…
  4. エチオピアの家族経営農家を支援。サステナブル農法「水滴収集グリーンハウス」を提案
     エチオピアの家族経営・小規模農家を支援する組織「ルーツ・アップ」では、小規模でも独立・採算性を確保…
ページ上部へ戻る