パソナグループが農業関連事業強化で子会社「パソナ農援隊」設立/人材育成や派遣・紹介サービス、販路開拓サポートなど総合的支援へ

パソナグループは11月末の取締役会において、農業関連事業を強化するため、「パソナ農援隊」を当社100%子会社として設立することを決議した。グループ全体として、農業分野での雇用創出を目指し、平成15年から新規就農者や農業経営者の育成に取り組み、農場「パソナチャレンジファーム」を持ち、新規就農者の独立を支援してきた。(関連記事:淡路島にて廃校活用した事例)/以下、同社のプレスリリースを掲載しておく。

パソナグループ、農業関連事業強化で子会社「パソナ農援隊」設立

1.子会社設立の目的
当社グループは農業分野での雇用創出を目指し、平成15年から新規就農者や農業経営者の育成に取り組んでまいりました。農場「パソナチャレンジファーム」を持ち、新規就農者の独立を支援しているほか、「Agri−MBA農業ビジネススクール」「農林漁業ビジネス経営塾」の開講、さらに全国の自治体から就農支援や農業経営人材育成に関する事業を受託するなど、これまで延べ約1,500名以上の農業人材を育成してまいりました。

現在、農業従事者の高齢化、後継者不足といった従来からの問題に加えて、農産物の付加価値向上や国際競争力強化が喫緊の課題として浮上する中、より多くの農業人材を育成し、それらの人材を継続的にサポートする体制を強化するために「パソナ農援隊」を設立することと致しました。
 
「パソナ農援隊」は、農業経営人材育成や農業経営コンサルティングに加えて、農業人材の派遣・紹介などの人材サービスを提供するほか、加工品の企画開発や販路開拓のサポート事業などの幅広い農業関連事業を通じ、第1次産業とこれに関する第2次、第3次産業を融合させた第6次産業化を推進し、農業振興と地域活性化に貢献してまいります。
 

2.子会社の概要
(1)商号:株式会社パソナ農援隊(英文表記 Pasona Agri−Partners Inc.)
(2)所在地
東京都千代田区大手町2丁目6番4号
(3)代表者名:代表取締役社長 田中 康輔
(4)主な事業内容
農産物の生産・加工・販売事業、農業関連研修事業
農業人材の派遣・紹介事業、農業関連コンサルティング、各種サポート事業
施設管理事業(アーバンファーム運営等)など
(5)資本金:100百万円
(6)設立年月日:平成23年12月1日(予定)
(7)大株主及び持株比率:パソナグループ100%
(8)決算期:3月31日
 

3.今後の見通し
当該子会社設立が連結業績に与える影響は軽微であります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  2. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  3. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  4. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  5. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  6. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  7. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  8. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  9. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  10. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. KOMPEITO、オフィス向けプレミアム野菜サービスを提供開始
     農業の活性化を目指す、株式会社KOMPEITOは、働く人や企業の健康を促す、オフィス向けプレミアム…
  2. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
  3. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  4. 米国にて普及が進む教育向けの植物工場キット。都会の学校にて総合的な教育プログラムを提供
     米国オハイオ州のグランドビュー・ハイツ市の公立学区では教育向けの小型植物工場9台を導入した。導入し…
ページ上部へ戻る